« 「人気記事ランキング」と「検索フレーズランキング」 | Main | 書き分ける/書き分けない »

Saturday, February 13, 2016

Play Log File on my Walkman #111

【2月13日特記】 随分間が空いてしまったが、時々披露している僕の Network Walkman のプレイログ。今回はゾロ目の111回目。今回も10曲(あ、どうせだったら11曲にすれば良かったかw)。

  1. TAXI(鈴木聖美)
  2. 生活の柄(高田渡)
  3. Fly(higher take)(SMAP)
  4. 目を閉じておいでよ(BARBEE BOYS)
  5. LOVE & TRUTH(YUI)
  6. 真冬の帰り道(広瀬香美)
  7. 集中できない(小泉今日子)
  8. USO(阿井莉沙)
  9. アルケミスト(ACIDMAN)
  10. YOU(加藤ミリヤ feat.仲宗根泉)

1)はご存知ラッツ&スターの鈴木雅之のお姉ちゃんの 1987年のヒット。「弟の七光で出てきたか」と最初は思ったのだが、歌を聴いて弟よりも巧いくらいなのでびっくらこいた。この曲は「鈴木聖美 with Rats & Star」のクレジットで発売されたはずだが、僕の持っているのは鈴木聖美の単独名(再録音なのかな?)

胸にしっとり染みこんでくる名バラード。作曲は井上大輔。この人らしい上手な作りだ。作詞は岡田ふみ子、って誰だそれは?と思ったら、岡田冨美子の別名らしい。こっちも巧い。

2)は言うまでもない、日本フォーク史上に残る名曲。これも言うまでもないが、元の詞は山之口貘。これまた言うまでもないが、高田漣は高田渡の息子。こういう一見何の工夫もないような曲がずしんっと来るのは、僕が年を取ったからではない。若い頃から不思議と惹かれた作品だった。

3)こんなこと言うとファンの人たちからは「何を今ごろ?」と言われるのだろうが、SMAP には結構良い曲が多い。中でもこの曲を最高傑作だという人も少なくない。これは 1999年の彼らの 30thシングルの少し長いバージョン。

作詞はゆかり美和、作曲は野戸久嗣という、いずれも僕は全く知らない人たちなのだが、この人たちは何者なのだろう? 日本人離れしたソウルフルでブラコンっぽい曲調。転調もスムーズ。

4)は BARBEE BOYS の 11枚目のシングル。僕は彼らの曲では『負けるもんか』の次ぐらいに好きかな。この屈折した感じの詞はそうそう書けないと思う。詞曲ともいまみちともたか。彼のギターはそれほど激しく動かないが、杏子と KONTA の掛け合いは絶妙である。

5)は2007年の YUI の 10thシングル。僕は行定勲監督の映画『クローズド・ノート』で聴いたのが最初。YUI という人がものすごい才能の持ち主だと思うのは、作品によって曲調が非常に多彩であるところだ。そして、声が良い。少し鼻に掛かったようでいて、でももたれずにきっちりと伸びてくる。

6)は 1997年の広瀬香美の 9thシングル。例によってこれもアルペンの CMソング。例によって、恐らく本人でなければ歌うのは至難の業となる、音域の広いダイナミックな曲。この人のすごいのはファルセットを使わず高音域を地声で乗り切るところ。でも、僕はむしろこの人の中低音の声質が好き。

7)は 1989年のアルバム『KOIZUMI IN THE HOUSE』に入っている曲。タイトル通りハウス・ミュージックのアルバムなのだが、さすがに小泉今日子全盛期の作品なので、どの曲もクオリティが高い。で、これは詞曲とも近田春夫の作品。ま、曲自体はどうってことない(笑)けど、アレンジで聴かせてくれる。

8)は多分、僕はこのコーナーで何度も取り上げていると思うが、これは中島哲也監督の映画『嫌われ松子の一生』で聴いたもの。これは映画としてもすごかったけど、中で使われた音楽も秀逸だった。阿井莉沙自身が歌って踊っているのだが、この曲はもう絶品。

この粘っこいメロディは誰かと思ったら、これも近田春夫の作品。歌謡曲をモチーフにして歌謡曲を遥かに超えてしまった。

9)は ACIDMAN の 21stシングル。2012年。僕は彼らのことはほとんど何も知らない。ACIDMAN って単数形だから個人ユニットかと思ったら3ピースのバンドだったのね。線は細いけれど、伸びやかなボーカルは悪くない。

10)は加藤ミリヤと HY の仲宗根泉の 2014年のデュエット。詞も曲も加藤ミリヤの作品で、従って feat.仲宗根泉というクレジットになっている。楽曲が良いせいもあるけど、こういう実力者同士の共演はさすがに聴き応えがある。

僕は特に仲宗根泉のファン。ソウルフルな彼女の声がほぼ一貫してハーモニーに回っているのが良い。惚れ惚れする。

今回はこんな感じ。

|

« 「人気記事ランキング」と「検索フレーズランキング」 | Main | 書き分ける/書き分けない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Play Log File on my Walkman #111:

« 「人気記事ランキング」と「検索フレーズランキング」 | Main | 書き分ける/書き分けない »