« 元に戻るようで戻らない話(いや、逆か?) | Main | 1/24サイト更新情報 »

Thursday, January 22, 2015

MEG-CD(その2)

【1月22日追記】 1/18 の記事に書いた東京キッドブラザースのCD『かれが殺した驢馬』が届いた。サークルKサンクスオンラインの中にある MEG-CD という廃盤復刻サイトで買って、近所のサークルKサンクスまで取りに行く。

サンクスのレジに行って「オンラインで頼んだ商品を取りに来た」と告げたのだが、言われた若い男性店員はおろおろ。やがて、先輩らしき女性店員に聞いて、「じゃあ、ここに受付番号を打ち込んで下さい」とレジ横のディスプレイを指差す。

で、13桁の受付番号を打ち込もうとしたら、表示部分が11桁しかない。なんじゃこりゃ?と思いながら、でも表示スペースが小さいだけで、打ち込んだ数字はちゃんと受け付けてくれたかも、と思ったが、結果はブーッというエラー音。

「あれ? 11桁ですか?」
「いいえ、13桁ですけど」
「13桁なら、奥のカルワザクラブの機械に打ち込んで下さい」

って、先に言えよな!

ま、ともかく奥の機械では無事に打ち込めて、出てきたレシート状の紙を渡すと、引き換えに商品を渡されて、受け取りのサインをさせられて完了。

家に帰ってパッケージを開けると、そうそう、このジャケット・デザイン(Amazon のジャケ写は間違っている)。確かニジンスキーだったっけ?と昔の記憶が一つひとつ戻ってくる。

東京キッドブラザースのミュージカルの、言わばサントラ盤だ。全13曲。うち歌詞が付いているのが11曲。そのうちの8曲を吉田拓郎が書いている。『伽草子』で拓郎に詞を提供した白石ありすなどが詞を書いている。

残り3曲が小椋佳の作曲。歌詞のないテーマ曲2つがいしだかつのり。

今聴き始めたのだけれど、懐かしいのなんの! で、これ、掘り出し物の良い曲揃いである。

で、実際手にするまで一人の名前も思い出さなかったのだが、ソロで歌ってる東京キッドのメンバーは三浦浩一とかテレサ野田とか。ひえー、いたね、そんな人、って感じ。あ、それから柴田恭兵もいる!

でまた、聴けば聴くほどこれは全盛期の拓郎節である。IV→IVm の特徴的なコード進行。いやあ、参った。本当に参った。

これ、拓郎マニアなら必携の名盤である。どの曲も歌は下手だけど(笑)

|

« 元に戻るようで戻らない話(いや、逆か?) | Main | 1/24サイト更新情報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/61015505

Listed below are links to weblogs that reference MEG-CD(その2):

« 元に戻るようで戻らない話(いや、逆か?) | Main | 1/24サイト更新情報 »