« March 2016 | Main | May 2016 »

Friday, April 29, 2016

映画『ちはやふる 下の句』

【4月29日特記】 映画『ちはやふる 下の句』を観てきた。(「上の句」の記事はここここに書いた)

あまり具体的には書くつもりはないけれど、今回は映画の終わり方についていつもより詳しく触れるので、これからご覧になる方はこの文章を先に読まれないほうが良いかもしれない。

上の句は瑞沢高校かるた部が都大会で優勝し、その喜びを報告しようとして電話した千早(広瀬すず)が新(真剣佑)に「もうかるたはやらん」と言われたところで終わる。

下の句はそれを心配した千早が太一(野村周平)と一緒に新の住む福井に向かうところから始まる。果たして、新が心から慕っていた祖父で元かるた名人の始(津嘉山正種)が亡くなっており、それで新の心が折れていたのである。

そこから千早の暴走が始まる。なんとか自分が活躍して新をかるたに引き戻そうという、如何にも千早らしい単純な発想である。この辺は良くキャラが立っている。

そのために千早は個人戦で史上最強クイーンの若宮詩暢(松岡茉優)を倒すことを至上命題とし、そのことしか頭になくなる。詩暢を想定した左利き対策に血道を上げ、仲間を放って単独行動ばかりして、団体戦に向けての準備がおろそかになる。

今回はそんな千早に、周囲のみんなが仲間の大切さを教えるという、文章にするととってもベタなテーマになっているのだが、脚本がよく練れているので観ていてちっとも薄っぺらくも嘘臭くもない。

しっかりと段階を踏んだ構成で、さまざまなエピソードをタイミングよく配することによって、千早や太一、さらにはチームメイトの駒野(森永悠希)、そして新の成長が上手に描かれていた。

Continue reading "映画『ちはやふる 下の句』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, April 28, 2016

新聞販売店からの電話

【4月28日特記】 先日、家に電話がかかってきて、近くの新聞販売店の者だが、以前新聞を購読してもらっていた家庭にいついつからいついつまで無料で新聞を入れさせてもらうことになった、と言われた。

僕は、ウチはネットで読んでいるので、今さら紙の新聞を入れられても困るんですけど、と答えた。

Continue reading "新聞販売店からの電話"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, April 26, 2016

映画『蜜のあわれ』

【4月26日特記】 映画『蜜のあわれ』を観てきた。石井岳龍監督。原作は読んでいないが、室生犀星の小説であることぐらいは知っている。

主人公は犀星自身と思われる作家(大杉漣)。その家にひらひらした赤い服を着た少女(二階堂ふみ)がいるのだが、これが金魚の変身だと言うから驚きだ。その金魚が老作家を「おじさま」と呼び、思わせぶりな仕種をする。

他にも、以前作家に自分の作品を見てもらったことがある女の幽霊(真木よう子)や、とっくに死んでいるはずの芥川龍之介(高良健吾)なども登場する。ある種、怪異譚めいたしつらえになっているのだ。

少女が「てよだわ」言葉を喋り、作家が口絵を描いたギャラが2,000円で、街には Coca-cola の英語ロゴの看板があり、話にブリジッド・バルドーが出てくる。

いつの時代なのかうまく読み取れなかったのだが、調べてみるとこの小説は1959年に出版されている。犀星70歳の時の作品で、その3年後に彼は亡くなっている。

自分自身の老境を描いた作品と捉えて良いのだろうが、しかし主演の大杉漣は実年齢64歳と、現代社会ではまだそれほどの老人ではない。髪も黒々として顔に皺も少なく、まだエネルギーに満ち、「老いさらばえた」という感じがない。

どうせなら髪も真っ白で顔も老けてしまった近藤正臣あたりの配役でも良かったのではないか(もっとも晩年の犀星もそれほど白髪ではないが)とも思うのだが、そうすると枯れすぎていて下世話な感じが出ない。

