« 映画『ピンクとグレー』 | Main | @homepage 終了→新サイトに移行 »

Wednesday, January 13, 2016

Play Log File on my Walkman #111

【1月13日特記】 今年初めてのプレイログはゾロ目の第111回。僕が好きな曲(日本の歌ばかり)を2000曲あまり入れている Network Walkman で聴いた曲を気まぐれに紹介している。今回も10曲。

  1. ミュージック(サカナクション)
  2. 君をさがしている(朝がくるまで)(佐野元春)
  3. ゆうがたラブ(小坂忠)
  4. 彼女について知っている二、三の事柄(MOONRIDERS)
  5. スーダラ節(ハナ肇とクレージーキャッツ)
  6. ちょっと待ってください(PETTY BOOKA)
  7. 恋のフーガ(小柳ゆき)
  8. そんな暮らしの中で(風)
  9. 女性(南沙織)
  10. 走れ!(ももいろクローバー)

1)はサカナクションの2013年のヒット。他の曲よりも静かな出だしで、いつものエレクトロニカな感じはなく、アコースティックな響き。

こういうのもあるんだな、と思い出させてくれる(そう、僕が彼らを聴き染めたデビュー・アルバムにはこういうのも確かにあった)。

2)は佐野元春の2枚目のアルバム『HEART BEAT』(1981年)の8曲目。

日本語をこんな感じで少し字余り気味にメロディに載せて行く手法は当時としてはものすごく新しかった。詞も結構胸に染みた。僕は彼の詞にいつもサリンジャーを被せて聴いていたように思う。

3)は伝説のバンド、エイプリル・フールやフォージョー・ハーフ(これは「四畳半」のもじり)では売れなかった小坂忠が、ティン・パン・アレイをバックに録音した名作アルバム『HORO』に収められていた曲。1975年。

ファンキーなリズムに分厚い女性コーラスを被せた、ゴスペルや R&B の色合いの強い、小坂忠らしい良い曲である。

4)は MOONRIDERS の1980年のアルバム『カメラ=万年筆』の1曲目。結構パンク色の強かった時代の作品だ。詞は博文、曲は慶一。全般に無機質なんだけれど、時々何故かイタリアっぽい印象のある不思議なアルバムだった。

5)は言うまでもない。クレージーキャッツの1961年大々ヒット。これまた言うまでもないが、詞は青島幸男、曲は荻原哲昌。「無責任男」植木等のキャラが前面に出た、如何にも彼ららしい、聴いていて不思議に元気の出る曲である。

6)は日本ではゴールデン・ハーフで1971年にスマッシュ・ヒットしたが、元々はハワイのヒット曲。で、これは Petty Booka が1997年のアルバム『Hawaiian Pure Heart』でカバーしたもの。このアルバムはめちゃくちゃ良い!

アルバムによってハワイアンだったりカントリーだったりするデュオだが、メンバー・チェンジを繰り返しつつも、いまだにヘタウマの伝統を守り続けているようだ。

7)もまたカバー。元々は言わずと知れたザ・ピーナッツの1967年の大ヒット。作曲・すぎやまこういち、編曲・宮川泰というのはよく知られているが、詞は誰だったかと思ったら、なかにし礼だった。

こちらは小柳ゆきによる2003年のカバー。原曲と大きく異ならないアレンジで、小柳ゆきの歌唱力を巧く活かしている。

8)は伊勢正三と大久保一久のデュオ・風の名盤『海風』(1977年)に収められたもの。

このアルバムでは何と言っても冒頭の『海風』に度肝を抜かれたのだが、そんな中では割合地味な曲で、伊勢本来の持ち味であるフォークっぽい作品である。

9)は南沙織14枚目のシングル。1974年。出す曲が軒並み大ヒットになっていたピークから少し落ち着いた頃。有馬三恵子・筒美京平のコンビだが、オリコン最高位は23位に終わった。スケールの大きさを感じさせる良い曲だと思う。

10)はまだ「Z」がついていなかった、ももいろクローバーとしてのメジャー・デビュー・シングルの B面だった曲(2010年)。後に映画『モテキ』の挿入歌に使われている。何ということもないメロディなのだが、彼女たちらしく、生きる勇気を呼び覚ます歌である。

今回はそんなとこ。

|

« 映画『ピンクとグレー』 | Main | @homepage 終了→新サイトに移行 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Play Log File on my Walkman #111:

« 映画『ピンクとグレー』 | Main | @homepage 終了→新サイトに移行 »