« 映画『森山中教習所』 | Main | ウクレレ再開 »

Sunday, July 31, 2016

映画『シン・ゴジラ』

【7月31日特記】 映画『シン・ゴジラ』を観てきた。古くからのゴジラ・フリークと庵野秀明総監督のファンが大挙して来るのだろうと思っていたのだが、映画館に行ってみたら子どもたちも多い。

考えてみれば、そりゃそうだ。これは怪獣映画なのだから。

現に僕も小学生の時に友だちと連れ立って観に行ったものだ。親に連れられるのではなく、自分たち同士で行ったのは、『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』や『ゴジラの息子』などだった。

そういう意味で僕らはゴジラ世代と言えるのだが、一方で庵野監督の『エヴァンゲリオン』のほうは、もう大人になっていたこともあって、全く知らずに過ごしてきた。そのタイトルもあくまで後追いで知ったのである。

だから、「あの庵野秀明がゴジラを撮る」というようなワクワク感はなかった。ただ、予告編を見るととても面白そうだったので観ることにしたまでのことだ。

でも、実際に見てみて、庵野秀明の指向性と表現力を思い知らされた気がする。

ネタバレは避けたいので詳しく書けないが、ゴジラの初登場シーンの意外さ! 今までのどのゴジラにもこういう発想はなかったはずだ。

そして、そのゴジラに込められ、ゴジラを借りて表現された強烈なメッセージ。

冒頭から延々と描かれるのは、行政の無策と官僚制の冗長である。日本と米国の関係を中心に、戦後の民主主義のあり方を総括しているとも言える。

その背後にあるのが、核廃棄物であり、核兵器である。そう、初代のゴジラからしてビキニ環礁の核実験にヒントを得て作られた、ある種政治的な作品だった。このゴジラはちゃんとそのコンセプトを引き継いでいる。

この映画はゴジラに向かって指揮官が「撃て?」と号令して一斉射撃するシーンよりも、一斉射撃できるところまでこぎつけるための段取りのほうを丹念に描いている。現実世界では怪獣が出現して国民が多数死んでも、すぐに攻撃できないのである。

それぞれの閣僚の勝手な思い、法制度の壁、米国をはじめとする先進国の干渉──綿密なリサーチに基づいた描写は、攻撃するところよりも、無事に命令が出るまでのところのほうがスリリングだったりする。

だから、この映画は僕らの世代のほうが面白く見られたと思う。小学生のみんなはなんだか分からないところも多かったのではないだろうか。

ただ、それが分からなければ面白くないかといえば、決してそうではない。

ゴジラの設定と、それに伴う撃退法のユニークさとリアルさ。ゴジラの造形、街が破壊される様子、攻撃シーン──ストーリーは本当によく練られており、そこにド迫力のカメラアングルと特撮が加わって見事な作品になった。

歴代ゴジラの2割も観ていない僕がこんなことを言うのはおかしいが、このゴジラはシリーズの白眉ではないかと思う。

それぞれの登場人物も色鮮やかに描き分けられている。

矢口内閣官房副長官(長谷川博己)と赤坂内閣総理大臣補佐官(竹野内豊)の性格対照の妙。大河内首相(大杉漣)と、そのあと押し付けられる形で総理になった里見(平泉成)の2人の、如何にも政治家にありがちな無能っぽさ。

はみ出し者ばかりが集められた「巨大不明生物特設災害対策本部」のメンバーのそれぞれの際立ち方。防衛大臣を女性にして余貴美子に演じさせたのも良かった。女性特有のしたたかさが表れていた。

それに加えて、米国大統領特使カヨコ・アン・パターソンを演じた石原さとみも出色だった。「いくらなんでもその若さで?」という役柄なのだが、如何にもその若さで異例の昇進をして周りから妬まれている感じがよく出ていた。

樋口真嗣がひとりで監督を務めたのであれば、恐らくもっとドカンドカンという感じのエンタメ一色のゴジラになっただろう。

その上に脚本・総監督の庵野秀明がいたために、このゴジラは単なるオールスターキャスト/大スペクタクルに留まらない、とても思想性を感じさせる映画になった。

感じたことがものすごくたくさんある。

ところで、見終わってからパンフで読んだのだが、ゴジラが出現して最初に招集された、ろくに役に立たない3人の学者を演じていたのが犬童一心、原一男、緒方明(いずれも映画監督)だったと知って大受けしてしまった(笑)

|

« 映画『森山中教習所』 | Main | ウクレレ再開 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『シン・ゴジラ』:

« 映画『森山中教習所』 | Main | ウクレレ再開 »