« December 2014 | Main | February 2015 »

Saturday, January 31, 2015

映画『マエストロ!』

【1月31日特記】 映画『マエストロ!』を観てきた。西田敏行は好きではないのだが、監督の小林聖太郎と脚本の奥寺佐渡子に魅かれて。

僕は「親の七光り」的なものが大嫌いで、小林聖太郎についても有名人の息子であると聞いた途端に反感を覚えたのだが、映画『毎日かあさん』とTVシリーズ『深夜食堂2』のうちの3話を観て認識を改めた。

奥寺佐渡子については言うまでもない。最近少し書きすぎている嫌いがあるので心配しているのだが、とにかく「人間が書ける」人である。

さそうあきらの原作漫画については全く知らなかったのだが、この人の作品を原作とする映画は2本見ている。ともに萩生田宏治監督による『神童』と『コドモのコドモ』である。『神童』もクラシック音楽を扱った作品だった。

クラシックに造詣が深い人がこの映画を観たらどう思うのかは分からない。多分僕が観るよりも粗が目立ってしまのだろう。素人である俳優が演奏し、指揮棒を振る真似をするわけだから、多少嘘っぽいところが出ても仕方がない。

しかし、この映画ではどれだけ俳優たちが練習したかが素人の目にも明らかで、嘘っぽいところは極めて少ないはずだ。

こういう展開の話は、アメリカ映画の、特にスポーツ物によくある。

規格外れの選手ばっかりが集まっている、万年最下位のポンコツ・フットボール・チームに、不思議な魅力のあるコーチがやって来て、チームを立て直し、とうとうプレーオフに出場するところまで来た、みたいな話。

この映画はそのチームを交響楽団に、コーチをマエストロに置き換えたものだ。

しかし、これを音楽でやるのは並大抵ではない。スポーツのファイン・プレーは誰の目にも鮮やかに描き切ることができる。しかし、音の素晴らしさを映像でどう表現するのか?

しかも、この映画の中では「音ではない音」などというよく分からないものまで扱っている。

この途轍もなく難しい試みを、しかし、この映画は見事にやってのけている。脱帽である。

Continue reading "映画『マエストロ!』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, January 30, 2015

映画『さよなら歌舞伎町』

【1月30日特記】 午後から半休を取って映画『さよなら歌舞伎町』を観てきた。ああ、昔の廣木隆一が帰ってきた! こういうのこそが廣木監督が撮りたい映画なのだろうな、と思った。

別にこのところ廣木隆一は金のために気の向かない映画ばかりを撮り続けてきたなどと言うつもりはない。とは言え、あまり廣木らしからぬ原作モノや時代劇まで請われて撮ってきたのも事実である。

それに対して今回の企画は製作委員会のオファーを受けたものではない。しかも、『ヴァイブレータ』や『やわらかい生活』で廣木監督と組んできた荒井晴彦のオリジナル脚本である。

冒頭のシーンで、朝から沙耶(前田敦子)が部屋の中で小声でギターの弾き語りをしている。その曲がなんと下田逸郎の『ラブホテル』ではないか!(ぱっと聞いてそこまで分かる人は少ないとは思うが)。

まあ、映画のテーマには合った曲だが、なんでまたそんな古い歌を、と思っていると、沙耶の同棲相手の徹(染谷将太)がベッドの中から寝ぼけ眼でその歌詞にツッコミを入れる──「今どき『回るベッド』なんてねーよ」。

徹との関係がちょっと停滞気味で、最近セックスレスになっている沙耶は気が気でない。「なんでそんなこと知ってるの? 誰かと行ったの?」と。

しかし、徹は最近誰かと行ったから知っているのではない。沙耶にはお台場の一流ホテルに務めていると偽っているが、実は彼は歌舞伎町にあるラブホテルの若き店長なのである。

──という風に、ものすごく滑らかに繋がって行く、本当によく練れた脚本なのである。ことほどさようにしっかりと編み込まれた作品である。映画を見終わってから気づいた点もたくさんある。

廣木隆一にとっては初めての群像劇なのだそうだ。

Continue reading "映画『さよなら歌舞伎町』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, January 29, 2015

映画鑑賞休止中

【1月29日特記】 最近、妻の病気などもあって、映画を観る暇がうまく見つけられない。

このブログでは多分映画記事を読みに来てくれている読者の方が一番多いだろうから、ページビューも落ちているんだろうなと思う(確かめていないけど)。

今日も実はネットでチケットを押さえていたのだが、いろいろあって観に行けなかった。何にもせずにお金を棄てているわけだが、最近こういうことが多い。この1年間で何回目だろう?

