« いつか来た道 | Main | Amazon のバナーがおかしくない? »

Wednesday, April 01, 2015

SMT の罠

【4月1日特記】 僕は何ヶ所かの割合決まった映画館で、割合多くの本数の映画を観るので、いくつかの映画館系列の会員に登録している。

系列によって特典やメリットはさまざまだが、ある程度以上の本数を見るのであれば加入しておくだけの意味はある。

で、最近松竹系の SMTメンバーズの罠から抜けられないのである。

以前はこんなことはなかったから、多分割合最近にこういう制度に変わったのだと思うのだが、最近は1本映画を見ると直後に「次回割引鑑賞クーポン」が送られてくるのである。で、これを使ってネット予約すると、1800円が1200円になる。

そうやって予約して観に行くと、翌日ぐらいにまた「次回割引鑑賞クーポン」がメールで飛んできて、会員ページにも既に登録されている。これが延々続く。つまり、常に1200円で観られるわけだ。

それに対して例えば東宝の Cine MILEAGE だと、6本観ると次回が無料になるので1本当たりでは、(1800×6)/7=1543円。これと比べると SMTメンバーズのほうが遥かに得だということになる。

ただ、それ以外の会員特典もいろいろあるし、入会金や更新手数料がいくらかとか、さらに、その映画館に行くのに交通費がいくらかかるかとか、いろんなことを考えると、一概にどちらが得とは言い切れない。

ただ、仕組の問題である。

Cine MILEAGE のほうは6本観たところで、「お、次回はタダか」と思う。その権利は単に次回行使すれば良い。会員であるかぎり時限は切られていないから、ゆったりと構えていれば良いのである。

ところが、SMTメンバーズの割引クーポンは有効期限60日なのである。ついついこれに追い立てられてしまう。

同じ映画を TOHOシネマズ西宮OS と神戸国際松竹でやっていると、ついつい後者に行ってしまうのである。で、行くとまたクーポンが来る。

これは良くできた罠だと思う。で、ここのところ急に神戸国際松竹で見る回数が増えてきた。

ちなみに、今日までの通算鑑賞回数は、TOHOシネマズ西宮OS が128回、神戸国際松竹が46回だが、最近の10本で言うと、神戸国際松竹が3回、TOHOシネマズ西宮OS が2回で、OSシネマズミント神戸まで含めると漸く東宝系が4回と松竹系を上回っている。

前はこんなことはなかった。僕はその映画が東宝系で上映している場合はほとんど西宮か三宮か梅田の東宝系で観ていた。

これは東宝からのひっぺがし作戦としては本当によくできた罠だと思うのである。ちなみにテアトル系とは上映作品があまり被らないので、こんなことにはならない。松竹は多分、東宝に的を絞って今回の特典を作ったのだろうと思う。

|

« いつか来た道 | Main | Amazon のバナーがおかしくない? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SMT の罠:

« いつか来た道 | Main | Amazon のバナーがおかしくない? »