« 1/24サイト更新情報 | Main | 冬の布団 »

Sunday, January 25, 2015

Play Log File on my Walkman #102

【1月25日特記】 今年になって初めてのプレイログ。僕が Network Walkman で聴いた曲からランダムに10曲ずつ紹介しています。

  1. 甘い出来事(小川みき)
  2. Beautiful Life(Goose house)
  3. 大地の糧(Voice )
  4. アポロ(ポルノグラフィティ)
  5. 君は僕だ(前田敦子)
  6. デスコ(女王蜂)
  7. セーラー服と機関銃(UA)
  8. YAH YAH YAH(CHAGE & ASKA)
  9. 大きな玉ねぎの下で(爆風スランプ)
  10. 月にハートを返してもらいに(鈴木慶一)

1)は僕が愛してやまない小川みきの3枚目のシングル。筒美京平作品のライトなポップス。1973年ごろかな? ややインパクトに欠けるので、売れなかったのもむべなるかなではあるが、僕は好き。うん、まあ、小川みきなら何でも好きではあるのだけれど(笑)

2)も僕が愛してやまない(まあ、僕の Walkman に入っているのは愛してやまない曲ばかりなのだがw)Goose House の2012年の作品。このユニットは YouTube にたくさん上がっているカバー作品のほうが注目を浴びるのだが、オリジナルでもこんな良曲がある。

カバーにしてもオリジナルにしても、やっぱりコーラスの妙が売りだ。

3)は MOONRIDERS の鈴木慶一が主宰していた水族館レーベルの新人発掘シリーズの第1弾として発表されたLP『陽気な若き水族館員たち』(1983年)の4曲目。

テーマと言い、曲想と言い、日本のフォークやロックの潮流に混じらないこのオリジナリティと、何だか解らない闇雲なエネルギーは素晴らしい。

4)は初めて聴いた時はぶっ飛んだ。何と言っても「僕らが生まれてくるずっとずっと前にはもうアポロ11号は月に行ってたっていうのに」という歌詞である。リアルタイムで月面遊歩を見た世代にとっては、これはものすごいショックである。

しかも、この歌詞にうっすらと世代間ギャップと文明批評を織り込んであり、最終的にはきっちり愛の歌になっているところがすごい。1999年のデビュー作。今度はそろそろ彼らが追われる番である。

5)は2012年の前田敦子ソロ2作目。「君は僕だ」という秋元康のフレーズの冴えが全てだと言っても良い。これをまた女の子に歌わせるところが粋である。そして、2番ではこれが「君は君だ」に転ずるのである。なんとも巧い。

打ち込みのドラムスがちょっとうるさいけれど、うまく音の流れを作った良いアレンジだと思う。

6)は、これが一体何なのか全然知らずにずっと聴いているのだが、2011年の『モテキ的音楽のススメ映画盤』に入っていた曲。これ、ジャンルとしては何と言えば良いのだろう? 裏声が気持ち悪くてドライブ感のある変態的な曲(笑)

7)は薬師丸ひろ子のオリジナルではなく、2010年の UA のカバー・アルバム『KABA』に収められていたもの。

僕はこの曲を聴くたび、編曲という作業の奥深さに酔いしれてしまう。コードというものはこれほど多用な割り当て方ができるのか! 調性が分からなくなるのである。でも、そこが気持ち良い。知らない人は是非一度聴いてみてほしい。

8)は執行猶予付きの判決が出たので聴いてみた、というのではなく(笑)、たまたま出てきた。1993年のビッグ・ヒット。

何があっても、やっぱり ASKA というソングライターは天才である。「殴りに行こうか」という歌詞、この発想も秀逸である。音楽にここまで発散/昇華できていた時には、きっと薬物なんか必要じゃなかったのではないかな。

9)は1989年の爆風スランプ15枚目のシングルだが、なんと文通による男女交際の思い出を歌った歌だ。僕自信は実際に文通をしたことはないが、これは僕ら世代の歌である。涙ちょちょ切れるのである。

知らない人のために書いておくと、「大きな玉ねぎ」というのは九段の日本武道館の屋根のてっぺんの装飾を指したものである。文通相手に武道館でのコンサート・チケットを送ったのだが、開演近くなっても彼女は現れない。結局最後までひとりぼっちでうなだれて九段下の駅まで歩く。

分かるよなあ、若い失恋の惨めな敗北感。それをサンプラザ中野が朗々と歌うバラード巨編である。

10)は鈴木慶一の1991年のソロアルバム『SUZUKI白書』から。このアルバムに収められているのは、9)と打って変わって中年の情けなさみたいな情感である。詞も曲も編曲も K1さんが手がけている。

いろんな国のいろんな音楽の要素が渾然一体となった見事なアレンジによる、しかし、これぞロックと言える作品。こちらも泣けてくる。

今回は以上10曲。

|

« 1/24サイト更新情報 | Main | 冬の布団 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Play Log File on my Walkman #102:

« 1/24サイト更新情報 | Main | 冬の布団 »