« 映画『モヒカン故郷に帰る』 | Main | お願いしますよ、SONYさん »

Sunday, April 10, 2016

iPhone を売る

【4月10日特記】 iPhone を売った。僕が最初に持ったのは iPhone3GS。それから 4S → 5S → 6Sと、ほぼ2年おきに買い換えてきたが、実は古くなった iPhone を処分したことがない。

そういうわけで我が家には、妻が 最初に買った iPhone4S(現在は僕と同じ 6S)を含めて、昔の機材が4台も残っていた。データだけは大部分消してあるが、アプリはかなり残ったままだ。

音楽端末として使ってみようか、とか、ひょっとして壊れた時の代替機になるか、とも考えたのだが、実のところ全く使わず、その間一度も電源を入れることはなかった。

ならば持っていても仕方がない。どこかに下取りしてもらうか、と思ったのだが、いい加減な業者に売ると何かと悪用されそうな気がする(単なる先入観かもしれないが)。

そんな時に Apple が下取りキャンペーンをやっているというので、応募してみることにした。買い取り作業そのものは別の業者がやるのだが、Apple の息がかかっているとなんとなく安心感がある。

現金ではなく Apple のギフトカードでの買い取りだが、iTunes ででも使えば良いではないか、ということで、早速ウェブサイトから申し込んだ。

最初は機器の登録。IMEI という機器の識別番号を入れるのだが、これは当然機器の電源を入れなければ見られない。

電源を入れて「設定」から IMEI を確認し、Web の申込画面に打ち込むと iPhone5S とか iPhone6 などの型番表示とともに筐体の色を選択するラジオボタンが現れる。

まず、3GS の IMEI を打ち込んでみてがっくり。これは買取対象外。まあ、そうだろうと思った。さすがに古すぎるもんね。

で、次の機器に移ろうとしたら、ここで最初のトラブル。4S の電源が入らない。いや、厳密に言うと、電源スイッチを押しても画面に何も映らないのではなく、iTunes という文字と、その文字に向けての矢印が表示される。

この意味が分かるまでだいぶかかった、と言うか、Web で検索して初めて意味がわかった。母艦の PC で iTunes を立ち上げて、そこに機器を接続しろということのようだ。

検索して読んだところでは、こういう現象は割とよく起こっているらしい。で、iTunes に繋いで何をするかと言えばリセット(初期化)である。

現在使っている iPhone の電源が入らなかったのであれば、初期化してから復元するという面倒くさい手順になるのだが、僕の場合はこれからデータを消して売りに出すだけなので、復元は必要ない。

ただ、ちゃんとした値段で売れるためには、ともかく電源が入ってホーム画面を表示するところまではたどり着いてもらわないと困る。オッケー、幸いにしてこの手順で電源は入った。色は「スペースグレー」を選択して次の手順へ。

結果、表示された見積もり額は 3,500円。まあ、こんなもんか。続いて妻の 4S も同じく 3,500円。最後に 5S にはさすがに 14,600円という高値がついた。合計で 21,600円。上々ではないか。

見積額が確定したので、念のため再度初期化してから電源を落とし、本体の横の穴から金具を差し込んで SIM を抜き取る。

で、次は佐川急便から機器を送るためのキットが送られてくるのを待つ。本人確認が必要だというので、平日は無理で土曜日に届けてもらった。これがなんと同じキットが3箱送られてくる。そのたびに配達員はいろいろ端末に打ち込む必要があり、受け取るのに5分ぐらいかかってしまった。

中を開けたら、受付番号や機種名などが書かれた紙と、着払いの宅配便の用紙と、梱包材のプチプチが入っているだけ。プチプチに3台の iPhone を包んで箱詰めする。ただし、面倒なので1つの箱に3台とも入れる。

で、また佐川に電話して集荷に来てもらうのだが、ここで2つ目のトラブル。集荷に来るはずの土曜日の19時以降に、何の連絡もないまま結局引き取りに来なかったのである。

この会社はいつもそうである。翌朝電話でクレームを入れ、再度集荷に来てもらう。昨日来なかった理由を問い詰めると、「配達員が忙しくて忘れた」とのこと。宿題をサボった小学生のような模範解答(笑) 佐川急便のサはサイテーのサである。

それから10日ほどして「査定完了のお知らせ」(律儀にもメール3通)、次いでその翌日にはこれまたメール3通に分けて Apple ギフトカードが送られてきた。

さて、ここで思いもよらぬ3つ目のトラブル。送られてきたのは Apple Store(ネットショップも含む)でしか使えない「Apple Store ギフトカード」であり、iTunes では使えないではないか!

まいっか。カードに期限はないし、これで何かが買えることは確かだ。しかし、はて、何を買おうか?

|

« 映画『モヒカン故郷に帰る』 | Main | お願いしますよ、SONYさん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/63466133

Listed below are links to weblogs that reference iPhone を売る:

« 映画『モヒカン故郷に帰る』 | Main | お願いしますよ、SONYさん »