« MIQS04 | Main | On the DECK (part2) »

Tuesday, March 29, 2016

On the DECK

【3月29日特記】 大阪の新しいオープン・イノベーションの拠点 The DECK (デッキ)のローンチング・セレモニーに参加してきた。

The DECK がどんな場所なのかは facebook ページを参照してほしい。

僕が勤めている放送局みたいな会社は、ここに集まる人たちからすると、レガシー・メディアと言われることが少なくない。

しかし、そういう我々の業界内にも、外の世界とちゃんと繋がって行かないとダメだと思い始めた人間は少なからずいる。今日もウチの会社からも在阪他局からも何人かが来ていた。

思えば、こういう交流の機会というものは、昔からなかった訳ではない。

僕が人生で最初に経験したのは、大学時代バイト先の塾の講師が集まって開催していた「学際懇話会」だった。

参加者は全員大学生と院生だったが、それぞれ学部や専門はバラバラで、そんな中で輪番制で自分の専攻する学問について語った。

随分面白い企画だなと思ったのも確かだが、その反面、こんな話聞いて何になる?と思ったのも事実だ。

その後社会に出てからも、異業種交流会とかネットワーキング・パーティとかいうものはたくさんあった。僕自身はそれほど参加しなかったが、参加していたら大きな成果があったとも思えない。

それは一種の流行でしかなく明確な目的がなかったか、あるいは、仕事のための人脈作りという矮小化されたものであったために、成果も小さく、面白くもなかったのではないかなと思う。

今こういう交流の場が面白く、かつエキサイティングなのは、みんながひとつの目標に向かっているからだと思う。──イノベーションという目標に。

流行や手練手管でしかなかったものがムーブメントに昇華したとき、そこにやり甲斐が生まれるような気がする。

今日ここに来ていた僕らの業界の人間には、古いマス・メディアにありがちな独占と排除の論理で動いている奴はいない。みんながみんな Web2.0的な共創と共有の原理に根ざしている。

だからこそこんなに盛り上がるのだと思う。それが解らない人が、まだ社内には多すぎるが。

|

« MIQS04 | Main | On the DECK (part2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference On the DECK:

« MIQS04 | Main | On the DECK (part2) »