Continue reading "映画鑑賞休止中"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Tuesday, January 27, 2015

冬の布団

【1月27日追記】 皆さんは羽毛布団使っておられますか? もし、使っておられるなら、羽毛布団と毛布はどういう順番で被せていますか?

僕は羽毛布団が下で毛布が上です。肌に直接(と言うか、パジャマに直接)当たっているのは羽毛布団で、その上に毛布が載っています。

妻はそれを嫌がります。「お布団に入った時にひんやりするから」と。

ウールの布団カバーでも掛けない限り、それは確かにそうなので、それが嫌なら毛布の上に羽毛布団を被せるしかありません。

でも、僕の体験(と言うか、体感温度)としては、羽毛布団の上に毛布のほうが圧倒的に温かいのです。それは羽毛布団の保温力を活かす方法なのではないでしょうか。体温が直接羽毛布団に伝わるのが良いのではないかと思います。

Continue reading "冬の布団"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Sunday, January 25, 2015

Play Log File on my Walkman #102

【1月25日特記】 今年になって初めてのプレイログ。僕が Network Walkman で聴いた曲からランダムに10曲ずつ紹介しています。

  1. 甘い出来事(小川みき)
  2. Beautiful Life(Goose house)
  3. 大地の糧(Voice )
  4. アポロ(ポルノグラフィティ)
  5. 君は僕だ(前田敦子)
  6. デスコ(女王蜂)
  7. セーラー服と機関銃(UA)
  8. YAH YAH YAH(CHAGE & ASKA)
  9. 大きな玉ねぎの下で(爆風スランプ)
  10. 月にハートを返してもらいに(鈴木慶一)

Continue reading "Play Log File on my Walkman #102"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, January 24, 2015

1/24サイト更新情報

【1月24日特記】 いつもよりタイミングが遅くなってしまいましたが、サイトを更新しましたのでお知らせします(このブログではなく、併設している私のHPの更新案内です)。

新ネタはいつものことばのエッセイ1編のみですが、前々回から過去の読書コラムに、このブログに掲載した書評へのリンクを張る作業をしています。今回は村上春樹についてのページから張ってみました。

なお、今回のことばのエッセイでは、私が勝手に「単機能単語」と名づけているものについて書いています。

という訳で、今回の更新は下記の通り:

Continue reading "1/24サイト更新情報"

| | TrackBack (0)

Thursday, January 22, 2015

MEG-CD(その2)

【1月22日追記】 1/18 の記事に書いた東京キッドブラザースのCD『かれが殺した驢馬』が届いた。サークルKサンクスオンラインの中にある MEG-CD という廃盤復刻サイトで買って、近所のサークルKサンクスまで取りに行く。

サンクスのレジに行って「オンラインで頼んだ商品を取りに来た」と告げたのだが、言われた若い男性店員はおろおろ。やがて、先輩らしき女性店員に聞いて、「じゃあ、ここに受付番号を打ち込んで下さい」とレジ横のディスプレイを指差す。

で、13桁の受付番号を打ち込もうとしたら、表示部分が11桁しかない。なんじゃこりゃ?と思いながら、でも表示スペースが小さいだけで、打ち込んだ数字はちゃんと受け付けてくれたかも、と思ったが、結果はブーッというエラー音。

「あれ? 11桁ですか?」
「いいえ、13桁ですけど」
「13桁なら、奥のカルワザクラブの機械に打ち込んで下さい」

って、先に言えよな!

ま、ともかく奥の機械では無事に打ち込めて、出てきたレシート状の紙を渡すと、引き換えに商品を渡されて、受け取りのサインをさせられて完了。

Continue reading "MEG-CD(その2)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, January 21, 2015

元に戻るようで戻らない話(いや、逆か?)