いつまでも少年のような純真さと老いてなお肉欲の衰えないところの両方を見せるには、やはり大杉だったのかもしれない。

Continue reading "映画『蜜のあわれ』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, April 24, 2016

映画『アイ アム ア ヒーロー』

【4月24日特記】 映画『アイ アム ア ヒーロー』を観てきた。佐藤信介監督。

出だしは主人公のダメ男・鈴木英雄(大泉洋)の日常を描いている。

職業は漫画家。雑誌の新人賞で佳作こそもらったものの、その後の15年間はずっとアシスタントで食いつないでいる。自分の作品はついぞ出版されたことがない。

同棲している“てっこ”こと徹子(片瀬那奈)にも愛想を尽かされ、アパートから追い出される。夢と心意気だけは大きいが、内実がついて行かない。名前だけは英雄だがヒーローにはほど遠い男。

そんなやるせないドラマだったものが、てっこが突然ゾンビに変身して一気に物語のトーンが変わる。それまでテレビのニュース番組などで各地で異変が起こっていることは匂わせていたが、一気呵成、怒涛の急展開である。

で、また、これが思いっきり怖い。かなり度肝を抜かれる。強烈な特殊メイクと CG と特撮。スプラッタなんて分類をすれば済むものではない。特に後半の戦闘シーンでの肉や骨の潰れ方はえげつない。

ZQN(ゾキュン)と言われるゾンビが何故、どういう経緯で、どういう経過を辿って大量発生したのかほとんど説明がない。しかし、それは映画の進め方として失敗になっていない。

逆にそのことによって、何だか解らないけれどとにかく逃げなければ死ぬという切迫感がよく出ているのである。

Continue reading "映画『アイ アム ア ヒーロー』"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Saturday, April 23, 2016

車中にて

【4月23日特記】 ちょうど5年前にも同じようなことを書いたのだが、最近満員の電車のドア付近に立っていて、駅に着いて降りる人がたくさんいても決して道を譲ろうとしない人が大変多い。

一昨日などは、道を譲らないどころか、足を踏ん張って一歩も動くものかという構えの若者に行く手を阻まれ、降りるのに四苦八苦した。

これは一体どうなっているんだろう? 僕らの若いころは、ドア付近に立っている者は誰も皆、降りる人のために一旦自分も車外に出て脇へ避けるのが暗黙のルールだった。

そうやって一旦電車を降りてしまうと、再び満員電車に乗り込んだ時は大抵またドア付近に立つことになる。そうすると次の駅でまた降りることになって非常に面倒くさいのだが、それでも降りるのがエチケットというものだった。

それがどうしてなくなったんだろう?

でも、だからと言って、(5年前にも同じようなことを書いたが)それを以て近頃の若者の態度は…などと早計な断罪はしたくない。そう、僕らが知らないだけで、いつの間にかルールやマナーが変わったのかもしれない。

そういうものは時代の流れの中で多かれ少なかれ変わって行くものなのだから。問題は、では、そのルールなりマナーなりがどういう風に変わったかということである。

Continue reading "車中にて"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, April 21, 2016

ホテルからの返事

【4月21日特記】 他の宿泊サイトにも似たようなシステムがあると思うが、一休でホテルを取って宿泊すると、事後に「クチコミ」を書くことができる。最初に「クチコミ」を書くと登録しておくと、一休から書いてくれというメールが飛んでくる。それを受けて書くのである。

僕は割合書くケースが多いのだが、その「クチコミ」に対して、当のホテルから返事が来ることもある。先日泊まったホテルがまさにそういうケースだった。

僕はよほど腹が立ったのででもなければ、大体は良い所を探して褒めてあげることにしている。ただ、むやみに褒めるのではなく、「こういうところは少し不満が残ったが、こういうところやこういうところはとても良かった」みたいな文章にすることが多い。

それは良かったところと悪かったところの両方を指摘してこそフェアな批評だという思いがあるからでもあり、また人に賛辞を伝える場合ベタ褒めは却って嘘っぽくて、「確かに少し欠点はあったがたくさん長所があった」という構文のほうが説得力が増すからでもある。

