« 受像機の中のひきこもり | Main | パソコンの愉しみ »

Sunday, December 14, 2014

映画『アオハライド』

【12月14日特記】 映画『アオハライド』を観てきた。930万部突破のベストセラー・コミックスの映画化である。

監督は青春恋愛モノを撮らせたらこの人の右に出る者はいないと言っても過言ではない三木孝浩。この映画も絶品の仕上がりである。

前作『ホットロード』ではちょっとよじれてしまった感もあったが、今回は『陽だまりの彼女』に近い出来である。『陽だまり』のようなストーリー上の仕掛けがない分、インパクトは小さいかもしれないが、丹念に描かれた青春像には心打たれるものがある。

スタッフとしては『僕等がいた』チームの再結成なのだそうで、脚本は吉田智子、カメラは山田康介が務めている。

高2の春、吉岡双葉(本田翼)の前に田中洸(東出昌大)は転校生として4年ぶりに姿を現す。

中1の時、お互いに思いを通わせていながら、夏祭りの日に「7時、三角公園、時計の所」という約束をすっぽかして、そのまま姿を消して以来である。

中学時代はあんなに明るくて、思いやりがあった洸が、何だかつっけんどんで、常に斜に構えている。おまけに両親が離婚したとかで、苗字まで変わり、今は「馬渕」だと言う。

「俺の中に昔の俺を探すのはやめてくれ」とも言う。

双葉は真面目でまっすぐでエネルギー全開の女の子である。そういう態度がウザいと思われて嫌われることがあるのもよく解る。中学時代にハブられていたことがあり、最初はまた嫌われるのを怖れて友だちに調子を合わせていたが、でも、途中からやっぱり一直線に走りだす。

そんな2人をクラスメートの小湊(吉沢亮)、修子(新川優愛)、悠里(藤本泉)が囲む。最初は同じクラスの“リーダー”として、そして、それをきっかけとして、真の友情を育んだ友だちとして。

そう、悠里と双葉は洸を巡る恋敵の関係であっのに、やがてそれを乗り越える。小湊の修子に対する思いは遂げられないが、友情と信頼は深まって行く。

このキャストが実に良いのである。本田翼の何と可愛いこと! 東出昌大の何とカッコイイこと!

それがまさに三木孝浩監督の手腕なのである。演技指導だけではない。カメラが何故上から撮っているのか、下から撮っているのか、一つひとつに理由があって、本当に心に染みる構図になっている。

東出と本田の身長差も見事に活かしきっている。

そして、特に修子を演じた新川優愛が素晴らしい。久しぶりに目で演技ができる若手女優を見た。

この5人の中では恋の鞘当て的な要素はない。それをもたらすのは双葉に恋する優等生・菊地(千葉雄大)と、洸の“空白の4年間”を知っている唯(高畑充希)である。

この2人も見事に嵌っている。特に双葉から洸を奪って彼を昔に引き戻してしまう女を演じた高畑充希が、『女子ーズ』とは180度違う強烈な印象を残してくれた。

クライマックスの非常にあざといシーン(あんなことがあったら一生忘れないだろうなw)を含めて、丹精込めた、本当に綺麗な画作りをしている。

双葉が洸に「他人の領域に踏み込まないでくれ」などとひどいことを言われた2ショットの、次のシーンでは立ち尽くす双葉と歩き去って行く洸の距離が4~5m開いている。

あの短時間ではそこまで歩けないはずだ。それは2人の心の距離感の演出なのである。

オープニングで双葉が学校に向かって走る。青春映画のクライマックスで主人公が走るのは常套的な展開だが、この映画は冒頭から走っている。別に走らなければ遅刻するという設定ではない。

なのに双葉は登校する同級生を縫うように走り抜ける。そして、そのシーンがお祭りの日、4年前の穴埋めにと誘った洸の許へ、浴衣の双葉がやはり繰り出した人々を縫うように走る形で再現する。

そして、クライマックスでは当然また走る。朝日のシーンも2度出て来る。原作の構図をそのまま再現したらしいシーンもある。

そんな風に展開と構図は本当に緻密に練られている。

が、それだけではない。

学校の渡り廊下で話すシーンでは、遠く(多分グラウンドや体育館の窓や中庭)から聞こえてくる部活の音や声がノイズとして入っている。文化祭の喧騒を逃れて教室に戻った時も、うっすらとその喧騒がバックにあしらわれている。

こういう音を重ねてくれることで、僕らの青春は一気に蘇ってくるのである。とても良い仕事である。

僕は正直言って、洸の屈折にはあまり共感が湧かない。しかし、共感できないのが他者という存在の特徴なのであり、その他者と折り合いをつけて行くことこそが人生の仕事なのである。そのことはしっかりと伝わって来る。

「わからないけど、心からわかりたいという気持ちじゃダメ?」という台詞が刺さるではないか。原作からそのまま取ってきたものも含めて、ずしんと響く台詞がたくさんある。

とても良い映画だった。

スタッフ/キャストのロールの後に、短いシーンがあるので、席を立たないように。

|

« 受像機の中のひきこもり | Main | パソコンの愉しみ »

Comments

昨年度日本インターネット映画大賞に投票頂きましてありがとうございます。今年は20日より投票を開始しました。一部改正しましたので概要(http://bit.ly/1x6OlzL)を読んで頂きまして締切の1月22日までに投票のほどよろしくお願い致します。

Posted by: 日本インターネット運営委員会 | Friday, December 26, 2014 00:35

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『アオハライド』:

« 受像機の中のひきこもり | Main | パソコンの愉しみ »