« 味覚障害外来 | Main | お盆 »

Tuesday, August 12, 2014

無題

【8月12日特記】 世の中が全般的に短絡的になって来ている気がする。

手っ取り早く答えを得ようとしている。

YES か NO かの2つの答えしか許さない風潮が出てきている。

ひとつの指標で全体を判断してしまおうとしている。

オールマイティのマニュアルを得ようとしている。

時間や労力を費やさずに成果を得ることが最大の美徳になりつつある。

自分以外のものは全て理想的な形であってしかるべきであると考えているフシがある。

みんなが雪崩を打ってひとつの方向に行ってしまうことに対する警戒心や嫌悪感が弱いように見える。

相手がどう感じるかと関わりなく、それを言うことでどういう効果が生まれるかもお構いなしに、とにかく自分の嫌悪感をぶつけることが正義だと思っている人が増えている。

もちろん、みんながみんなではない。でも、世の中全体が少しずつそっちに流れている気がする。

でも、社会も人間もそんな単純なものではない。単純なものではないから、生きて行くのは苦しいのであり、生きて行く過程に発見があるのであり、生きて行くことがたまに楽しかったりもするのである(笑)

ここまで来てしまったとなると、誰か、とりあえず、世の中の主流の意見を疑ってみることから始めてみる気はないか?

世の中の主流の意見に反論しようとすると、主流になるくらいだからそれにはそこそこの論理性があるわけで、それに反論するとなると、こちらも角度や切り口を変えて考える必要がある。

僕にとっては、ある意味、みんなと違うことが青春だった。いや、そこまでにならなくても良い。ただ、一人違う道を進もうとすると、それなりの考え方の鍛錬にはなった。

なんでもかんでも反主流でいようというのはひとつの短絡に違いない(笑)

でも、どうせならそういう短絡もあって良いのではないかな。

|

« 味覚障害外来 | Main | お盆 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 無題:

« 味覚障害外来 | Main | お盆 »