なんであれ、全体的に褒めた印象が残るように気は付けている。具体的には欠点より長所を多く指摘すること、そして、欠点の指摘から始めておいて、後半で長所を褒めて締める形にするということである。

今回で言えば、「部屋で PC を引っ張りだして仕事をする分には少し窮屈だったが、ベッドは広くてよく眠れたし、喫煙室しか予約できていなかったのに当日禁煙室に変えてほしいとの希望に応じてくれるなど、従業員の対応も素晴らしかった」みたいな感じだ。

ところが世の中には少しでも否定的な表現をされるとひとこと言い返さないと気が済まない人がいるもので、どうやら今回のホテルの担当者がそういう御仁であったようだ。

Continue reading "ホテルからの返事"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, April 20, 2016

4/20サイト更新情報

【4月20日特記】 サイトを更新しましたのでお知らせします(このブログではなく、併設している私のHPの更新案内です)。

今回はレギュラーのことばのエッセイの更新の他に、いつもの音楽コラムの「転調名作選」リストへの追加、そして久しぶりの音楽コラムの新作があります。

コラムの新作と言っても、実はこのブログに書いたウクレレ修理に関する2つの記事に少し筆を入れてくっつけたものです。そもそもウクレレを買った時の記事は全部(ブログではなく)ホームページに記載していたので、そちらにも転載したというわけです。

そして、ことばのエッセイのほうは、それぞれのことばが用いられるシチュエーションについてです。

というわけで、今回の更新は下記の通り:

Continue reading "4/20サイト更新情報"

| | TrackBack (0)

Monday, April 18, 2016

無題

【4月18日特記】 どこでもそうだろうと思うが、僕のホームページやこのサイトを読んでくれる人には直接の知り合いもいれば見ず知らずの人もいる。その割合がどれくらいなのかはいくらアクセス分析を見てもわからない。

ただ、トラックバックをしてくれる人、コメントを書き込んでくれる人を見ていると、確かにその両方がいるようだ。

しかし、僕は自分のホームページもこのブログも、ほとんど知人に紹介したことがない。読んでくれる知人は大体が何等かの具合で勝手に見つけてくれた人である。

それが嬉しくないかと言えば嬉しくないことはないのだが、それがあまり多いようだと、「なんだ、結局のところ直接の知人しか読んでくれないのか」という落胆に繋がるのも否定しようのない心の動きである。

僕はネット上に書いたものを上げるという行為を、基本的に不特定多数との交流という風に捉えている。あまり社交的でない僕にとって、ここは社交の場、とりわけ新しい社交の開発の場なのである。と言うか、そうあってほしいと思っているのである。

Continue reading "無題"

| | TrackBack (0)

Saturday, April 16, 2016

シミルボン

【4月16日特記】 シミルボンというサイトがオープンしている。ブックリスタが運営する書評サイトである。あるいは読書サイトと呼んだほうが良いかもしれない。

そこに僕も10本の書評を、実は正式オープン前から掲載してもらっている。たまたま僕がここに書いている書評を読んでくれたシミルボンのスタッフから「出してみませんか」と声をかけてもらったのである。

新しい書評サイトがオープンした時に、まだ誰も投稿していないとさすがに投稿しにくいはずだ。それは最初に投稿するのは勇気がいるということもあるし、逆に、「このサイト、誰も投稿していないけど大丈夫か?」という思いもあるだろう。

これは僕の勝手な想像だが、そういうデメリットを消すために、言わば“呼び水”として、僕のように書評をいっぱい書いている人間がリクルートされたのだと思う。

Continue reading "シミルボン"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, April 14, 2016

