« 印象 | Main | 推敲のススメ »

Monday, June 01, 2015

リボン・ベルト

【6月1日特記】 Makers Shirt 鎌倉というブランドがある。がっしりとした作りではないが、センスの悪くないシャツやネクタイが、それほど高くない値段で買えるので、東京時代には丸ビルの店舗でよく買っていた。実は妻も愛用している。

大阪に転勤してからは専らネットで買っていたが、グランフロント大阪開業とともにそこに店舗が開いたので、最近は大阪のリアル・ショップへも夫婦でよく買いに行く。

で、ある日シャツとネクタイを買ったら、おまけにリボン・ベルトがついてきた。

こういう構造のベルトは昔からあるにはあったが、これがリボン・ベルトという名前であるとはついぞ知らなかった。

それから、こんなものは時代遅れの代物であって、今は誰も締めないのではないかと思ったのだが、僕が「あー、こういうベルトは持ってないです」と言うと、若い女店員は「そうですかぁ、私は3本持ってますよ」と可愛く笑った。

Ribbonbelt

キャンペーンは終了間際らしく、「この中からお好きなものを」と言われても3本しか残っていなかった。結構派手めの赤系とごてごてした緑系ともう1本。それでそれを選んだ──薄い黄色にネイビー・ブルーの線。
(最初は自分の腰に巻いたところを写真に撮ってみたのだが、ぞっとしないので机の上で撮り直した)

とは言え、これをどこにして行くか? 会社には、と言うか、スーツには合わないだろう。でも、休みの日であっても、おっさんがこんなものしても良いのか?

と暫し悩んでもみたのだが、一昨日初めて締めてみた。カーキ系のパンツになら合うだろうと思って。

色は合う。悪くない。で、これはデジタルではなくアナログなベルトであると強く感じた。つまり、ベルトに開けた穴の位置にしか留められないのではなく、無断階に調整可能である。

ならば、もっと緩むかと思ったらこれが緩まない。昔のこういう構造のベルトはもっと緩んだような気がするのだが、記憶違いだろうか?

ともかく、デザインは悪くないし、好きなサイズに調整できて、緩みもせずに調子が良い。

ところが、こりゃ良いわ、と思って過ごしているうちに気づいた。勝手に緩まないということは、緩めようとした時に緩みにくいということである。つまり、トイレや風呂に入る時に、ベルトを緩めようとしてもちょいと時間がかかる。

で、緩めた後もう一度締めようとすると、これは普通のデジタル・ベルトのように高速には留められない。

ま、ものには一長一短があるのは当然。結論から言えば、短所はそれほど気にならず、全体的に非常に気に入った。これから活躍しそうなアイテムになった。

|

« 印象 | Main | 推敲のススメ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リボン・ベルト:

« 印象 | Main | 推敲のススメ »