【1月21日特記】 昨夜は某新聞社の方々との酒席だったのだが、新聞とテレビ/ラジオとメディアの違いはあれ、お互いに似たようなことで悩んでいるんだなあと驚いた。

その中のひとつが、言わば世代間ギャップみたいな問題、要するに「最近の若い奴が理解できない。あいつらはどっかおかしい」というような話である。

以前何かで読んだ話では、「どうも最近の若い奴は…」という表現は古代ギリシャだか古代ローマだか(どっちだか忘れてしまったw)の頃の文献に既に現れているそうで、もしそれが連綿と続いているのだとしたら、世界はどんどん悪くなっているということだ。

しかし、確かに王朝や帝国は何度も滅びてはいるものの、世界自体が滅びたという話は聞いたことがない(まあ、聞いたことがないからこそ僕が生きているのだがw)。

仮に世界がどんどん悪くなって何度も滅びているわけではないのだとしたら、それは何故か?

考えられることのひとつは、若い頃にはとんでもなかった奴が年を取るにつれてまともになってくるということである。

つまり、40代から見た20代はひどかったとしても、その20代が40代になった頃には20年前の40代と同じくらいまともになっていて、その40代からしたら20代はどうしようもないように見えるのだが、その20代が40代になると…というのを繰り返しているという仮説である。

Continue reading "元に戻るようで戻らない話(いや、逆か?)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, January 18, 2015

MEG-CD

【1月18日特記】 良いサイトを見つけた。家の近所のサンクスがカードを発行したので会員になって、そのページをうろうろしていたら辿り着いた。

MEG-CD というサイトである。「あの名曲がオリジナルデザインで蘇る」と銘打ってある。音源だけでなくジャケットまで復刻するのがミソのようだ。

多分大したことないだろうと思いながら一応見てみると、おかわりシスターズの4枚のシングルが全部揃っているし(まあ、これは全部持っているから良いのだが)、うめまつりの『北山杉』とか、ゴールデン・ハーフの『チョット・マッテ・クダサイ』とか、他にも倉橋ルイ子や Shi-Shonen など、結構とんでもないものがある。

でも、買うほどのものはないか、と思いながらリストを虱潰しにしていると、あった!あった!あった!

かつてレコード盤で持っていて、もう決して手に入ることはないだろうととっくに諦めていた、東京キッドブラザースの『かれが殺した驢馬』である。

もう記憶もおぼろげなのだが、全曲だったか大部分だったか定かでないが、吉田拓郎が複数曲を提供しているアルバムだ。

Continue reading "MEG-CD"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Saturday, January 17, 2015

機械の賢さ

【1月17日特記】 このところ妻の看病ばかりしてきたのだが、だいぶ良くなってきて、そこで初めて気づいたことがある。

妻の額や首筋を触ってみると明らかに熱も下がってきていて、「ああ、良かったね」と言って、念のために体温を測るとまだ37.7度もある。これはどうもおかしい。

ご存じの通り、電子体温計というのは実際の体温を測っているのではない。

いや、もちろん最初は実際の体温を計測するのだが、その上がり方のカーブから最終的な体温を予測しているに過ぎない。だからこそ、あんな短時間で結果が出るのである。

そういうわけだから、体温計の液晶部分を見ていると、最初は35.3→35.5→35.8などと割合細かく上がって行くのだが、途中から突然36.5→37.5などと急上昇するのである。

この部分が「予測」によって飛ばされているのだと思う。そして、最後にまたちょっと下がったところでピッと鳴る。最後に下がるのは微調整なのか?

測りなおしてもやっぱり37度台後半なので、納得できなくて、昔の水銀体温計を探し出してきた。

で、測ってみると37.0度。

どっちが正しいのだ? 僕の体感としては水銀が正しい気がする。水銀のほうは3分かけてじっくり測ってくれているので、そっちのほうが信用できる気もする。

Continue reading "機械の賢さ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, January 16, 2015

在宅勤務

【1月15日特記】 今日は妻が風邪をこじらせ肺炎になり、あわや入院という事態になったので会社を休んだ(結局入院は免れ、薬が効いて次第に症状も治まってきた)。

それで家で少し会社のデスクワークをこなした。

労働組合的観点からすれば、「何をサービス残業しているのか」となるところだが、悲しいかな残業の付かない管理職であるし、少し持ち帰ってやっておかないと、明日以降がしんどくなるのである。

