« 不明のさえずり、未明のさえずり | Main | シネマイレージカード »

Saturday, August 31, 2013

映画『夏の終り』

【8月31日特記】 映画『夏の終り』を観てきた。正直言って興味の湧く話ではなかったのだけれど、狙いは満島ひかりと、今まで一度も観ていない熊切和嘉という監督はどんな映画を撮る人なのかという興味。

最初に思ったのは、画面が暗いこと。ああ、あの当時の日本家屋ってこんなに暗かったのか、という感じ。照明を当てて観客に見せようという気がまるでない。リアリズム。

しかも、冒頭から暫く夜と雨のシーンが続いてどこまでも暗い。この暗いトーンが映画全体を支配することになる。

それから音。家の外からたくさんの音が聞こえる。普請の音、物売り、路上の会話、鳥の鳴き声。映画の進行とは全く関係のない音がずっと鳴っている。これもリアリズム。

女性の言葉遣いがあきらかに今とは違う。会話の間がやたら長かったりして、そこが怖い。格子越しに見える小林薫のシーンの怖さ、満島ひかりが喋っているときに、横の柱に映っている彼女の横顔の影の美しさ。

──等々、画作りについては面白い。ただ、お話はひとことで言ってしまうと、大阪弁で言う“辛気臭い”話。僕も似たような境遇で育ったからそう思うのかもしれないが…。

知子(満島ひかり)は作家・慎吾(小林薫)と一緒に暮らしている。が、慎吾には本妻がいて、2つの家を律儀に行ったり来たりしている。

当時のことばで言えば、知子は慎吾の妾、あるいは2号である(昔、ウチの母も“向こう”の家の女のことをそう呼んでいた)。

知子は慎吾を独占したいという欲望がありながら、慎吾が本妻のもとに帰ってしまうと淋しくて、かつて夫と子供を棄てて駆け落ちした相手である涼太を呼び出したり、家まで押しかけたりして関係を続けている。

わがままで、ないものねだりで、衝動的な女である。そして、そこに知子を独占できない涼太の苦悩と、本妻か知子かどちらかひとりに絞れない慎吾の優柔が絡んでくる。

これは1962年に発表された瀬戸内寂聴の大ベストセラーなのだそうだが、もちろん僕はそんなことは知らない。瀬戸内寂聴自体ほとんど読んだこともない。発売50周年だと言うが、それがこの映画を作る動機だったのか?と不思議な思いになる。

1962年と言えば、悪いけれどそれはもう歴史上のできごとである。何故それを今映画にしたかったのかが分からない。この話が輝きを持っていたのは、恐らくあの時代の倫理観や女性観、性道徳などに照らされたからではないだろうか?

今これを下手に描くと、単に面倒くさい女のストーリーになってしまう。

とは言え、描かれる人間は通り一遍ではなく、特に知子は今から見ても強烈で、今イチ共感を得られない面もあるにはあるのだが、時代を超えて普遍的な人間の本質に迫る面もあるにはある。

だから、ある種の芸術としては別に否定する気はない。

ただ、致命的だったのは、時々フラッシュバックで時代を遡るのだが、これがものすごく解りにくいことである。

今流れているシーンが今のものなのか回想シーンなのか、回想シーンであるならさっき見た回想よりも前の時代なのか後の時代なのか、その辺の区別がつきにくく頭の中でぐちゃぐちゃになってしまうのである。

それはやはり説明が足りないのである。僕と同じ列で観ていた女性も、映画が終わった途端に「時系列が分からない」とぼやいていたので、これは独り僕だけの感想ではないと思う。

回想シーンというものは、それを見た結果、「ああ、それで今はこんなことになっているのか」と納得するものなのだが、そこまで説明し切らないうちに今のシーンに戻ってしまうので、なんだかわからないままなのである。

まあ、僕は満島ひかりのファンなので、彼女の見せ場はたっぷりだったから満足はしたが、客の入りは非常に悪かった。やっぱりなんか必然性が感じられない、と言うか、唐突感があるのである。

齧って捨てた桃に群がる蟻とか、そういう強烈な画の面白さがあるだけに、下手するとイメージ・ビデオみたいなものになってしまいそうな映画なのである。

熊切和嘉という監督がどういう映画を撮る人なのかは、多分他の作品を観て確かめたほうが良いのではないかと思う。

|

« 不明のさえずり、未明のさえずり | Main | シネマイレージカード »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『夏の終り』:

« 不明のさえずり、未明のさえずり | Main | シネマイレージカード »