« コード・ブック | Main | クラウド・ファンディング事始め »

Sunday, March 08, 2015

【3月8日特記】 2000年に株の売買を始めた。銀行の金利があまりに低くなって嫌になってきたので、いっちょう株でもやってみるか、という感じだった。

と言っても、先物買いだとか空売りだとか、そういう難しそうなことは一切やっていない。財産の過半を突っ込んだりするようなこともしていない。

ただ、上がりそうな株をちょこちょこ買って時期が来たら売るだけ。たまに損切りもするし、ナンピン買いもするけど。

初年度の2000年はさすがに初心者で訳分からず、手探りの売り買いを重ねて結局損失を出した。2年目から少し利益が出て、2002年から4年間はそこそこ良い投資になった。

ところが2006年と2007年は、損こそ出さなかったがほとんど利益がなく、2008年から3年間はまた赤字。2011年は全く売らなかったので損得なし。

株の面白いのはここで、つまり、買った株を売らなければ損も得もしないということだ。もちろん株価の上下に従って含み益や含み損が出ているわけだが、そんなことは過剰に気にしないほうが良い。

つまり、そんな風におとなしくしていたほうが良い年もある、ということである。

で、2012年は久しぶりにほんの少しだけ黒字になって、一昨年と昨年はまた少しずつ売却益が出ている。

なんのこたぁない、これは僕の売買の技量を物語っているのではなく、日本の景気変動を辿っているにすぎないような気もする。が、別に落胆することもない。株価全体が上がれば利益が出て当たり前、下がれば損失が出て当たり前である。

それでも面白いのが個別の売買である。NISA という新しいルールもできて、なおさら楽しくなった。

今持っている株を明日全部売れば、そこそこの利益が出るはずだ。でも、そうはしない。

だって、これはゲームなんだもの(笑) ま、株に人生を賭けたりしていないから、そんな風に言えるんだけれど。

|

« コード・ブック | Main | クラウド・ファンディング事始め »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/61250356

Listed below are links to weblogs that reference :

« コード・ブック | Main | クラウド・ファンディング事始め »