象徴的なフレーズ

【4月14日特記】 前にも書きましたが、僕は会社の若手に対してよく「網羅的に書くな。象徴的に書け」と言います。

これもその時に書きましたが、例えば、何かのセミナーを聴いてきた時に、そこで講師が喋っていたことを全部報告なんかする必要はないのです。

僕の上司にもかつて「俺に全てを報告しろ」と言っていた人がいました。しかし、全てとは何か?と考えると、全てを報告するなんて無理に決まっていると気がつくはずです。

そして、仮にできたとして、全てを、あるいは全てに近いものを報告してもあまり意味はないのです。

かつて僕が直接「網羅的に書くな。象徴的に書け」とアドバイスした某君のことを、彼の現在の上司が先日こう評していました。

「伝えたいことがたくさんあるのは分かるんだけど、何を伝えたいのかさっぱり分からないんですよ」

うーむ、僕のアドバイスはちっとも役に立っていないようです(笑)

Continue reading "象徴的なフレーズ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, April 12, 2016

ウクレレ修理(2)

【4月12日特記】 ウクレレの修理が終わった。(壊れた時の記事はここ)

下手すると修理した店の悪口を書くことになるかもしれないので、前の記事では固有名詞を伏せたのだが、僕がウクレレを持って行ったのは三宮のトアロード沿いのビルの7Fにあるアップルギターズという楽器店である。

で、こうやって店名を書いているということはきれいに直してもらえたということに他ならない。

ただし、4/3(日)に持ち込んで、修理担当の社長が出張中ということだったので、見積もりや期間について電話をもらえると思っていたのだが、一向にかかってこないので、4/10(日)にこちらから電話をした。

この時は実はこの店大丈夫かなという気も半分くらいしていて、電話に出てきた社長がクソ偉そうなおっさんだったらどうしようなどとも思っていた。

だが、電話に出てきたのはやや声の高い、気の良さそうな御仁である。どうも忙しくてまだ僕のウクレレ修理にはほとんど着手できていない感じだ。

電話で話すうちに、「これ1弦を通す穴に接着剤か何か流し込みました?」と訊かれた。まさか、そんな、どう考えても楽器にとって良くなさそうなことを素人考えでやるはずがない。その旨答えると、少し意外そうな感じ。

続いて「弦はいつごろから張ってました?」との問い。はっきりは覚えていないが、1年は経っていないと答えたら、これまた意外そうな声。

それほどひどい状態だということだ。1弦の端を結んで作ったお団子が潰れた穴に癒着してにっちもさっちも行かないと言う。

Continue reading "ウクレレ修理(2)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, April 11, 2016

お願いしますよ、SONYさん

【4月11日特記】 たびたび書いているように、僕は iPhone でもスマホでもなく、SONY の Network Walkman で音楽を聴いている。

なんでそんなもので?と言う人もいるかもしれないが、そんなことを言っても仕方がない。

世の中に家庭用のビデオ録画機が出てきた時に、VHS ではなく Betamax を選んだ人がいたのと同じである(僕は幸いにして VHS を選んだ。例が古すぎて、若い人には何のことやら分からないかもしれないがw)。

ただ、音楽をダウンロードしようと思った時に、一番僕の好きな曲が多かったのが SONY が運営する Mora だったということはある。その流れでハードも SONY を選び、当然落としたファイルの形式も SONY 独自のものだった(今では mp3 も選べるのだが)。

さて、そのハードを制御するのは、SONY のユーザならよくご存知のように、x-アプリという PC のソフトウェアである。

このソフトウェアが最近バージョン・アップをした。

そのダウンロード/インストールは難なく終わったのだが、ハードを接続した途端、「この機器は x-アプリで読めないので、一旦全曲を消去せよ」とのアラートが出て、確かにこの Walkman を全く認識してくれず、そこから先にっちもさっちも行かなくなった。

Continue reading "お願いしますよ、SONYさん"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, April 10, 2016

iPhone を売る

【4月10日特記】 iPhone を売った。僕が最初に持ったのは iPhone3GS。それから 4S → 5S → 6Sと、ほぼ2年おきに買い換えてきたが、実は古くなった iPhone を処分したことがない。

そういうわけで我が家には、妻が 最初に買った iPhone4S(現在は僕と同じ 6S)を含めて、昔の機材が4台も残っていた。データだけは大部分消してあるが、アプリはかなり残ったままだ。

