« 映画『夜は短し歩けよ乙女』 | Main | 20世紀の蛍光灯 »

Monday, April 24, 2017

映画『3月のライオン 後編』

【4月23日特記】 映画『3月のライオン 後編』を観てきた。

今回結論を先に書いてしまうと、とても良いのだ。良い読後感が持続するので「良かった」ではなく「良い」と現在形で書いてしまうくらい良いのだ。

単なる趣味とは言え、映画評みたいなものを書いていると、どうしても分析しながら観るような癖がついてしまっているのだが、この映画は分析を許さない。それくらいの没入感があるのである。

それは脚本が良いということ、役者と演出が素晴らしいということに尽きるのではないかな。分析しながら見させてくれないのであまり細部の記憶は残っていないのだが、カメラワークももすごく美しい。

零(神木隆之介)が川本の家を訪ねる時に必ず赤い欄干の橋を渡るのだが、ああいうのが様式美と言うか、なんかひとつのアイコンになっていて、あそこを渡ってるのを見ると条件反射的に心が暖かくなってしまう。

で、今回見ていて思ったこと: 将棋って勝敗が尽きるまでやるゲームじゃないんですよね。一方が「負けた」と思って、それを宣言した所でゲームは終わる。

本当はまだ負けていないのかもしれない。そのまま最善手を続ければ逆転する目が残されているのかもしれない。──現に前編にも後編にもそのことに触れたシーンがあるのだが、それがなんか、決して教訓めいたり教科書臭くなったりせずに人生を語っているのである。

そう言えば、前編ではあれだけ印象の強かった、いろんな棋士たちの「負けました」という台詞が、この後編ではひとつもなかったのではないかな?(1箇所ぐらいはありましたっけ?)

この後編ではそういう諦めない姿が、醜い悪あがきかもしれないけれど、そこを通るしか生きる道がないということが、なんかものすごく素直に胸に染みてきた。

後藤(伊藤英明)の妻の死や香子(有村架純)との破局の話、ひなた(清原果耶)の学校でのいじめの話、突然舞い戻ってきたあかり(倉科カナ)とひなたの父親(伊勢谷友介)の話などエピソードは盛りだくさん。今回は前編にもまして家族について語りかけてくる。

役者は今回も全部良い。特に伊勢谷友介のあの嫌らしいオヤジは怪演と言って良い。

で、観ていて先がどうなるのか知りたくて知りたくてついつい前のめりになる。こういう話って、フツーは零が将棋に勝って終わりなのだが、どう見てもそんな風に進んでいないのである。だから気になって気になって仕方がない。

将棋以外のことでこんなに悩んでしまって、果たして零は勝てるのだろうか、と心底心配してしまう。

原作が良いのか脚本が良いのか(恐らくその両方だろうが)、本当によく書けた話である。終わり方も良かった。こういうトータルなクオリティ・コントロールができるのが本当の名監督なのだろうな、などと思ってしまった。

|

« 映画『夜は短し歩けよ乙女』 | Main | 20世紀の蛍光灯 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『3月のライオン 後編』:

« 映画『夜は短し歩けよ乙女』 | Main | 20世紀の蛍光灯 »