« 映画『ホビット 決戦のゆくえ』 | Main | 2014年度日本インターネット映画大賞(日本映画部門)投票 »

Sunday, December 28, 2014

回顧:2014年鑑賞邦画

【12月28日特記】 今年もまた「『キネマ旬報ベストテン』の20位以内に入ってほしい邦画10本」を選んでみる。

毎年書いているように、これはあくまで「20位以内に入ってほしい10本」なのであって、「入るであろう10本」とは微妙に違っている。

ただ、今年に関してはその両者が割合近いような気もする。

例によって、10本選んで、僕が観た順に並べてみる(評価の高い順ではない)。ただし、来年2月の公開に先立って観た『娚の一生』は選考対象から外した。

  1. 大人ドロップ
  2. そこのみにて光輝く
  3. 私の男
  4. 渇き。
  5. 思い出のマーニー
  6. るろうに剣心 京都大火編
  7. 舞妓はレディ
  8. 紙の月
  9. 0.5ミリ
  10. アオハライド

今回は何も考えずに選んだらぴったり10本になった。

まず、「入ってほしいけど、これはまず入らないだろうな」というのが1)である。

この映画は公開の時期が早かったので、印象が薄れるのも早く、年末の賞レースには不利である。そして、上映館数が少なかったので、キネ旬の審査員でも観ていない人が多いと思う。客も大して入らなかったし、評判にもならなかった。

しかし、カメラ・ワークも台詞もストーリーも役者たちの演技も、どれをとっても息を呑むほどの素晴らしい出来である。そろそろ飯塚健という監督を、世間は認めてやるべきなのではないだろうか。

2)は確か海外のどこかの映画祭で賞を獲った。キネ旬好みの映画でもあり、入ってくるのではないだろうか。

なんとも言えない、やりきれない映画である。台詞の切れ、重苦しい色合い、そして、池脇千鶴と綾野剛、そして菅田将暉の、なんとも言えないような激情を抑圧した演技。呉美穂監督の演出が冴え渡っている。

3)も確か海外の賞をもらった作品。熊切和嘉監督、宇治田隆史脚本。これまたべらぼうな物語である。

ショッキングな展開は、僕の場合は残念ながら早くに読み切ってしまったが、それでも見事に引きこまれてしまった。血と氷のイメージが鮮烈に出た映画。そして、二階堂ふみのしたたかな女性性。

選ぶか選ばないか一番迷ったのが4)。これまた中島哲也監督らしいえげつない映画であるが、中島哲也作品のベストではないと思う。

ライティングとカメラ・ワーク、そして、細かいインサートを繋いだ編集。観ていて心がザラついてくる、嫌な感じの映画である。全編血糊でベトベト!

主演の役所広司を、彼の娘を演じた小松菜奈が完全に喰っていた。共感できないのに目を背けられない作品。

ここまでの4本は、どれをとっても映画でしか描けない世界を、映画でしか描けない描き方で描いているところが凄い。

5)は、まあ、賛否両論あったようだが、ジブリ作品をほとんど知らず、そういう意味での先入観のない僕には心に染みた作品。

何と言っても、作画の圧倒的な表現力を見せつけられた。目に見えるものと心に感じるものが繋がっている感じを受けた。

僕の趣味を多少知っている人からすると一番意外なのが6)ではないかな(僕の趣味をかなり知っている人には意外でもないだろうがw)。

3部作の2作目というのは、大体どのシリーズでも中だるみになってしまうのが通例だが、『るろうに剣心』ではこの2作目が一番面白かった。

ともかく殺陣のスピード感とアクロバット性が半端ではない。こんな凄い殺陣は観たことがなかった。そして、次々と出て来るサブ・キャラの、なんと個性的で魅力に富んだことか! 見事なエンタテインメントだった。

7)は久々に観た周防正行監督作品。これが素直に楽しめる映画だった。

西洋と東洋、伝統と革新、ダンスと音楽、台詞と歌、師匠と弟子、舞踊とミュージカル──いろんな要素を対比しながら綯い交ぜにして、ストレートな成長物語を展開してくれる。希望が湧く映画だった。

唯一の欠点は、このタイトルが My Fair Lady のパロディだということが判りにくいことだろう(笑)

8)は間違いなくキネ旬ベストテンに入る映画だ。僕があれこれ語る必要もない気がする。吉田大八監督の真骨頂である。

画で伝えてくる“怖さ”。ある種の狂気を描くのにこれだけの抑制を以てする表現的逆説。

宮沢りえ・池松壮亮の熱演に加えて、早船歌江子の台詞も冴え、本当に怖い。

9)は多くの人が激賞しているので、これまた間違いなくベストテンに選ばれるだろう。11月に公開したばかりで印象も強く残っているので、ひょっとするとこれが1位になるかもしれない。

圧倒的な196分で、まさに安藤桃子にしか撮れない、厚かましくてしたたかで、しかし、天使のように屈託も偏見もない安藤サクラがそこにいる。

ただ、僕としては、同じ安藤桃子監督なら前作(デビュー作)『カケラ』のほうが好きだけれど。

最後は10)の三木孝浩監督作品。この監督はあの『陽だまりの彼女』でも第58位にしか選んでもらえなかったぐらいだから、今回も20位以内に入れてもらえないんだろうな。

でも、前作『ホットロード』はちょっとしんどかったけれど、この映画は絶品の青春恋愛映画であると思う。

確か金子修介監督(だったと思う)も僕と同じことを twitter で呟いていたが、もう東出昌大と本田翼の魅力全開なのである。

展開と構図を緻密に練りながら、丁寧な丁寧な作りで、まさに僕ら自身の青春時代を、そして、恋愛を呼び覚ましてくれる。ズシンッと胸に響く感動があった。

以上が、僕が他ならぬキネ旬のベストテン20位以内に入ることを切に願う10作品である。年明けの発表が待ち遠しい。

|

« 映画『ホビット 決戦のゆくえ』 | Main | 2014年度日本インターネット映画大賞(日本映画部門)投票 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 回顧:2014年鑑賞邦画:

« 映画『ホビット 決戦のゆくえ』 | Main | 2014年度日本インターネット映画大賞(日本映画部門)投票 »