« 新聞販売店が来た | Main | WiFi 日記 »

Monday, June 23, 2014

吉田拓郎 AGAIN

【6月23日特記】 吉田拓郎が微妙なアルバムを出した。

いや、「微妙な」というのは決して拓郎を貶しているのではない。ただ、ネガティブな表現ではある。何がネガティブかと言うと、僕が買うかどうかということである。

このブログにはあまり書いたことがなかったかもしれないが、僕は吉田拓郎を中学入学時からずっと聴いてきた。若干遡って買ったものも含めて、デビュー・アルバムから、オリジナル・アルバムはずっと全て買い揃えてきた。

吉田拓郎は僕の青春の全てと言っても過言ではない存在で、彼に憧れて僕は曲を作り歌ったりもした。彼の歌に励まされて幾多の困難を乗り越えても来た。僕の人間形成にものすごく大きな影響を与えたシンガー=ソングライター──それが吉田拓郎だった。

それが、どこからか買わなくなった。

吉田拓郎が悪いと言うのではない。吉田拓郎だけが変わってしまったというのではない。僕の感性も変わってしまったのだ。

ちょうどボールとバットみたいに、両方が動いているのだから、昔みたいにスイート・スポットに当たらなくなってきたというようなことはあるのだ。

今回発売になったアルバムは新録音のセルフカバーである。

これが新作であれば、前作も前々作も買っていない僕は、多分今回も買わない。

これが単なるベスト盤やコンピレーションであるなら、やっぱり僕は買わない。何故ならその音源は既に持っているからである。

ところが、セルフカバーである。そして、新アレンジの新録音である。しかも、『わしらのフォーク村』みたいな、完全に忘れ去っていた、でも聴くと胸がキュンと鳴る、見事に狭いところを突いた選曲である。

本人が選んでいるのだから、当たり前なのかもしれないが、『風邪』とか『爪』とか、非常に“通な”選曲である。

微妙なアルバムを出したものだ。買おうか、買うまいか。

いや、手に入れるか入れないかを悩んでいるのではない。間違いなく手に入れるのである。

問題は Amazon で買うか、TSUTAYA DISCAS で借りるか、である(もちろん別の店舗から買ったり借りたりしても良いのだが)。

つまり、パッケージ・メディアとして所有するか、データのみを保持するかの選択であり、ここには精神的な部分で大きな違いがある。

持つべきか、聴ければ良いのか―そういう感じ、解っていただけるだろうか? そういう微妙な感じ(笑)

|

« 新聞販売店が来た | Main | WiFi 日記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/59861054

Listed below are links to weblogs that reference 吉田拓郎 AGAIN:

« 新聞販売店が来た | Main | WiFi 日記 »