« 『ブルージャスミン』 | Main | 「キネマ旬報」2月下旬号(1) »

Saturday, February 14, 2015

映画『味園ユニバース』

【2月14日特記】 映画『味園ユニバース』を観てきた。

僕は監督が誰かを確かめる前にその映画を観ようと決めることはまずめったにないが、この映画はポスターを見た瞬間にそう決めた。

二階堂ふみの姿。そして、画面全体のこの色合い。その中に、見覚えのある「味園」の電飾看板。

僕らの年代の関西人なら、間違いなく子供の時にその老舗キャバレーの安っぽい CM を見たことがあるはずだ。そして、大人になってミナミを歩いている時に、「あ、味園って、ここにあったのか!」と驚いた経験もあるはずだ。

今はキャバレーではなく貸しホール「味園ユニバース」になっている。僕もキャバレー時代は知らないが、多目的スペースになってからイベントで一度入ったことがある。

そして、ポスターの文字列の中から監督名を探すと、これが山下敦弘である。もう何が何でも観ると、その瞬間にさらに固い決意をしたのであった。

しかし、これは物語を期待して観る映画ではなかった。最初にそのことを書いておく。でないと観に行って肩透かしを食う観客も多いだろうから。

と言いつつ、映画の始まりはその後の劇的な展開を大いに期待させる、謎に包まれたものとなっている。

大森茂雄(ただし、登場した時にはどこの誰とも分かっていない、渋谷すばる)が刑務所から出てくる。昔の仲間の出迎えを受けて、ひとりになったところで車に拉致され、殴る蹴るの暴行を受け、最後はバットで殴られる。

その結果、茂雄は記憶喪失になる。自分が何者なのかさっぱり分からない。映画は観客に対しても、この男に前科があるということ以外はほとんど何の情報も与えない。

気がついたら公園にいて、誰かがライブをしている。茂雄は自分でも何だかわからないまま、ひとりそのバンドに割り込んでいって、マイクを奪ってアカペラで和田アキ子の『古い日記』を歌う。で、歌い終わって気絶する。

渋谷すばるという人は、もちろん名前くらいは聞いたことがあったが、僕らおっさん連中にはあまり馴染みのないタレントである。で、ジャニーズだと思ってなめていたら、圧倒的な張りと力のある、高音に気持よく伸びる美声ではないか!

そう、ジャニーズ事務所にも時々いる、めちゃくちゃ歌えるタレントだったのである。ここで僕らは監督の狙い通り度肝を抜かれる。

ライブをやっていたのは赤犬というバンド。そのバンドのマネージャーである佐藤カスミ(二階堂ふみ)が、結局この、歌がうまい以外に何もない記憶喪失男を暫く引き取って同居することになる。

カスミは亡父が遺した「サウンドスタジオSATO」を経営している(自宅と一体となった建物である)。赤犬もここで練習する貸しスタジオで、立派な PA卓もあるが、カラオケボックスもあり、昼間は近所の主婦が歌いに来るようなところである。

茂雄はカスミによって「ポチ男」という名前を与えられる。そして、折しもボーカリストの怪我によって、ポチ男が赤犬の今度のライブで歌うことになる。

ところで、この赤犬というのはまさに味園ユニバースの舞台にも立っている実在の大所帯バンドで、なんと山下監督の大阪芸大の先輩たちなのだそうだ。

で、ポチ男の記憶がいつもどるか、そして、元々は何者だったのか、という謎解きに、この映画はそれほどエネルギーを注ぎ込まない。記憶は割合あっけなく戻るし、彼の過去もそれほどスリリングなものでもない。

にも拘らず、こんなに面白いのは何故だろう?と思う。

例えば、ポチ男とカスミがスイカを食べながら種を飛ばすシーンなんて、本筋には何の関係もないものなのだが、これがもう本当に山下敦弘監督らしいシーンで嬉しくなる。

大阪出身の渋谷すばるはともかくとして、沖縄出身の二階堂ふみの大阪弁がほぼ完璧なのに驚いた。彼女の口癖の「しょーむな」(しょーもな、ではなく、しょーむな、である)も、言われるシチュエーションによって見事にトーンを変えてあるのに驚く。

ミキサーをやっている時のカスミはセーラー服を着ているが、彼女は女子高生ではない。父の遺したスタジを継ぐために高校には進学しなかった、とマキコ(鈴木紗理奈)が語っている。彼女がどういう思いでそれを着ているのかは全く語られない。ただ、そういう細かいエピソードが香辛料的に効いている。

そして、終盤にとんでもないどんでん返しがある。と言うか、映画のストーリーがとんでもない飛躍を遂げる。これには驚かされる。

いや、全然ちゃんと描かれていないので、観客は勝手な想像で大きな溝を埋めるしかないのだが、これを非現実的だと白けることも可能だが、そこに何等かの、新たな、独自の解釈の余地を見出すこともできる。

で、最後はやっぱり歌である。この映画は最初から最後まで渋谷すばるの歌の魅力と、赤犬の多彩なパフォーマンスに支えられている。

脚本は三木孝浩監督の『陽だまりの彼女』で、山下監督の盟友である向井康介と共同脚本を担当した菅野友恵。

面白かった。

|

« 『ブルージャスミン』 | Main | 「キネマ旬報」2月下旬号(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『味園ユニバース』:

« 『ブルージャスミン』 | Main | 「キネマ旬報」2月下旬号(1) »