« 新伝送路を試す | Main | 映画『海のふた』 »

Tuesday, July 28, 2015

電球に思う

【7月28日特記】 一昨日、風呂場の電球が切れた。幸いにして電灯は2つ付いている。これは多分、1つ切れても入浴できるようにという生活の知恵だと思う。

子供の頃に住んでいた家では、風呂場の電灯は1つしかなかった。真っ暗ではさすがに入浴できない。かと言って、水に濡れる場所なので、ロウソクとか懐中電灯というわけにも行かない。

小さいころに本当にそういう事態になって、風呂場のドアを開け放って、隣の洗面所の照明を頼りに風呂に入った記憶がある。

昔の家はどの部屋も照明は1基しかなかった。

今住んでいるマンションは、狭いトイレはさすがに別として、風呂に2基、洗面所には天井に2つと鏡の上に1つ、キッチンには天井に1つとシンクのすぐ上に1つ、LDK と寝室にも2つずつある。

最初はなんでこんなにたくさん電灯があるんだろ、と思ったが、恐らくこれは電球が切れた時のためなんだろうと最近思い始めた。

ところで、風呂用の電球は買い置きに取り替えて、買い置きがなくなったので昨日買ってきたら、今朝起きてみたらリビングの電灯の電球が切れているではないか。これはワット数の合う電球が家になかったので、仕方なく今日また買ってきた。

昨日いっぺんに切れてくれたら、買い物もいっぺんで済んで面倒くさくなかったのだが、いくら最近の家でも、さすがにそういうわけには行かない。

ま、寿命の長い LED に切り替えりゃ良いんですけどね(笑)

|

« 新伝送路を試す | Main | 映画『海のふた』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/61975673

Listed below are links to weblogs that reference 電球に思う:

« 新伝送路を試す | Main | 映画『海のふた』 »