« Amazon のバナーがおかしくない? | Main | 映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』 »

Saturday, April 04, 2015

『ユリ熊嵐』

【4月4日特記】 『ユリ熊嵐』全12話を見終わった。1クール・レギュラーの深夜アニメを全話観たのは実に久しぶりである。

幾原邦彦という監督は実に変なものを作るとは聞いていたが、全くその通りで、しかも、その変な世界が完璧にコントロールされているところに驚き、堪能した。そう、まさに堪能という表現がピッタリの視聴体験だった。

タイトルからして訳が分からない。ユリと熊と嵐という全く何の繋がりもないものが3つ重なった不思議。まるで落語の三題噺である。

1話、2話あたりだと、これがどう繋がって行くのか見当がつかない。それが次第に繋がって行く、いや、それどころか切っても切れない関係に染まって行く。この計算のしたたかさに舌を巻くのである。

その進行の中に、1話からばら撒かれる数々のキーワード:

「透明な嵐」とは何なのか? 「約束のキス」とは何なのか?

「私たちは初めからあなたたちが大嫌いで、初めからあなたたちが大好きだった」とはどういう意味なのか?

「あなたはスキを諦めますか? それとも人間食べますか?」

「それがセクシー、シャバダドゥ!」

「ユリ承認」

「がうがう」

絵がまた独特である。クマと言われるからクマだと思って見ているが、このクマは人間の女の子より遥かに小さいではないか。何も言われずに見たら絶対熊とは思わないだろう(笑)

我々が抱くクマのイメージは、後足で立ち上がったら人間よりはるかに大きい。そして、山中で人間を襲う。

そういうクマとのギャップの大きさ。おまけにリボンまで付けている。でも、クマはやっぱり人を食べる。それはクマリア星からの光線を浴びたためだ。

そして、人間の女の子に化けたクマがいる。結構少なくない。回が進むにつれて、ひとり、またひとりと正体を現す。

そういう基本線の上に、断絶の壁、ユリ裁判、排除の儀など、いろんな仕掛けが出てきて、ますます見ているものには訳が分からなくなる。でも、終盤それらがちゃんと繋がってくる。

基本は椿輝紅羽、百合城銀子、百合ヶ咲るるという3人の少女たちの友情の物語である。いや、そこに死んでしまった泉乃純花の存在が絡んでくる。

でも、ユリは一般にレスビアンのメタファーとして使われている。この作品でも、それを背景として踏まえた構成をしている。クマはクマだが、マリア様と合体してクマリア様という存在になる。

そして、嵐──「私たちは透明な存在でなければならない」というクラスメートたちの考えを受け入れられず浮いてしまった椿輝紅羽は、透明な嵐の中を吹き飛ばされそうになりながら歩いて行く。

話が概ね見えたところにどんでん返しがある。オープニングとエンディングのテーマも画音ともに素晴らしい。

最終回はとりわけ感動の嵐だった。この見事なトータル・コントロールを名作と言わずして何と言おうか。

見終わって心がほっこりするよ。僕は今とても満足である。がうがう。

|

« Amazon のバナーがおかしくない? | Main | 映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/61389467

Listed below are links to weblogs that reference 『ユリ熊嵐』:

« Amazon のバナーがおかしくない? | Main | 映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』 »