思えば非常に便利な世の中になった。

昔は「今日少しでもやっておかないと、明日からしんどくなる」と思うとどうしたか?──今日が休日であれ有給休暇を取っているのであれ、ともかく出社した。それしか方法がなかったのである。

Continue reading "在宅勤務"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, January 13, 2015

立腹の一場面

【1月13日特記】 昨日テレビドラマを観ていたら、ある登場人物が「私がどれだけ心配したか解らないの!」と言って怒るシーンがあった。

思えば僕はこんな風には怒らなくなった。裏返せば、昔はよくこんな風に腹を立てていたけどな、ということでもあるが。

どうしてなんだろ? 決して怒らなくなったわけではない。ただ、こういうシチュエーションでこういう怒り方はしなくなってきた。それは、カッコ良く言ってしまうと、年を取って落ち着いてきたということになるのかもしれない。

考えてみれば、この怒っている人の精神構造は不思議なのである。

この人の怒りの中心は、「あなたは何故私の気持ちを理解しないのか?」ということであり、「(私がこれだけ思っているのに)あなたが何を考えているのか分からない」という腹立たしさでもある。

しかし、それを逆から辿ると、私自身はあなたが何を感じ、何を考えているか分からないのに、それを棚に上げて、私が何を感じ何を考えているかをあなたが分からないことに腹を立てているのである。

これは良くない。そう、僕は年を取って、「これは良くないぞ」と思い直せるようになったということだ。

Continue reading "立腹の一場面"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, January 12, 2015

ドラマW『埋もれる』

【1月12日特記】 去年の11月に録画したまま放ったらかしてあったドラマW『埋もれる』を昨日漸く観た。これは第6回WOWOWシナリオ大賞を受賞した香坂隆史の脚本作品である。

さて、何に埋もれるのかと言えばゴミである。ゴミ屋敷の大量のゴミ。

ある地方都市の、「頭がおかしい」と言われている老婆(緑魔子)が独りで住んでいるゴミ屋敷。近所から苦情が絶えず、市役所も手を焼いている。何故彼女はゴミを貯めるのか?

というような話なのだが、そこに行き着くまでに別の長い話がある。

主人公は一部上場の食品会社に勤務する北見(桐谷健太)。彼の内部告発によって食品の偽装が暴かれるが、会社は体よくトカゲの尻尾切りで北見の部下を懲戒免職にし、北見については一応円満退社の形で辞めさせる。

北見は英雄気取りの馬鹿者扱いされ、みんなに憎まれて、妻とも離婚する破目に。娘も妻に奪われて、ひとり故郷に戻り、市役所の非常勤職員の職を得る。そして、その町にあったのがゴミ屋敷である。

そこで、北見は中学時代の元同級生2人に再会する。ひとりは職場の上司である加藤係長(水橋研二)、もうひとりは北見の初恋の人で、卒業式の日に告白したが振られてしまった浅尾葉子(国仲涼子)である。

北見は新しい職場に行ってもやはり以前と同じ正義感を捨てられない。しかし、市役所の連中は黒い噂のある市長(大友康平)の言いなりで、明らかに市長と業者の癒着に加担している。

だから、係長の加藤とぶつかり合うことになる。そして、理解してくれると思った葉子にもなじられてしまう。

物語はそういう人間模様の中から北見の成長を描くものかと思っていたのだが、あるところから突然サスペンスっぽくなってくる。と言うか、これはサスペンスだったのである。

Continue reading "ドラマW『埋もれる』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, January 11, 2015

『たったひとつの「真実」なんてない』森達也(書評)

【1月11日特記】 この本はとても良い本である。僕はメディア・リテラシーの本は何冊も読んできたが、これほど明快で解りやすく訴えてくる本はない。何が解りやすかというと、世界は複雑であるということである。

僕もこのブログやHPに何度か書いたと思うが、今の世の中、ともかく物事を単純化しようとする風潮がとても強い。「要するにこういうことだろ?」と複雑な要素を切り捨てて切り捨てて、最後に単純な一文にまとめることが理解することだという勘違いがある。

