« 岩谷時子さんを偲ぶ | Main | 映画『SPEC ~結~ 漸ノ篇』 »

Wednesday, October 30, 2013

アップデートの煉獄

【10月30日特記】 明日から出張なのだが、出張前夜は忙しい。それは出張に持って行く PC のアップデートをするためである。

これをやっておかないと、出張先で PC を開いた途端にいろんなものが我先にアップデートを始め、下手すると動かなくなってしまうのである。

そういう実感のない人もいるかもしれないが、僕はかつて出張先で何度もそういう憂き目に遭っている。

僕の場合は出張はまあせいぜい月に1回くらいのものである。ということは、この外出専用のノートパソコンは、平均的に言うと、前に起動してから1ヶ月間電源を切ったままになっていた計算になる。

1ヶ月放っておくと、その間に、Windows そのもの、ウィルス対策ソフト、ブラウザ、メール・クライアント、twitter クライアント、Java、Adobe Air など、いろんなものが新しいバージョンになっていたりする。

それらが、出張先のあまり LAN 事情の良くないところで一斉にチェック/ダウンロード/インストールをやり始めて、しかもアップデートの終わったアプリケーションから順に再起動を要求された日にゃ、本当に面倒くさいことになるのである。

なんでも勝手にやってくれるのは便利と言えば便利であり、Microsoft はそれを金科玉条にして開発を進めているようだが、そのことはずっと僕の不満の種である。

ユーザに制御させてほしい。──それは Web2.0 の基本的な要素のひとつでもあるわけだ。

そこまで神経が行き届くと Windows は使いやすくなるのに、とずっと思っている。

|

« 岩谷時子さんを偲ぶ | Main | 映画『SPEC ~結~ 漸ノ篇』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アップデートの煉獄:

« 岩谷時子さんを偲ぶ | Main | 映画『SPEC ~結~ 漸ノ篇』 »