« 10/4サイト更新情報 | Main | 機械の能力 »

Saturday, October 05, 2013

映画『地獄でなぜ悪い』

【10月5日特記】 映画『地獄でなぜ悪い』を観てきた。

小学生の女の子がけたたましく歌って踊る歯磨きのCMが流れて、「どこのメーカーじゃ、この安物の作りは!?」と思ったら、実はそれは映画の前のCMではなく、映画の最初のシーンだった。

そして、自主映画を制作中の高校生グループが撮影してる横でヤンキー高校生同士の喧嘩が始まり、メインの登場人物である平田・御木・谷川と佐々木が出会うシーンが続くのだが、その2つのシーンがいずれも何とも言えずチープなのである。

役者もチープ、台詞も演技もチープで、フィルムの色調までチープに見えてくる。

初めて園子温監督の作品を見た人は、「えっ、この監督って結構名の通った人じゃなかったの? 何この安っぽいの?」と驚いたはずである。

思い出せば、昔の園子温映画ってこんな感じだったよな(笑) 園子温が映画作りに憑かれたように夢中になっていた高校生時代を振り返って撮ったのだから、作風もあえてそんな風にしたのかもしれない。

いずれにしても、『ヒミズ』『希望の国』と続いて、ちょっとお利口さんになっていた園子温のイメージを園子温が自ら壊しにかかっているのが見て取れて、それはそれで正しいし、面白いと思った。

言ってみれば、これは僕がまだ嫌いだった頃の園子温なんだけれど、ここまでやってくれると、もうそんなことはどうでも良くなってしまう(笑)

暴力団同士の抗争の中で、武藤組の組長(國村隼)が池上(堤真一)ら北川会の組員に命を狙われる。ところが武藤は愛人宅におり、留守を預かっていた妻のしずこ(友近)が池上以外の組員を全員刺し殺してしまう。

しずこは過剰防衛で刑務所に入るが、この事件によって、可愛がっていた娘のミツコ(成人後は二階堂ふみ)が出演していた歯磨きのCMが放送中止になってしまう。ミツコはすでにこの頃から未来の主演女優を夢見ていた。

しずこが約10年の刑期を終えて出てくるにあたって、武藤はなんとか娘の主演映画を完成させてしずこを喜ばせてやろうと考え、突然組員を総動員して映画製作に取り掛かる。

まあ、ざっと言うとそんなストーリーなのだが、これは昔のドリフターズの「もしも」のコーナーのように、「もしも暴力団が映画を作ったら」という極端な設定を見せて笑わせるような作品ではない。

妻と娘可愛さにどんなことでもやってしまう武藤、殺しに入った家でミツコに魅せられて虜になってしまった池上、映画オタクのまま成人してまともな映画1本も撮れず理想論ばかり語っている平田(長谷川博己)ら3人。

そしてとうとう彼らと袂を分かつ“日本のブルース・リー”佐々木(坂口拓)。ミツコの思いつきで一連の騒動に巻き込まれ翻弄され続けながらもミツコに淡い思いを寄せている橋本(星野源)。

そういった登場人物たちの濃い濃い情熱と、空回りする爆発的なエネルギーが絡まって、そもそも舞台が暴力団事務所なので刀やら銃器やら満載で、刃はささる弾は貫く、腕はちぎれる首は飛ぶ、床は文字通りの血の海じゃぶじゃぶという、とんでもない映画なのである。

十年前のシーンを演じていた子役や若手が全部大人の役者たちに入れ替わって、とりわけ國村隼が腰の座った芝居をし始めて、俄然画面も締まってくる。

それに加えてミッキー・カーチス、江波杏子、板尾創路、渡辺哲、神楽坂恵、でんでん、水道橋博士、成海璃子、深水元基、石丸謙二郎ら、園子温作品の常連を含めて、知った役者が次々に出てくる。

この辺はいくら作風が先祖返りしても、もう監督としての地位は昔とは比べものにならないことを物語っている。

で、まあ、この展開と言い、スプラッタと言うような生易しいものではない映像と言い、なんじゃこりゃと言えばなんじゃこりゃだし、トンデモ映画と言えばそれまでなのだが、恐らく若いころの自分の熱情と焦燥感を象った思われるところはしっかりと伝わってくる。まさに狂気と言って良いほどの迫力を以って。

ここまで徹底的にやってくれたら、これはこれで良いのではなかろうか(笑)

特に、終盤の池上組での大乱闘と、フィルムを抱いて夜の道を走る平田、そして、最後の大団円へと続く展開と画作りは、確かに園子温という人はタダモノではないと感じさせてくれた。

『箱入り息子の恋』に引き続いて、星野源が良い味を出している。彼が手がけたエンディング・テーマも素敵だ。

★この記事は以下のブログからTBさせていただきました。

ラムの大通り

|

« 10/4サイト更新情報 | Main | 機械の能力 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『地獄でなぜ悪い』:

» 『地獄でなぜ悪い』 [ラムの大通り]
----あれっ。 この映画、お盆の頃に観たはずニャのでは…? [Read More]

Tracked on Monday, January 13, 2014 23:34

« 10/4サイト更新情報 | Main | 機械の能力 »