それは裏返すならば、世界が人々の手に負えないほど複雑になったということの証拠なのだ。

でも、本当は、そういう複雑なものを分解して分析し、さらにそれを元の形に再構築した上で、複雑なものを複雑なまま全体像として捉えるのが、知性というものの働きであるはずである。

僕のこの論と同じようなことを、森達也は「複雑」ではなく「多面体」という言葉で表している。「事実はひとつじゃない。世界は無限に多面体だ」(180ページ)

ヤラセと演出のあいだには、とても曖昧で微妙な領域がある。そんなに単純な問題じゃない。でも報道したりドキュメンタリーを撮ったりする側についてひとつだけ言えることは、自分が現場で感じとった真実は、絶対に曲げてはならないということだ。そして同時に、この真実はあくまでも自分の真実なのだと意識することも大切だ。同じ現場にいたとしても、感じることは人によって違う。

つまり胸を張らないこと。負い目を持つこと。(181ページ)

Continue reading "『たったひとつの「真実」なんてない』森達也(書評)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, January 10, 2015

映画『百円の恋』

【1月10日特記】 映画『百円の恋』を観てきた。1つ前の記事に書いた通り、昨年度のキネ旬ベストテンの第8位の作品。

関西での公開は年明けになったから仕方がないのだが、見る前にキネ旬の順位を知らされるのはあまり嬉しくない(笑) 不要な先入観を持つからね。でも、見終わったらやっぱりベストテンに相応しい映画だった。

ところで、梅田ガーデンシネマが閉館して何になったのかと思っていたら、同じビルに入っていたシネ・リーブル梅田が2フロアになっていたとは知らなかった。今日はその劇場4で観たのだが、8割の入り。

あらすじを書いて紹介しようとすると元も子もなくなるような映画である。

主人公は斎藤一子(安藤サクラ)、32歳。親のすねかじってひきこもり、出戻りの妹の息子(小学生)と日がな一日テレビゲームをするニート生活。深夜のジャンクフードが祟ってぶよぶよの体。

そんな自堕落な暮らしぶりを許せない妹・二三子(早織)とつかみ合いの喧嘩になり、仕方なく生まれて初めて実家を出て一人暮らしを始める。

親の金でとりあえずボロ・アパートに新居を構え、ジャンクフード買ってたコンビニに願書出したら深夜勤務で採用された。

その一子が毎日通る道沿いにボクシング・ジムがある。最初はそこでストイックに練習に打ち込むボクサー狩野祐二(新井浩文)に惹かれる。祐二は「断られなさそうな気がしたから」と一子をデートに誘う。そして、なしくずし的につきあいはじめる。

やがて2人は別れる。祐二は年齢制限に引っ掛かって引退する。しかし、そこから一子はボクシングに惹かれて行く。祐二が辞めたジムに通い始め、真面目に練習を積み、体を絞り、プロテストを受け、試合に出る。

それだけの話だ。しかし、そんな平板なあらすじでこれだけ観客を引っ張って行けるのは、ひとえに一人ひとりの人物造形が見事だからだ。

Continue reading "映画『百円の恋』"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Friday, January 09, 2015

キネマ旬報ベストテン

【1月8日特記】 2014年度キネマ旬報ベストテンが発表されましたので、例年通り僕が年末に書いた「キネマ旬報ベストテン20位以内に入ってほしい邦画10本」と見比べてみます。

毎年のことですが念のために書いておくと、僕が選んだのは「10位以内」ではなく「20位以内」に「入るだろう」ではなく「入ってほしい」10本です。

何はともあれ、発表されたキネ旬ベストテンを見てみましょう。

  1. そこのみにて光輝く
  2. 0.5ミリ
  3. 紙の月
  4. 野のなななのか
  5. ぼくたちの家族
  6. 小さいおうち
  7. 私の男
  8. 百円の恋
  9. 水の声を聞く
  10. (同点2作品)ニシノユキヒコの恋と冒険/蜩ノ記

Continue reading "キネマ旬報ベストテン"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, January 07, 2015

Amazon 今昔

【1月7日特記】 先日、Amazon のページを開いたら、「最近ご覧になった商品およびお客様へのおすすめ商品」のところにお風呂の栓が7個並んでいた(笑)

