« 「キネマ旬報」2月下旬号(1) | Main | モラハラと上から目線と昔の人を考える »

Monday, February 16, 2015

「キネマ旬報」2月下旬号(2)

【2月16日特記】 さて、皆さんお待ちかねの(なわけないかw)キネマ旬報日本映画ベストテン採点表の分解と分析をやります。

キネ旬の投票は各審査員(2014年度の日本映画なら「本誌編集部」を含む59人)がそれぞれ55点を持って、1位には10点、2位には9点、3位には8点、…、9位には2点、10位には1点を投じるシステムです。

これを、1)何人の審査員が投票したか、2)投票した審査員1人あたりの点数は何点か、を調べて「得点=○人×平均△点」という形に分解してみるのです。

そうすることによって、a)それぞれの点数はそれほど高くなくても多くの審査員が投票している=広く人気のあった作品と、b)投票人数は少ないがそれぞれが高い点数をつけている=思い入れ度の高い作品を見極めようという試みです。

毎年書いていますが、統計学的には決して正しい手法ではありません。しかし、1位から10位までに限定して、大まかな傾向を見ようとするのであれば、そこそこ適当な方法ではないかと思っています。

さて、2014年度ベストテンは、

  1. そこのみにて光輝く
    314点=41人×7.66点
  2. 0.5ミリ
    222点=34人×6.53点
  3. 紙の月
    162点=26人×6.23点
  4. 野のなななのか
    134点=18人×7.44点
  5. ぼくたちの家族
    128点=23人×5.57点
  6. 小さいおうち
    107点=16人×6.69点
  7. 私の男
    97点=15人×6.47点
  8. 百円の恋
    94点=17人×5.53点
  9. 水の声を聞く
    70点=14人×5.00点
  10. ニシノユキヒコの恋と冒険
    67点=9人×7.44点
  11. 蜩ノ記
    67点=11人×6.09点

となりました。

分析する前に、2014年度の特徴としてまず言えることは、『そこのみにて光輝く』のぶっちぎり度がめちゃくちゃ高いということです。

審査員の数が毎年変動するので単純に比較はできませんが、キネ旬の日本映画第1位になる作品の得点は大体250点くらいまでです。

この10年で300点を超えたのは2007年度第1位の『それでもボクはやっていない』と2011年度第1位の『一枚のハガキ』のみです。また、例年第10位でも100点を超えていることはそれほど珍しくもないのですが、今回のように第10位が70点未満というのはこの10年で初めてのことです。

それほど『そこのみにて光輝く』に票が集中したということなのでしょう。現に投票人数は59人中41人という、例年ではありえない集中度になっています。平均点も断トツです。

さて、こういうのは上から順に見て行って、数字の並びが逆転しているところに注目すると面白いのですが、そういう見方をした時に何と言っても光っているのは『野のなななのか』と『ニシノユキヒコの恋と冒険』です。

平均点はともに7.44と、『そこのみにて光輝く』に迫る数字になっており、この2本の映画が、いかに特定の人たちの心に深く刺さったかが解ります。

とりわけ、『ニシノユキヒコの恋と冒険』はたった9人が点を入れただけで第10位タイに入ったわけで、如何に思い入れ度の強い映画であったか、ということです。

その次に思い入れ度の高かった映画は『小さいおうち』、逆に投票人数が多く、一般受けしたと言える映画は『0.5ミリ』、『紙の月』、『僕たちの家族』です。

どうです? 結構面白いでしょ、こういう分析手法。また来年もやりたいと思います。

|

« 「キネマ旬報」2月下旬号(1) | Main | モラハラと上から目線と昔の人を考える »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「キネマ旬報」2月下旬号(2):

« 「キネマ旬報」2月下旬号(1) | Main | モラハラと上から目線と昔の人を考える »