« 『ひとりの体で』ジョン・アーヴィング(書評) | Main | 理不尽を知る »

Wednesday, July 09, 2014

iMessage の罠

【7月9日特記】 以前書いた通り、僕はデジタル版の新聞を閲覧するために iPad Air を買った。新聞記事など、iPhone よりも少し大きめの画面で見たいものをこの機械で見ている。

ここでメールを読もうとは思わないのだが、ま、一応最小限の設定はしてある。それが仇になるとは思いもしなかった。

日曜日の夕方、会社の某部長からメールが来た。それが iMessage だったのである。

Apple の iMessage については、この記事あたりが一番わかり易い。これが便利そうで却々微妙に面妖なものなのである。

特に Gmail に送ったつもりでも、Gmail には届かずに iMessage として、Softbank の iPhone なら「メッセージ」のところに届いてしまうというあたりがややこしい。

このおかげで、自分の PC で保存したいデータを自分の Gmail アドレスに送ったつもりが届かない、という目に遭った。

ことほどさように、これ、どうも分かりにくい代物なのである。一番の問題は、相手が iMessage を受けられるのであれば可能な限り iMessage で送ろうとする点である。

それが鬱陶しいので、僕は自分の iPhone では iMessage を受けられない設定にしている。妻の iPhone も同様である。これは以前夫婦間でうまくメッセージがやりとりできなかったことがきっかけである。

で、iMesssage を受けられない設定にしていると何か不都合があるかと言えば、iMessage が受けられない場合は自動的に SMS/MMS で送ってくれるので、別に何の不自由もない。

逆に言うと、iPad や iPod でメッセージを読みたいと思わないのであれば、わざわざ iMessege を導入するメリットも特にないのである。

そういうわけで、繰り返しになるが、僕は iPhone では iMessage が受けられない設定にしている。

ところが、盲点があった。iPad の設定を変更していなかったのだ!

前述の通り、iMessage は可能な限り iMessage で送ろうとする。僕の iPhone が受けられないとなると、受けられる端末を探すのである。

で、受けられる設定になっていた iPad に iMessage が届いていた。耳なし芳一の耳である。

月曜日の仕事内容に直結する、結構な情報が書かれたメールである。月曜の朝新聞を読もうとして気づいた。

月曜日は新聞休刊日であった。もしも事前にこれを知っていたら、その日の朝 iPad は開かなかったところである。ああ、危なかった。慌てて設定を変更した。

iMessage 恐るべし。

|

« 『ひとりの体で』ジョン・アーヴィング(書評) | Main | 理不尽を知る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference iMessage の罠:

« 『ひとりの体で』ジョン・アーヴィング(書評) | Main | 理不尽を知る »