« 藤圭子さんの訃報に接して | Main | 失われた黄金 »

Sunday, August 25, 2013

映画『タイピスト!』

【8月25日特記】 映画『タイピスト!』を観てきた。

普段観るのは大部分が邦画、時々アメリカ映画という暮らしをしていると、たまにフランス語圏やスペイン語圏の映画を見ると、映画文法の違いにはっとすることがある。

例えばこの映画では、「え、このシーンはこんなに早く打ち切って、次のシーンで結果を説明すんのかい?」と思うようなところが何箇所もあった。ローズが秘書に採用されたところも、国内のタイプ早打ちコンテストで優勝した時も。

いろんな国の映画を見る楽しみは、やはりそういう文法の違い、リズムの違い、そして色彩の違いが大きな3つの柱かなあと思う。そして、この映画ではそのいずれもが感じられた。

単純なストーリーである。

フランスの片田舎で父親の雑貨店の店番をして暮らしていたローズ(デボラ・フランソワ)が、唯一の取り柄であるタイプの早打ちをアピールして、ルイ(ロマン・デュリス)が一人でやっている小さな保険代理店の秘書に採用される。

今のところローズは人差し指2本でしか打てないのだが、ルイはそんな彼女の才能を見ぬいて、10本打ちに矯正させた上でコンテストに出させる。ルイの特訓に耐え、才能を開花したローズはやがて世界大会を目指す。

書いてしまって構わないと思うので初めに書いてしまうと、ハッピーエンドである。このトーンでそれ以外の決着をつけられる映画作家がいたら、それは天才だと思う。

しかし、ルイのローズに対する屈折した想い(これが僕には却々すんなりと入ってこなかった)が、「ローズに優勝させたい」と「ローズを自分のものにしたい」の間で揺れるという設定が、ストーリー自体を揺らせている。

僕にはどちらかと言うと、ルイのかつての恋人であり、今では親友のボブ(ショーン・ベンソン)の妻になっているマリー(ベレニス・ベジョ)のような感情表現のほうがよほど分かりやすいのだが、でも、映画を見終わって、「ああ、こういう愛の形もあるんだなあ」と思わせてくれたから、それはそれで映画の勝ち、である。

1950年代終わり頃という舞台設定なので、少し古風な感じがあり、古き良き大陸的なリズムとかムードとかいったものが漂っており、いかにもロリポップなカラーと音楽がそこに絡まってくる。この辺りは時代を感じさせるところである。

しかし、一方でローズがタイプを一心不乱に打っているとブラの肩紐が見える、突然の雨に濡れて乳首が透ける、「今は1959年なんだから、結婚まで取っておいたりしない」みたいな台詞を言うなど、性的な部分も観客に対してアピールしており、これが新しい時代の新しい女性を感じさせる演出になっている。

ふんだんに使われるさまさまな種類の音楽は、その選曲も入ってくるタイミングも絶妙で、いい感じである。

タイピングの速さを感じさせるためのアクションやカメラワークにも工夫があって面白かった。

クライマックスで活字のアームが絡まるシーンを見て、「そうそう、よくこんなトラブルが起きた」と思ったのだが、多分僕はタイプライターを知っている最後のほうの世代で、しかも、ある程度頻繁に英語を打つ機会があった人にしか、このシーンは共感が得られないのか!と何だか映画に対して妙な親近感を覚えた。

脚本も書いたレジス・ロワンサル監督は、当然タイプライターなんて知らない世代で、ドキュメンタリ映画で早打ち大会の存在を知って、この映画を企画したと言う。

その発想の豊かさに敬意を評したい。非常に読後感の良い爽やかな映画だった。

ある種、すわフランスがアメリカに勝つか、という映画なのだが、そういう気負いが全くないのが良い。Business for America, love for France というのは粋な台詞だった。

★この記事は以下のブログからTBさせていただきました。

soramove

|

« 藤圭子さんの訃報に接して | Main | 失われた黄金 »

Comments

映画文法」ていい表現ですね。「映画手法」とか「映画描法」
じゃなくて映像媒体を文章で表現するという「ことば」そのもの
にこだわりがおありなのでしょう。
ならば、映画『タイピスト!』を観てきた。
より映画『タイピスト!』を読んできた。というほうがピタッと来ます。

僕はブログ筆者さんほど、まめに映画館に足を運ばないのですが、
普段観る映画は、カンフー映画、続いてミュージカル映画
そしてインド映画ですね。
フランス映画は去年だったか「最強のふたり」で
その前は「アメリ」なのでなんと10年に1回ぐらいしか見ていない(笑。

うちには欧文・和文の古式蒼然としたタイプライターが有ります。
なぜあるかといいますと
むかし、電話網さえ十分でなかったころの通信手段は
ご存知のように電報でした。
NTTが電電公社の時代、特使配達員(局からのエリアでは遠隔地で配達に行けない地域の請負者)として局からの通電をタイプして配達しておりました。
(そういう時代があったんですよ)
今はもうタイプライターは、もう楽器じゃないかとさえ思うんです。
現に、コンサートでも、色んな映画でも使われていますよね。
西洋ではタイプライターは実用歴史が長かった。
日本でも西洋ほどではないにしても
独自に和文タイプライターも
しばらくは使われていましたが
ワープロからやがてパソコンにと
洋の東西を問わず本来の役目を終えてしまいました。
でもこの打鍵音!とても好きなんですよ。
パソコンのキーボードでもソフトウェアで
タイプライター音を出せますが打鍵の感触までは味わえない。
打楽器と言うか指先のタップダンスのよう。
実際タップを踏みながら、タイプライターを奏でる人もでてくるかもしれません。
言葉の文法が違えば、そこから生まれるリズムも違う。
そして派生するバックミュージックのリズムも違えば
被写体の色彩感覚も違って見えてくると言うのは
非常に納得のいくところです。

Posted by: バイロン | Monday, August 26, 2013 14:40

> バイロンさん

思いの籠ったコメントをありがとうございます。
そうですね、タイプライターの音は音楽ですよね。リズムと響きとアクセントがあります。映画のエンディングでもタイプライターを楽器に使った音楽が流れてましたね。

Posted by: yama_eigh | Monday, August 26, 2013 16:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『タイピスト!』:

» タイピスト! [映画的・絵画的・音楽的]
 『タイピスト!』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)本作はアメリカ映画だとばかり思って映画館に出かけたのですが、実のところはフランス映画でした。  フランスの田舎で暮らすローズ(デボラ・フランソワ)は、都会に出て保険会社の社長ルイ(ロマン...... [Read More]

Tracked on Monday, September 02, 2013 06:25

» 『タイピスト!』 金髪の理由 [映画のブログ]
 「『麗しのサブリナ』、『昼下がりの情事』、『パリの恋人』、『マイ・フェア・レディ』を見て参考にするように。」  『タイピスト!』の公式サイトによれば、レジス・ロワンサル監督は主演のデボラ・フラ...... [Read More]

Tracked on Friday, September 06, 2013 22:21

« 藤圭子さんの訃報に接して | Main | 失われた黄金 »