« ドラえもんとドッジボール | Main | 『ふしぎな岬の物語』マスコミ試写会 »

Thursday, September 18, 2014

風に吹かれて

【9月18日特記】 昨日 ad:tech tokyo に行って来た。2010年に初めて顔を出してからちょくちょく行っているので、このブログにも何度か記事を書いている。

ひとことで言うとネット広告業界の大イベントである。デモンストレーションを含む展示会と、スピーチやパネル・ディスカッションなどのステージが組み合わさっている。

僕はテレビ業界/テレビ広告業界の人間だが、こういうのに行くと本当にためになるし、楽しいのである。

あっち側の人たちが、ああ、そんなことを考えているのか、という発見があり、それがそのまま今後の自分の仕事のヒントに直結する。

そう、こういうイベントに参加するとものすごい刺激があるのである。

その刺激をひしひしと感じながら、僕は twitter でこんな風に呟いた:

混じる、あるいは、交わるということがないと刺激は得られないのである

ところで、今「あっち側の人」と書いたが、実はもうそういう「あっち」と「こっち」の境目はなくなっている。

この ad:tech にも新聞やテレビなど、所謂オールド・メディアの人間がたくさん参加しているし、今はそういうオールド・メディアの会社も大体ネットでの展開を始めているし、ネット系の会社もどんどんオールド・メディアとのコラボ事例を積み重ねている。

だから、そういう意味で岸の彼我は消滅したとも言える。少なくともそう思っている人たちはいろんな新しいことを始めている。そういう考えができない、(旧)こちら側の人だけがトチ狂ったことを言っているのである。

僕にしても、だから、旧態依然たる二律背反や二項対立的な視点はないのだが、それでもここに来ると、ああ、ここには自分と違う感性と発想の人たちがいる、という驚きと心地良さがあるのである。

そして、それが確実に「そうか!」に繋がる気がするのである。

僕はそんなことを思って、twitter でこんな風に呟いた:

僕が TVの連中に言いたいのは、たまには湯船から出て、風に当たってみようよ、ってこと

もう一回湯船に浸かった瞬間に、僕は「ユリイカ!」って叫んでいるかもしれない(笑)

|

« ドラえもんとドッジボール | Main | 『ふしぎな岬の物語』マスコミ試写会 »

Comments

お久しぶりです。

湯船は浸かるものですか、使うものですか?

ユリイカとは?NMB48の歌ですか?

最近世の中の動きが早すぎてついていけません。

Posted by: 名古屋のM | Friday, September 19, 2014 12:32

> 名古屋のMさん

誤変換ご指摘ありがとうございました。訂正しました。

ユリイカはアルキメデスです。

ところで、昨日くしゃみが出ませんでしたか?

Posted by: yama_eigh | Friday, September 19, 2014 12:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 風に吹かれて:

« ドラえもんとドッジボール | Main | 『ふしぎな岬の物語』マスコミ試写会 »