« 『シクラメンのかほり』の嘘 | Main | 回顧:2014年鑑賞邦画 »

Saturday, December 27, 2014

映画『ホビット 決戦のゆくえ』

【12月27日特記】 映画『ホビット 決戦のゆくえ』を観てきた。製作年度としては『ロード・オブ・ザ・リング』3部作に続く、ストーリーとしては同3部作に先立つ、『ホビット』3部作の完結編である。

で、完結編ともなれば、伝説とか謎とか宿命とか陰謀とか、そういうものは前作までにほぼ解き明かされてしまっていて、今作はひたすら完結に向かうチャンバラである。

もちろん、「やあやあ我こそは」などという悠長な果たし合いなどではなく、複数の部族の膨大な数の兵士たちが入り乱れて戦う、壮大な、そしてストーリーだけではなく、仕掛けとしてもCG/特撮総動員の壮大なチャンバラである。

いや、壮大を超えてべらぼうな西洋チャンバラである。しかし、ひたすら戦いのシーンの連続でしかない。

だから面白くないかと言えばそんなことはない。ただ、『ロード・オブ・ザ・リング』の完結編や『ホビット』の第1作ほどハラハラドキドキしたかと言えばそうではない。

何故なら僕らは、この戦いではホビットの主人公ビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)も魔法使いガンダルフ(イアン・マッケラン)も、エルフのレゴラス(オーランド・ブルーム)やタウリエル(エヴァンジェリン・リリー)も死なないことをすでに知っているからである。

そして、それよりも何よりも、僕にとってはいつものことだが、前作からこのくらい時間が空くと、そこまでどんな話だったか全然憶えていないのである。少し観ていると次第に思い出すかと言えば、ほとんど思い出さない(笑)

竜が登場したところで前作が終わったのは憶えているが、それを矢で仕留めようとしているバルド(ルーク・エバンス)という男は何族で何者でなんでそこにいるのかが分からない(笑)

まあ、でも、そんなこと分からなくても面白いと言えば面白い。最後の氷上の戦いなど、それぞれのシーンに趣向が凝らされているから。

そして多分、もう一度この6部作を通して観ればもっと面白い。

そう思ってくれた人が DVD やブルーレイを借りたり買ったりしてくれたら制作者の思う壺なのだろう(笑)

でも、ひょっとしたら僕も借りたりするかもね。そういう風に気持よく壺に嵌めてくれる大スペクタクルなのであった。

|

« 『シクラメンのかほり』の嘘 | Main | 回顧:2014年鑑賞邦画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『ホビット 決戦のゆくえ』:

« 『シクラメンのかほり』の嘘 | Main | 回顧:2014年鑑賞邦画 »