音楽端末として使ってみようか、とか、ひょっとして壊れた時の代替機になるか、とも考えたのだが、実のところ全く使わず、その間一度も電源を入れることはなかった。

ならば持っていても仕方がない。どこかに下取りしてもらうか、と思ったのだが、いい加減な業者に売ると何かと悪用されそうな気がする(単なる先入観かもしれないが)。

そんな時に Apple が下取りキャンペーンをやっているというので、応募してみることにした。買い取り作業そのものは別の業者がやるのだが、Apple の息がかかっているとなんとなく安心感がある。

現金ではなく Apple のギフトカードでの買い取りだが、iTunes ででも使えば良いではないか、ということで、早速ウェブサイトから申し込んだ。

Continue reading "iPhone を売る"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, April 09, 2016

映画『モヒカン故郷に帰る』

【4月9日特記】 映画『モヒカン故郷に帰る』を観てきた。沖田修一監督。沖田監督のオリジナル脚本である。

タイトル通りのストーリー。それ以外に何か複雑な展開があるわけではない。

「モヒカン」と言われているのは主人公の田村永吉(松田龍平)。髪型はモヒカン。職業は売れないミュージシャン。おどろおどろしいデスメタル系のバンドでリード・ボーカルをやっている。

ライブのシーンでそれなりに客は入っているし、インディーズか自費出版だろうが CD も出しているので、多少は人気はあるのだろうが、メンバーが将来を不安がる台詞もあり、音楽で飯を食うところまでは行けていないことがわかる。

そして、将来のことを真面目に心配しているメンバーに対して永吉が意味不明の受け答えをするシーンで、こいつがほとんど何も考えていない脳天気な男だということも分かる。

その永吉が、故郷である瀬戸内海の小島に帰ることになる。同棲しているネイリストの由佳(前田敦子)が妊娠したので、両親に結婚を報告するためである。

この映画のタイトルは明らかに『カルメン故郷に帰る』を踏まえているが、あの映画で主人公のストリッパーが故郷の人たちに白眼視されたように、この映画でもロッカーの永吉が何かと色眼鏡で見られる、というような話ではない。

では、何が起こるかといえば、帰ってみたら父親の治(柄本明)が末期がんであることが判明する。それで、すぐに東京に戻るはずだった永吉と由佳は、結局何ヶ月かこの島に留まることになる。

──ここまで読むと、随分暗い映画に思えるかもしれないが、そこは沖田監督である。ドタバタ・コメディではないが、随所に笑えるシーンが配されている。

Continue reading "映画『モヒカン故郷に帰る』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, April 07, 2016

『異類婚姻譚』本谷有希子(書評)

【4月6日特記】 本谷有希子はずっと気になっていた作家だ。

僕がその名前を知ったのは2007年の映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の原作者としてだった。佐藤江梨子の演技も吉田大八の演出もともかく凄かったということもあったが、まずもってこのストーリーは何だ!と腰を抜かした。

佐藤江梨子が演じていた澄伽という傍若無人のバカ女に対して、僕は共感の欠片も持ち得なかった。むしろ殺してやりたいぐらいの嫌悪感があった。でも、「あー、いるんだよ、こんな女」と歯ぎしりしたくなるほどのリアリティがあった。

佐津川愛美が演じた妹も含めて、この刺すような洞察は何なんだろう? この毒素の強い描き方はどこから来るんだろう? これは恐らく吉田大八の脚本だけの力ではない。多分原作からして凄いのだ。

でも、原作もこういうトーンなのだろうか?──などと思いながら、結局僕は彼女の小説を読むことも、彼女の芝居を観ることもないまま時が経ってしまった。

で、何度か芥川賞候補になり、僕は読んだこともないのに、「そのうちきっと獲るだろうな」と思っていたら、本当に受賞したのがこの作品だった。

Continue reading "『異類婚姻譚』本谷有希子(書評)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, April 06, 2016

