« 少し早めのカード | Main | Play Log File on my Walkman #116 »

Friday, December 16, 2016

意味のある残額

【12月16日特記】 電車の自動改札を通る時に ICカードの残額が表示されるが、前が詰まっていると前の人の残額が見えることがある。

先日、残額が 3円の人を見た。今日は今日で、僕の前に通った人は 8円だった。短い期間にそんな人を2人も見つけて、ちょっとびっくりした。僕にはあり得ないことだ。

僕にとって 3円や 8円は意味のない金額だ。3円持っていても 8円持っていても1駅も乗ることはできないのだから。僕は意味のない金額のまま放ってはおけない。だから、残額が3円や 8円のままになっていることはない。

いや、それ以前に僕の ICカードはオートチャージにしてあって、残金が2000円を下回ったら即座に自動で追加チャージされる。

そういう僕からすると、なんでこの人のカードには 3円だけ入っているのか理解できない。なんか笑けてくる。

そもそもカードにチャージする気なんかなくて、一銭も入っていないのであればそれはそれで納得するのだが、3円だけ入っているのを見ると、とても不思議なのである。

もちろん初めから 3円チャージしたのではないだろう(できないし)。使っているうちに 3円まで減ったのだろう。でも、僕なら決して 3円まで減ることはない。

例えば 143円になった時、次に通勤定期の範囲を超えて乗る区間が 150円だと乗れないのである。次に乗る区間が 143円以内であるという保証はどこにもないので、僕は間違いなく不安になり、仮にオートチャージでなくても自分で金額を追加すると思う。

で、結局のところ、何故その人の残額は 3円にまで減ってしまったのか、と言うか、その時のその人の心理はどんな感じなのか、全く見当もつかない。足りなかったらその時に足せば良い、というような発想は僕にはないし、どうしたらそういう発想に至るのかが理解できない。

でも、結局のところ、理解できないからこそ、世の中にはいろんな人がいる、と言うか、自分とは違う人が存在するのであるということを認識する。そういう認識は生きていく上で不可欠なものだと思う。

3円にも 8円にも意味があるのである。

|

« 少し早めのカード | Main | Play Log File on my Walkman #116 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/64634593

Listed below are links to weblogs that reference 意味のある残額:

« 少し早めのカード | Main | Play Log File on my Walkman #116 »