« KB3194496 | Main | それってどうよ? »

Sunday, October 02, 2016

映画『SCOOP!』

【10月2日特記】 映画『SCOOP!』を観てきた。世間的には福山雅治主演の映画という捉え方なのだろうけれど、僕は大根仁監督の作品という観点から観に行った。

ただ、観客は福山ファンばかりかと思ったら、どう見てもそれだけではない。老若男女、かなり顧客層は広い感じだ。

パンフレットを読むとみんなでその福山を褒めちぎっている感があるのだが、もちろん福山は福山で素晴らしい存在感ととても良い味を出しているのだが、僕はこれは二階堂ふみの映画だと思った。

二階堂ふみ主演と言ってさしつかえない、彼女の圧倒的な見せ場があって、そこで圧倒的な演技力と魅力を披露していたと思う。

ま、どちらを主演と見るかはともかく、映画は完全にその2人の物語である。

都城静(みやこのじょう・しずか/福山)は、元は雑誌社の正社員で報道系の花形カメラマンだったが、今では芸能人のゴシップ写真専門の、フリーランスの中年パパラッチである。

そう、確かに冒頭から福山が汚らしい中年風の髭面で現れる。しかも、張り込み用の車の後部座席で風俗嬢とやっているシーン。これは却々強烈なオープニングである(笑)

で、風俗嬢に料金を渡したところでターゲットが車で移動したので、静もUターンして彼を追いかける。そこでカメラがグーンと引いて(こんなに引けるのはドローンだろう)、東京の夜景が一気に眼前に広がる。

これを踏まえたシーンが最後にもう一度出て来る。そういう構成が物語っているように、非常にメリハリの効いた、起承転結の鮮やかな映画だった。

話をストーリーに戻そう。その彼のもとに新人記者の行川野火(なめかわ・のび/二階堂)が預けられる。静とは旧知の副編集長・横川定子(吉田羊)が新人を育てるために頼み込んできたのである。

出会った現場で野火はいきなり静の仕事をぶち壊しにする。そうでなくても静は野火が気に入らない。定子に「ああいうタイプは絶対に処女だ」と毒づく。

野火に対しても、静は理不尽な命令とセクハラ発言のオンパレードである。深夜まで帰れないし静には腹が立つしというフラストレーションの中で、それでも野火は彼女なりに一生懸命なんでもかんでも言われたとおりにやってみる。

カメラはそんな2人のビビッドな会話を、1ショットずつカメラをこまめに切り替え切り替え映し出して行く。

そして、それ以外にも個性的な人物が出て来る。定子と対立するもうひとりの副編集長・馬場(滝藤賢一)とシャブ漬けの情報屋・チャラ源(リリー・フランキー)である。この2人が後半のストーリーでかなり重要な役割を果たしてくる。

『モテキ』や『バクマン。』同様、今回も大根仁監督が脚本も手がけているのだが、喋りにリアリティがあるだけではなく、話の作り方も非常に巧みである。

例えば、静が最初に腹立ちまぎれに言った野火は処女だという話が、後半の展開にちゃんと繋がっているのである。回想シーンを使わずに、静がかつてどんなカメラマンだったのか、定子や馬場とどういう関係だったのかを、登場人物の台詞を通してしっかり伝えてくる。

そして、いよいよこれで大団円かと思われた後、とんでもない事件が起き、とんでもない結末となり、そこにまた過去のシーンからの伏線が活きてきて、非常に印象の深いラストになっている。

終盤の事件での警察の対応については、いくらなんでもそれはおかしくないか?と思わないでもないのだが、そんなことはお構いなしにグイグイ展開で押してくる。

映像で言うと、東京の街の風景、特に小綺麗な丸の内や銀座ではなく、街中に張り巡らされた電線越しのカットが非常に多く、これが如何にもこの猥雑な映画にふさわしい画になっている。

さて、これは一見タフに見える中年後期に入った男の苦悩を描いた映画だとも言えるのだが、同じ中年後期の僕が観て、そのことよりも新人女性記者の成長のほうが印象に残るのは何故だろう?

それは、ある種悲惨な状況を描いていながら、この映画に込められたどこまでも前向きなスタンスがしっかりと観客の胸に伝わったということではないだろうか。

決して「感動の巨編」ではなく、あくまで娯楽作品ではある。でも、とても良い映画だったと思う。

|

« KB3194496 | Main | それってどうよ? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『SCOOP!』:

« KB3194496 | Main | それってどうよ? »