« 映画『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]』 | Main | 岩谷時子さんを偲ぶ »

Sunday, October 27, 2013

100回目のTOHOシネマズ西宮OS

【10月27日特記】 昨日の『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』が、僕がTOHOシネマズ西宮OSで観た記念すべき100本目の映画となった。こんなに通った映画館は他にはない。

かつて阪急ブレーブスの本拠地であった西宮球場跡に西宮ガーデンズができてからもうすぐ丸5年。その5階にあるこの映画館に年平均20回通っている計算になる。

阪神間に住んでいる僕にとっては、かつては映画を見るとなると梅田に出るか三宮に行くかしかなかった(ま、尼崎市にも映画館はあるにはあったが)のだが、このシネコンができて大変重宝している。

ネットでの座席予約やシネマイレージカードによる割引が定着したのも大きな要素だ。

ところで、何故これが100本目と分かるかと言えば、それは僕が生涯に渡る映画の記録をつけているからである。

とは言え、つけ始めたのが高校時代だったので、それ以前については記憶を頼りに遡って追記したこと、受験の年には記録をサボっていたので若干あやふやであること、などの弱みはある。

いずれにしても今ではそれは僕の PC の中でデータベース化されていて、映画館や年度や監督名など、いろんな切り口で検索/集計できるようになっている。そして、その中では、建物や設備が同じであっても、名前が変われば別の映画館という定義をしている。

ちなみに、生涯2番目に多く行っている映画館はシネ・リーブル神戸で、通算して60回になっている。3番目はテアトル梅田の46回、4番目は神戸国際松竹の37回、5番目は梅田ブルク7の32回である。

その後は、今はなき三番街シネマの27回、梅田ガーデンシネマの25回と続き、OSシネマズミント神戸の23回を挟んで、シネ・リーブル梅田の17回と梅田界隈の映画館が並んでいる。

その後に続くのは、仕事で何度かお邪魔した東宝関西支社の試写室が16回、その後に漸く合計13年に及んだ東京勤務時代の新宿ジョイシネマ、新宿武蔵野館、そして今はなき神戸シネカノンがいずれも15回で並んでいる。

それに続くのは北野劇場の13回、扇町ミュージアムスクエアの12回という懐かしい小屋である。さらに梅田ピカデリーと<不明>が12回でこれに並んでいる。<不明>が出てくるのは上で述べたような事情である。

そして、新宿ピカデリーと新宿ビレッジの東京勢が10回で、2桁以上はこれで全てである。東京が新宿ばかりなのは、東京勤務時代のほとんどを杉並区で過ごしたからである。

その次に来るナビオTOHOプレックスは、昔で言えば北野劇場と梅田劇場なのだが、これはTOHOシネマズ梅田を含むいくつかの劇場名の変遷を経ているので上位には入らない。

記録をつけることの楽しみは、こんな風にキリ番ごとにやってくる。

|

« 映画『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]』 | Main | 岩谷時子さんを偲ぶ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 100回目のTOHOシネマズ西宮OS:

« 映画『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]』 | Main | 岩谷時子さんを偲ぶ »