« 見たくならない映画、観たくなる映画 | Main | サポートの妙 »

Monday, April 28, 2014

Windows8.1 アップデート実記

【4月28日特記】 昨日 Windows8.1 のアップデート(新機能の追加)というのをやってみた。で、4/23 の記事で心配した通り、PC の調子が一気に悪くなった。

立ち上がるのは立ち上がる。しかし、マウスが動かない、あるいは、マウスポインタ自体が現れない。

何かを延々と読みに行っている感じで全てがストップしている。時計さえも最初に画面を表示した時刻で止まっている。

なんでアップデートするたびにこんなことが起こるのだろう。

待つしかない。が、いつまで待ってもダメな時もある。そんな時は再起動してみる。幸いにしてそれでもダメだったということはない。

しかも、追加された新機能というのはほとんど(ひょっとすると全部)がタイル画面の新機能であり、デスクトップしか使っていない身には恩恵がない。はて、何のためにアップデートしたのやら。

しかし、今回は Windows 単独の問題ではなく、ウィルスバスターとの相性の問題かもしれない。ウィルスバスターのアイコンもまたいつまでたってもタスクトレイに現れない。それが現れたらマウスも動く。

それ以後もウィルスバスターのアイコンは延々アップデート中の表示になっている。

はて、どれが悪いのやら。特定できないところが PC というものの複雑さ。しかし、特定できないから Microsoft は生き残っているのかも。

|

« 見たくならない映画、観たくなる映画 | Main | サポートの妙 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/59548236

Listed below are links to weblogs that reference Windows8.1 アップデート実記:

« 見たくならない映画、観たくなる映画 | Main | サポートの妙 »