« Play Log File on my Walkman #107 | Main | とりあえず iOS9 »

Tuesday, September 15, 2015

Google Chrome 64bit版

【9月15日特記】 Google Chrome を 64bit版 に入れ替えた。

Windows10 に上げてからどうも Chrome がフリーズするようになって困ったなと思っていたら、ある人が「フリーズしなくなるかどうかは分からないが、自分は 64bit版にインストールしなおしたら挙動が早くなって快適だ」と教えてくれた。

ああ、そんなものがあるのか、と思った。

64bit マシンが登場したころに、「コンピュータは 64bit のデータを扱えるようになったが、生憎それに対応しているアプリケーションはまだほとんどない」という記事を読んで、僕の頭はそこで停まっていたのだ。

考えてみたらあれから何年も経っており、もうたくさんのアプリが 64bit のデータに対応していても不思議はない。

しかし、それにしてもひとつのアプリで 32bit でも 64bit でも扱えるのではなく、別物をインストールしなければならないとは思っていなかった。

それで早速やってみることにした。

やり方は難しくない。ネット上にも詳しく書いてくれた記事がある(例えばここ)。

別にそんなものを読まなくても、ただ Chrome をダウンロードしてインストールするだけのことである。32bit版をアンインストールする必要もなく、64bit版を入れてから設定をやり直す必要もない。

きれいに上書きして、設定や拡張機能も引き継いでくれる。

ただ、64bit版をどこからダウンロードするのかが分かりにくいのである。

「Chromeをダウンロードする」ボタンを押すと 32bit版のダウンロードが始まってしまう。そうではなく、その下の「別のプラットフォーム向けの Chrome をダウンロードする」のリンクをクリックすると 64bit版が出てくるのである。

「別のプラットフォーム」などと言われると「なんのこっちゃ?」と悩んでしまいがちだが、それはつまり「64bit データを扱えるコンピュータ」の意味だったのだ。

で、ダウンロードはすぐ終わる。続いて一旦 Chrome を閉じてインストールだ。

ところが問題はここからだった。何度やっても蹴られる。

理由として「開いている Chrome と同じバージョンの Chrome はインストールできません。Chrome を閉じてから再試行してください」みたいなアラートが出てくる。

いやいや、ちょっと待ってよ。Chrome 開いてないし。

それと「同じバージョン」て何? 32bit版と 64bit版ではバージョン番号変えたりしてないの?(結果を先に書くと、これはどうやらそうみたいだった)

そこから随分悩んだが、解決策の見当はつかないし、何度試行しても全て同じ理由で拒否される。

結局その日は断念。一晩寝て仕事して帰宅して晩飯食ってフレッシュな頭で考えたら、ふと閃いた。それでタスクマネージャを起動した。

Chrome ユーザなら何度も目にしている人も多いと思うが、やっぱりたくさんの Chrome のサービスホストが起動しているではないか! これ何なんでしょうね。

このことが今までも随分使用感を重くしてきたのだが、まさかこれがインストールを阻んでいたとは!

で、全ての Chrome のサービスホスト(5つか6つ起動してた)を終了させてからインストールしたらあっさり終了。

ブラウジングはさくさく快適になった。

が、フリーズはまだ時々起こる。で、元の木阿弥←イマココ(笑)

|

« Play Log File on my Walkman #107 | Main | とりあえず iOS9 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/62283008

Listed below are links to weblogs that reference Google Chrome 64bit版:

« Play Log File on my Walkman #107 | Main | とりあえず iOS9 »