« 10/25サイト更新情報 | Main | 100回目のTOHOシネマズ西宮OS »

Saturday, October 26, 2013

映画『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]』

【10月26日特記】 映画『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』を、去年の[前編][後編]に引き続いて観てきた。

これはヤバイ。[前編]の頭からもう一度観るしかない。そもそも僕が観た尻から何でも忘れてしまうということもあるが、あまりに深く込み入った構成になっているので、もう忘れていることも含めてもう一度確認したくなるのである。

冒頭から観たようなシーンである。そう、この映画は過去のエピソードがループしている。のっけからなんと巧い設定だろうと思ってしまう。

そして、[前編]から[後編]になって「えらいことになってきた」という感想が、この[新編]では「ヤバイよ、これ、えらいことになってきた」にバージョンアップし、ついつい口に出しそうになる。

ループの謎を追っているうちに、とんでもない設定に気づくのである。

この綻びなく見事に閉じられた世界観。ずっと引き継がれているクラシックで緻密な背景作画のタッチとトーン。そう、世界観と美術の驚くべき融合である。

死んだはずの魔法少女が普通に活躍している不思議。「お茶会」という新たな可愛い技(?)。新しい魔法少女という新しい登場人物。そして、魔法少女同士の今までになかったほどの激しい闘いという新たなシーン。

見事によく練り込まれている。

アニメーション監督を務めた新房昭之はこう言っている:

今回は何度も楽しめる映画になっているという感じがあります。一度目はストーリーを追っていただいて、二度目以降はネタを見つけて、楽しんでいただいて。

僕は三度目、四度目もアリだと思った。二度目以降の楽しみ方として、監督が述べている他に、3つの作品の繋がりを再確認するというのがある。きっちりとしたひとつの世界観に裏打ちされた、サーガと呼ぶに相応しい長編になったと思う。

スタッフ/キャスト・ロールが全部終わった後でもうワン・シーンあるから要注意(などと言わなくても、アニメ・ファンでエンディング・テーマが始まった途端に席を立つ人は誰もいないがw)。

最後のキュゥべえの絵がめちゃくちゃ印象に残っている。

|

« 10/25サイト更新情報 | Main | 100回目のTOHOシネマズ西宮OS »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]』:

« 10/25サイト更新情報 | Main | 100回目のTOHOシネマズ西宮OS »