4/6サイト更新情報

【4月6日特記】 サイトを更新しましたのでお知らせします(このブログではなく、併設している私のHPの更新案内です)。

今回はいつもの言葉のエッセイの更新と、読書コラムへの加筆です。

言葉のエッセイは唱歌の歌詞について書きました。読書コラムは、朝日新聞デジタルで『夢十夜』を読んだので、夏目漱石のコラムにリンクを付け加えました。

ということで、今回の更新は下記の通り:

Continue reading "4/6サイト更新情報"

| | TrackBack (0)

Tuesday, April 05, 2016

20160402shukugawasakura

【4月5日特記】 僕はこのブログには映画の感想や書評などは書きますが、どこそこへ遊びに行って楽しかったとか、何々を食べて美味しかったとかいう記事は書いていません。

身の周りのことで書くのは、せいぜい PC が不具合を起こして往生したとか、ウクレレがぶっ壊れて修理に出したとか、そんなことばかりです。

別にブログだから書かない、ブログには書かないと決めているわけではなくて、ブログよりももう少しプライベートなトーンで運用している facebook にもそんな記事はほとんどありません。

まあ、あんまりどこへも行かず、美味しいものも食べていないせいかもしれませんが(笑)

で、たまにはこんなのも良いか、と思って写真を掲載してみます。

Continue reading "桜"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, April 03, 2016

ウクレレ修理(1)

【4月3日特記】 ウクレレがぶっ壊れた。2006年に買ったから、ちょうど10年だ。

僕の1台目のウクレレはロング・ネックのコンサート・タイプなのだが、弦を留めるところがちょっと変わっている。

ブリッジに弦を巻きつけるタイプでも、結び目を作って溝に挟むタイプでも、結び目やナットつきの弦をエンド・ピンで上から押えるタイプでもない。

穴に弦を通してそれをサウンド・ホール側から引き出して、結び目を作って逆に引っ張り戻すタイプ(って、言葉で説明して分かりますかね?)

構造としては、ブリッジに穴が開いてそこに貝殻製の留め具が入っており(それは固定されていて抜けない)、その留め具に弦の直径より少し広い穴が開いている。そこに弦を通し、結び目を作ることで弦を留めているのだが、その貝殻が割れてしまったのである。

実は4弦の穴の貝殻は前から少し欠けていたのだが、弦を交換しようとしたら、1弦の穴がえらいことになっていた。貝殻がバキバキに割れた上にナイロン弦の結び目が嵌り込んで一体化し、にっちもさっちも行かないではないか。

Continue reading "ウクレレ修理(1)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, April 02, 2016

映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』

【4月1日特記】 2月に NHK Eテレで『岩井俊二の MOVIEラボ シーズン2』を観た。こんな番組をやっていたことを知らなかったので、僕はこのシーズン2が初めてだった。

1時間×4回のシリーズで岩井俊二をメインに据え、進行役が千原ジュニアと飯豊まりえ(*)、前半2回のゲストが堤幸彦監督とアクション監督の諸鍛冶裕太、後半2回のゲストが是枝裕和監督と長澤まさみだった。そして、スタジオには映画制作を志す若者たちが招かれていた。

( * アシスタントだった彼女の名前まで書いているのは、今年か来年に必ず大ブレイクする存在だと僕が確信しているから)

構成としては、1)洋画/邦画の歴史的名作、2)岩井監督の過去作、3)ゲストの過去作、そして、4)スタジオに来ている若者たちにテーマを与えて作らせた1分動画を取り上げて語るというもの。

作者が自作を語るというのは往々にして無粋な蛇足の感があるのだが、この番組には全然そういう臭みがなく、素直に「ああ、監督はそんなことを意図してこの画を撮っていたのか」「このシーン/カットからはそういう情報を読み取るべきだったのか」と大変興味が湧き、勉強になった。

そんなわけで『花とアリス』以来長らく観ていなかった岩井作品を久しぶりに観たくなった。観てみるとやっぱりこの監督の肌理の細かさを感じる。

Continue reading "映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2016 | Main | May 2016 »