« 「キネマ旬報」2月下旬号(1) | Main | 2/20サイト更新情報 »

Friday, February 19, 2016

「キネマ旬報」2月下旬号(2)

【2月19日特記】 さて、例年通り昨日書いた記事のタイトルは「『キネマ旬報』2月下旬号(1)」となっており、ということは(2)があるんだなと思うのが人情(笑)

ご存じない方はなんじゃそりゃと思われるでしょうが、今年もやります。キネマ旬報日本映画ベストテン採点表の分解と分析を。

キネ旬の投票は各審査員(2015年度の日本映画の場合は「本誌編集部」を含む59人)がそれぞれ55点を持って、1位には10点、2位には9点、3位には8点、…、9位には2点、10位には1点を投じるシステムです。

私はこれを毎回、1)何人の審査員が投票したか、2)投票した審査員1人あたりの点数は何点か、を調べて「得点=○人×平均△点」という形に分解する作業をやっています。

そうすることによって、a)それぞれの点数はそれほど高くなくても多くの審査員が投票している=広く人気のあった作品と、b)投票人数は少ないがそれぞれが高い点数をつけている=思い入れ度の高い作品を見極めようという魂胆です。

統計学的には正しい手法ではないでしょう。でも、1位から10位ぐらいまでに限定してやるのであれば、そこそこ適正な傾向が観察できるのではないかと思っています。

つべこべ言うよりもさっそくやって見せたほうが早いでしょう。2015年度日本映画ベストテンは、

  1. 恋人たち
    302点=38人×7.95点
  2. 野火
    191点=34人×6.53点
  3. ハッピーアワー
    185点=25人×7.40点
  4. 海街diary
    181点=28人×6.46点
  5. 岸辺の旅
    171点=29人×5.90点
  6. GONIN サーガ
    155点=23人×6.74点
  7. この国の空
    146点=23人×6.35点
  8. ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判
    105点=16人×6.56点
  9. 母と暮せば
    87点=12人×7.25点
  10. きみはいい子
    74点=13人×5.69点
  11. ローリング
    74点=13人×5.69点

となりました。

データ分解の前にまず言えることは、今回は『恋人たち』の圧倒的な勝利であったということです。ちなみに前回も『そこのみにて光輝く』の圧勝で、ポイントは今回の『恋人たち』を凌ぐ314点でした。

前回も今回と審査員数は同じことから考えると、前回のほうが完勝の色合いが強く思われるかもしれませんが、2位との差に着目すると、2015年度は100点以上開いており、そういう意味では今回もまれに見る圧勝と言えます。

60人以上の審査員が投票した2013年度、2012年度の1位がそれぞれ『ペコロスの母に会いに行く』249点、『かぞくのくに』222点ですから、この300点超えというのが如何にすごいかが分かると思います。

それから、2015年度のもうひとつの特徴は、2位以下が混戦であること。特に2~5位は例年にない接戦になっています。

さて、本題に入ると、今回もかなりいびつな結果が出て面白いです。

ただ、1位だけは揺るがないものがあります。投票人数も平均得点も飛び抜けています。特にこの平均得点はここ何年かを見ても最高で、ほとんどの審査員が8点以上をつけています。

2位以下については例年通りいろんなところで逆転があります。その中で特に目立つのは、これは予想通りですが、第3位に入っている『ハッピーアワー』です。

上映の仕方がマイナーでしたし、途轍もなく長い映画なので、観ていない審査員も決して少なくなかったと思うのですが、それでもこんなに上位に入るためには、投票した25人の審査員が 7.40 という『恋人たち』に次ぐポイントをつける必要がありました。これこそ思い入れ映画ではないでしょうか。

それから、次に目立つのは『母と暮せば』。投票人数は11作品中最低なのに、平均得点は3番めに高くなっています。映画を観ずにこんなこと言うのは良くないかもしれませんが、「ああ、やっぱりそういう映画か」という気はします。

ファンの皆さんには申し訳ないけれど、やはり狭い層に特別に刺さった映画と位置づけるべきなのではないでしょうか。

同じように『ソロモンの偽証』も観た人の思い入れの強さに支えられてのランクインとなっています。

逆に投票人数のほうに目を向けると、2位以下は『野火』『岸辺の旅』『海街diary』『ハッピーアワー』の順となります。

『海街diary』や『岸辺の旅』が一般受けしたのはよく分かりますが、『野火』はあれだけ重苦しい映画だったのに、やや意外な気もします。やっぱり日本人にとっての戦争というテーマの普遍性もあったのでしょうか。

『岸辺の旅』は前後にランクインしている作品と比べて平均点がかなり低いですが、人数で稼いだ形で、日本ではいつも一部のファンの思い入れに押される形だった黒沢清監督の作品が、こんな評価で選ばれたことを私は嬉しく思います。

今年はそんなとこですかね。毎年同じことを書いているのですが、どうです?面白いでしょ?

|

« 「キネマ旬報」2月下旬号(1) | Main | 2/20サイト更新情報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「キネマ旬報」2月下旬号(2):

« 「キネマ旬報」2月下旬号(1) | Main | 2/20サイト更新情報 »