« 映画『ローグ・ワン』 | Main | 箱根 »

Tuesday, December 27, 2016

2016年度日本インターネット映画大賞(日本映画部門)投票

【12月27日特記】 今年はお誘いが来ていないが、例年通り日本インターネット映画大賞(日本映画部門)に投票してみることにした。今回が 11回目の投票。

今年はレギュレーションが少し変わったようだ。一番大きな変化は選べる作品数が最大 10 から 5 に減ったこと、持ち点合計が 30点から 15点に減ったことだ。

そして、主演と助演に分かれていた男優/女優賞が最優秀男優/女優賞に一本化された。これは少し残念だったので、【私(ユーザー名)が選ぶ○×賞】で勝手に復活させてもらった。

さて、以下がルールと僕の投票である:

[作品賞投票ルール(抄)]

  • 選出作品は3作品以上5作品まで
  • 選出作品は2015年1月~2016年12月公開作品
  • 1回の鑑賞料金(通常、3D作品、4DX作品、字幕、オムニバス等)で1作品
  • 持ち点合計は15点
  • 順位で決める場合は1位5点、2位4点、3位3点、4位2点、5位1点を基礎点
    作品数で選ぶ場合は3作品各5点、4作品各3.75点、5作品各3点
    自由に点数を付ける場合は1点単位(小数点は無効)とし1作品最大点数は10点まで可能
  • 各部門賞に投票できるのは個人のみ
  • ニューフェイスブレイク賞は男優か女優個人のみ
  • 音楽賞は作品名で投票
  • 私(ユーザー名)が選ぶ○×賞は日本映画外国映画は問いません
  • 日本映画作品賞に3作品以上もしくは日本映画部門賞に2部門以上の投票を有効票
  • 以上のルール満たさない場合は賞の一部を無効

-----------------------------------------------------------------

【作品賞】(3本以上5本まで)自由採点(点数記入)を採用

『シン・ゴジラ』   7点
『君の名は。』   3点
『ピンクとグレー』   2点
『リップヴァンウィンクルの花嫁』   2点
『湯を沸かすほどの熱い愛』   1点

コメント: 『君の名は。』は21世紀を代表する邦画かもしれない。でも、2016年を代表する映画は『シン・ゴジラ』以外あり得ない。

【監督賞】
行定勲(『ピンクとグレー』)

【最優秀男優賞】
三浦友和(『葛城事件』)

【最優秀女優賞】
宮﨑あおい(『怒り』)

【ニューフェイスブレイク賞】
岸井ゆきの(『ピンクとグレー』)

【音楽賞】
『君の名は。』

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ助演男優賞】
菅田将暉(『ピンクとグレー』)

【私が選ぶ助演女優賞】
夏帆(『ピンクとグレー』)

-----------------------------------------------------------------

※ 『シン・ゴジラ』をそれほど称揚しておきながら、部門賞には選んでいないところがミソかもしれない。

-----------------------------------------------------------------
この内容(以上の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------

|

« 映画『ローグ・ワン』 | Main | 箱根 »

Comments

今年も投票頂きましてありがとうございます。
本来でしたらもう少し早くオファーしたかったのですが今年はスタッフの不参加などにより深刻な人員不足で作業負担が倍以上となりオファーが遅れております。
オファーできなかった事お詫び申し上げます。

Posted by: 日本インターネット映画大賞運営委員会 | Wednesday, December 28, 2016 00:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2016年度日本インターネット映画大賞(日本映画部門)投票:

» 「2016年度日本インターネット映画大賞・日本映画部門」投票 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
日本インターネット映画大賞の日本映画部門に投票2015年はココ、2012年はココ、2011年はココ、2010年はココ、2009年はココ、2008年はココ、2007年はココ、2006年はココ今年からTwitterでの投票 ... [Read More]

Tracked on Monday, January 16, 2017 00:33

« 映画『ローグ・ワン』 | Main | 箱根 »