« 前世紀の商法 | Main | 10/25サイト更新情報 »

Thursday, October 24, 2013

映画『陽だまりの彼女』(その3)

【10月24日追々記】 ひとつの映画について3回書くのは珍しいことだ(初めてかもしれない)。というのは、見終わって日にちが経つうちに次々に思い出すことがあるからだ。

(ここから先もあからさまなネタバレは避けて書くつもりだが、ここまで積み重なると、少なくともヒントにはなってしまうので、これから観るつもりの人は、映画を観た後でこのページに戻ってきてもらったほうが良いかもしれない)

この映画は何の気なしに見過ごしてきたシーンが、その秘密が分かってから次々に繋がってくる。

ジャングルジム、スタバ(?)の熱いラテ、素っ裸、勉強ができない、ことわざ辞典の例文、等々。

さすがにベランダの事件のシーンではなるほどと思うが、それまでの小さな兆候を僕らは見逃していなかったか?

こないだ『ルドヴィカがいる』という小説に絡めて、「回収されない伏線を恐れずに書く」ということについて書いたが、ここではたくさんの伏線が回収されている。撒いた種を最後に見事に刈り取っている感じ。

もちろん刈り取るのは僕らだ。そして、刈り取る時期は、こんな風に映画を見終わってから数日が過ぎてからかも知れない。

その一方で、(その2)に書いたように、夏木マリの謎は放置される。この潔さと、周到に張り巡らされたエピソードと…。

やっぱり凄い脚本だと思う。

|

« 前世紀の商法 | Main | 10/25サイト更新情報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『陽だまりの彼女』(その3):

« 前世紀の商法 | Main | 10/25サイト更新情報 »