« Windows10 における Windows Update | Main | テキスト、アプリ、その他の項目のサイズ »

Sunday, August 23, 2015

Play Log File on my Walkman #106

【8月23日特記】 時々紹介している、僕の Network Walkman のプレイログだが、約3ヶ月ぶりになってしまった。今回も10曲。

  1. Reborn(Syrup 16g)
  2. 街を出るよ(オレスカバンド)
  3. 流星のサドル(久保田利伸)
  4. ワインレッドの心(安全地帯)
  5. 恋するカレン(大瀧詠一)
  6. 愛のメモリー(松崎しげる)
  7. モニカ(吉川晃司)
  8. シンデレラ・エクスプレス(松任谷由実)
  9. いっそセレナーデ(井上陽水)
  10. Body & Soul(SPEED)

1)は FM802 のヘビー・ローテーションCDに入っていた曲。3ピースのバンドらしいが、どういうグループなのかよく知らない。所謂フォーク・ロックの単調な曲なのだが、なんか重苦しくて切実な感じがあって、記憶に残る曲。何年の作品か不明。

2)はガールズ・スカ・バンドのオレスカバンドの代表曲のひとつと言って良いだろう。2010年の作品。軽快なスカのリズムに乗ってブラスが飛び跳ねる感じが良い。「街を出る」というメッセージが決然と伝わってくる。

3)は久保田利伸のごく初期の名曲。『TIMEシャワーに射たれて・・・』なんかもそうだけど、この辺りの曲聴いて、いやあ、日本人でもこんなメリハリの効いたリズムで歌える人がいるのかとびっくりした。メロディも素晴らしい。

4)玉置浩二という人は紛れもなく天才である。安全地帯の一連のヒット曲を並べてみるとそのことがよく解る。一見あまり衒いのないメロディであるが、それを重ね、うねらせてサビでの高みに繋げるテクニックは尋常ではない。

もちろん、彼の歌唱力によるところも大きい。メロディ同様、この粘りを聴いてみてほしい。1983年の大ヒット。

5)僕は正直言って大瀧詠一のピークはこの『A LONG VACATION』というアルバムではないと思っている。僕ははっぴいえんどを解散してナイアガラ・レーベルからソロ・アルバムを出し始めた頃の彼が一番好きだ。

しかし、それでもこのアルバムは何度も聴いた。そして、「こんなキャッチーなメロディ書ける人だったんだ!」と驚いた。特にこの『恋するカレン』。ポップスの教科書と言っても良いのではないだろうか。

6)松崎しげると言えば必ずこの歌がかかるので、ある意味聞き飽きてはいるのだが、改めてオリジナルを聴くのも悪くない。松崎は大ヒットの後、この歌を歌うときにフェイクし過ぎである。このぐらい素直なほうがすんなり胸に伝わってくる。

おやまあ、アコースティック・ギターがこんな音出してたのね、などという発見もある。1977年。

7)は1984年の吉川晃司のデビュー曲。このロックでポップな感じ。何度聴いても良い曲。作詞は三浦徳子、作曲は Nobody。Nobody ってこの頃が全盛期でしたね。またアレンジが良いんだよね。

8)はそれほど思い入れのない曲なのだが、ま、松任谷由実らしい巧い作り。JR の CM に使われた曲。1985年のアルバム『DA DI DA』所収。これを聴きながら恋の涙を流した乙女も多かったのだろう。

9)80年代らしいメロウな曲が続いているが、これも1984年の井上陽水の大ヒット。誰にも真似のできない、陽水ならではの言葉遣い。そして、弟子筋に当たる玉置浩二と同じく、衒いのない、でも、淀みなく流麗なメロディ。プロの仕事である。

10)は久しぶりに聴いて涙が出そうになった。SPEEDってほんとにすごいグループだった。

後の島袋寛子のレコーディングと比較すると、この当時の歌唱は如何にも粗削りで力任せな感じがするが、しかし、これほどの乗りと張りを体現しているグループは他にはなかったはずだ。

これは1996年の彼女らのデビュー曲で、もちろん伊秩弘将による楽曲も素晴らしいが、島袋寛子も今井絵理子も、ともにギリギリの高音域を、決して声を裏返すことなく、限界寸前の強い強い地声で歌い抜けている。その音圧とリズムの鋭さは圧倒的である。

音色が似ているようでありながら、2人の声は聴いていてはっきりと区別できる。そして、見事に調和している。僕はこの子たちが愛しくて仕方がない。

今回はこんなとこ。島袋寛子と今井絵理子の新ユニットERIHIROの新譜も却々良い。

|

« Windows10 における Windows Update | Main | テキスト、アプリ、その他の項目のサイズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/62142988

Listed below are links to weblogs that reference Play Log File on my Walkman #106:

« Windows10 における Windows Update | Main | テキスト、アプリ、その他の項目のサイズ »