« 『赤々煉恋』(映画) | Main | Play Log File on my Walkman #105 »

Tuesday, May 26, 2015

HAPA Japan Tour 2015

【5月26日特記】 サンケイホールブリーゼに HAPA Japan Tour 2015 "HAPA with ハラウ・フレンズ" ~Music and Hula Concert~を聴きに行ってきた。

会社の主催イベントだったので、ほとんど予備知識なしに行ったのだが、ウチの会社はここ何年かこの手のハワイアン&フラのイベントを手がけており、一度観たいと思っていたのである。

フラ・ダンスが入ると言うので、もう少しトラディショナルな曲ばかりやるのかと思っていたら、そうではなかった。

そもそも HAPA というのはハワイ語で half の意味なのだそうだ。HAPA というグループは元々ニューヨーク生まれ・ニュージャージー育ちのギタリストが生粋のハワイアンのボーカリストと出会って作ったバンドだそうで、そういう意味で HAPA なのである。

今回の来日メンバーは3ピースのバンドで、舞台上手からギタリスト(NY出身のバリー・フラナガン)、ベーシスト(タービン・マキア)、ギタリスト/ウクレリアン(カポノ・ナイリイリ)の順に並んでいる。リード・ボーカルは主にカポイだが、3人とも歌う。

前半はそこにフラのチーム(ハワイ語ではフラ・ハラウと言うらしい)が、1曲ごとに入れ替わり立ち代り現れる。そこには日本各地のハラウも混じっている。

後半は3人のコンサート+ラダーシャ・ホオフリ(下のビデオで踊っている美しい女性)のフラ・ダンス(他にカポノの兄弟らしい男性ダンサーも出演)という構成である。

オープニングは Tuahine (Hula Radasha) という綺麗な曲だった。彼らの代表曲らしい。

彼らのアルバムからのオリジナルや、あるいは Pua Lililehua のような大スタンダードもあるのだが、突然カルロス・サンタナの『哀愁のヨーロッパ』が始まったりして驚かされる。そういう意味でも HAPA なのである。

この『哀愁のヨーロッパ』などで特に際立つのだが、バリー・フラナガンのギターが、ちょいと荒っぽいのであるが、ものすごいのである。

ものすごくタッチがきつい。離れ技的なハーモニクスの連続と、素速いチョーキングとグリッサンド、そしてミュートを絶妙に組合せて、リズムも思いっきり矯めたりして、強烈なメリハリがある。

それを左側のカポノ・ナイリイリが6弦/12弦ギターとウクレレで支える。位置こそ真ん中にいるタービン・マキアは控えめにリズムを刻んでいるが、終盤にリード・ボーカルを取ると、これがまたうっとりするような美声なのである。

バリーの荒々しいリードギターが目立つが、カポノのウクレレでのストロークも見事で、そして、何よりもハワイ独特のボイシングによるコーラス・ワークがとても流麗で美しい。

清々しい心になった。

すると、アンコールのラストがまた突然ボブ・マーリィの『ノー・ウーマン・ノー・クライ』だったりして驚かされるのであるが、このバンドはやっぱりそういう HAPA なところが受けているのだろう。

|

« 『赤々煉恋』(映画) | Main | Play Log File on my Walkman #105 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/61650288

Listed below are links to weblogs that reference HAPA Japan Tour 2015:

« 『赤々煉恋』(映画) | Main | Play Log File on my Walkman #105 »