« シェーバーの衝撃的真実 | Main | 映画『ソロモンの偽証 前篇・事件』 »

Saturday, March 28, 2015

ホテルの LAN

【3月28日特記】 久しぶりに出張に行ってきた。多分4ヶ月ぶり。

で、漸く出張用に買っておいた chromebook を持って行った。予想通り快適。

まず軽い。これならキャスターなしのバッグに入れて持って行っても良い。

そして、起動が速い。シャットダウンも速い。ちょっとした暇に(時間の心配なく)立ち上げて作業ができる。

ただ、LANケーブル用の端子がなく、ネットワークには Wi-Fi で繋ぐしかない。

それで、有線LAN を無線に変換する装置を買ってあって、出張のたびに持って行っているのだが、ホテル側がどんどん Wi-Fi化するので今回もまた使う機会がなかった。ひょっとしたら永遠に使う機会がないかも(笑) それだけが残念。

ところで、今回ホテルの部屋で使っていて驚いたことがある。

それはブラウザのタブを調子に乗って何枚も開いていたら、4枚目ぐらいから表示してくれない。「セッション数が制限を超えたので表示できない」とのアラート。

なに! そんな制限かけてるのか!

Wi-Fi 化は果たしたものの、ホテルの LAN環境はまだまだこれからである。


【3月31日追記】 ところが、会社の部下に上記の現象について訊いてみると、「Wi-Fi 側でそのような制御をするのはとても難しい」とのこと。

では、なんでそんなことが起こるのかと言うと、それは Chromebook 側で、使えるリソースがなくなることを避けるために制限をかけているのだろう、というのが彼の見立て。

ということは、つまり、この Chromebook はどこに持って行っても、ブラウザのタブは3つか4つしか開けないということか!

もし本当にそうなら、これは僕にとって最初の Chromebook の欠点ということになる。ま、気に入ってるから、それくらい良いと言えば良いのだが…。

|

« シェーバーの衝撃的真実 | Main | 映画『ソロモンの偽証 前篇・事件』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/61351940

Listed below are links to weblogs that reference ホテルの LAN:

« シェーバーの衝撃的真実 | Main | 映画『ソロモンの偽証 前篇・事件』 »