« 「キネマ旬報」2月下旬号(2) | Main | 楽しい睡眠 »

Saturday, February 15, 2014

替刃の検証 returns again

【2月15日特記】 一昨日、使っているシェーバーのランプが点灯した。刃を交換しろとのサインである。

そう言えば昨年もそんな記事を書いたぞ、と思って探したら、昨年の1月とその前の前の年の末に、2回も書いていた。

替刃の検証
替刃の検証 returns

2回も書いた情熱の源泉は、シェーバーがどういう仕組みに基づいて替刃のタイミングを知らせてくるのかを知りたいという気持ちである。

これで替刃2枚分(「替刃」と言いながらも実体は精巧な「部品」であり、「枚」という感じの代物ではないが)の寿命が測定できたことになる。その結果、今回も前回も見事に390日前後でほぼぴったり一致している。

しかし、これは逆におかしい。この1年は多分前の年より旅行や出張が少なく、このシェーバーを使わなかった日は少し少なかったはずである。ならば今年はもう少し早く点灯してもおかしくない。

やっぱり使った回数ではなく、日数の経過を測っているのだろうか? そして、365日より前に交換を促すと使用者からクレームが来る可能性があるので、かなり余裕を見て390日に設定している?

また分からなくなってきた(笑)

しかし、1ヶ月を30日計算にして、1年12ヶ月に1ヶ月の余裕を加えて390日というのはありそうな気がする。

次回のチェックは2015年3月である。憶えていれば、の話であるが(笑)

|

« 「キネマ旬報」2月下旬号(2) | Main | 楽しい睡眠 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 替刃の検証 returns again:

« 「キネマ旬報」2月下旬号(2) | Main | 楽しい睡眠 »