« 3/4サイト更新情報 | Main | 先生の教え »

Sunday, March 05, 2017

映画『ハルチカ』

【3月5日特記】 映画『ハルチカ』を観てきた。今年2本目の市井昌秀監督作品。原作は「人気青春ノベル」だそうな。タイトルのハルチカは主人公の名前ーー春太と千夏。

高校に入ったら吹奏楽をやろうと思っていた千夏(橋本環奈)。勇んで入部申し込みに行ったら、吹奏楽部は既に廃部が決まっていた。

そこから千夏は、ヘタレだけれどホルンが吹ける幼馴染の春太(佐藤勝利)を巻き込んで、吹奏楽部継続の条件である最小限9人の部員集めにかかる。

ありがちな話である。クラスには超高校級の演奏者もいる。力になってくれる先生は指揮者のコンテストで2位になったことがある。

ますますありがちな設定だ。底が浅く、先が見えてしまう。

9人のエピソードを描くにはそれなりの時間がかかるが、ドラマは9人集めて終わりではなく、吹奏楽のコンクールまでたどり着かなければならないので、時間をかけている余裕がない。

だから、必然的に描写が薄くなる。展開がたどたどしく見える。この辺が一番残念なところだ。

だが、その後から市井監督は巻き返してくる。

無事に吹奏楽部が続けられるようになった後、次第に部員が集まってくる様をミュージカルみたいなワン・カットで撮ったり、部員同士がバラバラになって揉めるシーンを、ロングの撮り切りで大勢の出演者に長い芝居をさせたり...。

俄然映画的な面白さが出てくる。

春太が髪の毛をくるくる触りながら、いろんなことに気づいて行く展開も面白い。最初は千夏に(文字通り)暴力的に従わされていた少年が、次第に千夏を支える側に回る。

後半のメインは、練習しても練習してもソロの速いパッセージが弾けない千夏を巡る話。

演技なのかそのままなのか判らないが、フルートを下手に吹くのがほんとに見事。最初のシーンでは三連符かと思ったら、十六分音符だった。もたつく感じがよく出ている証拠だ(笑)

で、弾けない一人のためにみんながこんなに頑張って、こんだけ引っ張るか?という展開なのだが、音楽の力は絶大だ。楽曲の良さもあって、無理やりに盛り上げてくる。

走っている途中でポニーテールを解いたりするシーンが、意味は解らないがリアリティを感じる。泣いてる千夏の顔をアップでずっと映していたり、頑張ってる感じが如実に出ている。

何よりも映画の表現が説明的になっていないところが良い。観客は状況から結果を知る。だからくどい説明はいらない。それが映像である。

リアリズムに照らすとちょっと無理のある話だと思ったが、結局は引き込まれて後味良く終わった。

それほど素晴らしい出来の作品ではないと思ったが、市井昌秀演出の片鱗は見えた。また観てみたい。

|

« 3/4サイト更新情報 | Main | 先生の教え »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『ハルチカ』:

« 3/4サイト更新情報 | Main | 先生の教え »