« 推敲のススメ | Main | 6/5サイト更新情報 »

Thursday, June 04, 2015

熱さまし

【6月4日特記】 映画『ゼロの未来』を観ていて気になったこと:

ボブ(ルーカス・ヘッジス)が熱を出している。「大丈夫か?」と訊かれて、「大丈夫、アスピリン飲んで冷たい風呂に入れば治る」。

ほんまかいな、と思って見ていると、次のシーンでは(パンツは穿いたままだが)本当に水風呂に入っているので驚いた。

僕らはおでこを後頭部を冷やすのが一般的だ。少しバリエーションがあったとしても、足の付根や脇の下など、いずれにしても部分冷却である。どぼんと水風呂に浸かってしまうとは何と乱暴な。

熱が出ているなら体全体を冷やせば良い、という西洋合理主義なんだろうか?

でも、熱が出た時って寒気を感じたりするじゃないですか。その状態で冷水の風呂に浸かるのは嫌だなあと思うのである。

西洋人ってみんなこんなことするの? それとも、このボブだけ? 本当にそれで熱は下がるのだろうか?

映画の中では、その結果は描かれていなかった。

|

« 推敲のススメ | Main | 6/5サイト更新情報 »

Comments

アメリカでは一般的な処方。ある程度の高熱の場合。大したことのない、例えば風邪のひき始めなら熱いシャワーという手も。

Posted by: hikomal | Friday, June 05, 2015 02:06

> hikomal さん
ありがとうございました。そうですか、一般的なんですか。ということは、効き目があるということですね。あんまりやってみる気にならんけど(笑)

Posted by: yama_eigh | Friday, June 05, 2015 10:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 熱さまし:

« 推敲のススメ | Main | 6/5サイト更新情報 »