はいはい、確かに Amazon でお風呂の栓を探しましたよ。いや、正確に言うと、お風呂の栓のチェーンが切れたので、それを物色したのである。

でも、いきなり Amazon で検索したのではない。Google で検索したら、上位に Amazon があったというだけのことである。

ことほどさように Amazon は品揃えを広げてきたということだ。確かに、最近の自分の例で言えば、ウクレレのペグ交換のためにテーパーリーマーという工具を買ったのも Amazon だった。

しかし、僕自身これほどいろんなものを Amazon で買うようになったのは、ここ数年のことである。昔は結構抵抗があって、それほど使ってはいなかった記憶がある。

Continue reading "Amazon 今昔"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, January 06, 2015

死後のブログ(3)

【1月6日特記】 今日の朝日新聞の朝刊(と言っても Web刊で読んだので朝刊も夕刊もないのだが)に「死後のネット消去、悩み」という小見出しの記事があった。

その件については以前僕も書いている(「死後のブログ」)ので、あ、やっぱり同じことを考えている人がいるのか、と思ったのだが、読んでみたら全然違っていて驚いた。

僕は「自分の死後、暫くコンテンツを削除しない猶予がほしい」と書いたのだが、この記事で取り上げられている人が考えているのは「誰かにデータを消してもらいたい」という、僕とは正反対のことである。

僕にはことさら消してほしいコンテンツはない。と言うか、消してほしいようなものなら最初からネットには上げない。

もちろん、僅かとは言えネット上の資源を自分が死した後まで占めているのも申し訳ないという思いはある。だけど、だからと言ってすぐに消さなくても良いのでは、と思うのである。

こんな文章でも読んで楽しんでくれたり役に立ててくれたりする人がいるかもしれないから。そしてそれは、僕が愛読しているサイトが、管理人が死んだからといって突然消去されたら哀しいという思いの裏返しでもある。

だから、暫くの猶予を設ける社会制度ができないものか、というのが僕の趣旨だった。

Continue reading "死後のブログ(3)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, January 05, 2015

1/5サイト更新情報

【11月5日特記】 サイトを更新しましたのでお知らせします(このブログではなく、併設している私のHPの更新案内です)。

今回は久しぶりにレギュラーのことばのエッセイ1編のみになってしまいました。しかも、書いている私以外にはあまり面白くないかも(笑)

ま、とりあえず、今回の更新は下記の通り:

Continue reading "1/5サイト更新情報"

| | TrackBack (0)

Sunday, January 04, 2015

トラックバックのゆくえ

【1月4日特記】 トラックバックが少なくなった。トラックバックされるほうも少なくなったが、僕がほかのブログからトラックバックすることも少なくなった。

一番大きな理由は、かつては映画の記事などでよく TB し合ったブログが次々と閉鎖したり更新を止めたりしていること、つまり、仲間がいなくなったということである。

でも、それだけではない。トラックバックするのは若干面倒くさい作業であるということも大きな理由だろう。

Continue reading "トラックバックのゆくえ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, January 02, 2015

メッセージ

【1月2日特記】 桑田佳祐の『紅白』での“快挙”を耳にして、残念ながらそのシーンは観ていないので、仕方なく同じ『ピースとハイライト』の公開されている過去映像を観て、どんな感じであったか想像するしかなかったのだが、その歌詞を噛み締めながらふと思った。

音楽はいつからメッセージであることをやめたのだろう?

僕らがミュージック・シーンに登場したころ、音楽は紛れもなく“メッセージ”だった。いつから“癒やし”などというものに身をやつしてしまったのだろう?

Continue reading "メッセージ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, January 01, 2015

珍しい日

【1月1日特記】 雪が降った。我が家の辺りではこの冬初めて。1月1日に初雪というのは珍しくないのだろうか?

雪は、僕と妻が初詣から家の前まで帰ってきた頃に降り始め、家の中に入った途端に猛烈に勢いを増した。こんな風にタイミングよく風雪を免れたのは珍しくないだろうか? お参りしていた間は青空だったのに。

Continue reading "珍しい日"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2014 | Main | February 2015 »