« 食史 | Main | Damage »

Thursday, October 17, 2013

キーワード

【10月17日更新】 今の若い子たちのキーワードって何なんだろうと思う。多分そういうのは少なくなっているんだろうなと思う。

しかし、それはキーワードがなくなっているのではなく、キーワードが個別化しているのだろうと思う。

僕らの時代のキーワードは「自由」ではなかったかと僕は思う。

僕らの前の世代がおっ始めた学生運動もフォーク・ソングもロックも新劇も、そしてビートニクやサイケデリックまでも、みんな自由がキーワードだったように思う。自由が時代と世界を覆い尽くしていたように思う。

僕らはそれを学び、それを真似、自分なりに考えてそれを実践しようとした。いや、それを守ろうとした、と言うべきかもしれない。

極論すれば、僕が今働いているのも自由のため、自由を得るためなのかもしれない。考えてみれば、中学時代からずっと自由を追い求めている。

だから今でも、会社の中で自由を制約する動きが出てくると激しく反発する。そして、そういう僕には同志がいる。そこがポイントだ。今となっては決して多数派ではないかもしれないが、ともに自由のために戦う同志が何人かいる。あるいは、同志がいるという意識がある。

今はそういうのってないんだろうな、とふと思った。いや、ふと思っただけで、深い考察に基づいたものではない。もう少し観察して、もう少し考えてみたい。

|

« 食史 | Main | Damage »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/58399135

Listed below are links to weblogs that reference キーワード:

« 食史 | Main | Damage »