« ドラマW『チキンレース』 | Main | ココログ・アプリのアップデートに思う »

Monday, November 25, 2013

USBフラッシュメモリの死

【11月25日更新】 今日突然 16GB の USBフラッシュメモリの中身が消えてなくなった。いや、全部ではない。正確に言うと、44MB の Excelファイル1個だけを残して、山ほど入っていた他のファイルが全部飛んでしまった。

物は壊れる、人は死ぬ、三つ数えて、眼をつぶれ──である。

こういう日は必ず来る。最近接続が悪くて、USBドライブに差し込んでもすぐに認識してもらえなくて、ヤバイな、そろそろデータ移し替えたほうが良いかも、と思っていた矢先にいきなり来た。

もとよりファイル・バックアップ用のメモリだし、バックアップは常に二重三重にしているので、これが1個まるごと消えたって別に痛くもない。

しかし、機械が壊れるというのは、摂理ではあるが、どことなく哀しい。

そして、何が哀しいって、メモリの容量が増えていること。

昔は GB 単位のフラッシュメモリなんかなかった。漸く売り出された時には何万円もした。それがいつの間にか気がついたら、16GB などという大容量を気軽に使っている。

これが仮に 1.44MB のフロッピー・ディスクだとしたら 11,111枚分。

仮にそのフロッピーに全てのファイルを分割して(分割できたとしての話だが)保存していたとしたら、1枚ぶっ壊れたとしても残りの 11,110枚はセーフで、ほとんどのデータが救えたはずだ。

それが、フラッシュメモリ1個ぶっ壊れて 16GB がパー(まあ、そんなに入ってはいなかったけど)。

爪が剥がれて巨人が死ぬ──そんな感じである。

(ここまで読み終わって今「フロッピーディスクって何?」って言ってるあなた。ごめんなさい、あなたには意味の分からない文章でしたね。はい、気にしないでくださいw)

|

« ドラマW『チキンレース』 | Main | ココログ・アプリのアップデートに思う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/58643735

Listed below are links to weblogs that reference USBフラッシュメモリの死:

« ドラマW『チキンレース』 | Main | ココログ・アプリのアップデートに思う »