« 生きていた音源 | Main | テレビ東京『みんな!エスパーだよ!』 »

Wednesday, August 14, 2013

会社一筋 ン十年

【8月14日特記】 先日さとなおさんが、自分は電通に二十何年いたという話を若い人に何の気なしにしたら、「そんなに長く一つの会社にいたんですか!」と目を丸くされた、という話を書いていた。

なるほど、若い人の感覚はそうなのか、と僕も驚いた。

今の若者は、職場で上司と深刻な対立関係に陥ってしまったわけでもなく、評価や待遇の面で強い不満を持っているというわけでもなく、ただ「キャリア・アップのために」会社を辞めて、次の職場に移ろうとするのだそうである。

昔は、特に僕らより上の世代は、ほとんど誰も自分から辞めたりはしなかった。多くの人が「途中で辞めたりしたら負けだ」と思って歯を食いしばってきたのである。

僕らの世代もおんなじだ。辞めたいと思うことはあっても、そんなに簡単には辞めなかった。昔はみんな同じ会社に何十年も勤めたものだぞ、と若い人たちに言ってやりたい気分になって、しかしそこでふと気がついた──。

ひょっとしたら、僕らの世代がこの100年くらいの間で一番長く同じ会社に勤めた人間になるのかもしれない。

僕らが会社に入った頃は定年は55歳だった。それが今は60歳に延び、それに加えて近年では雇用延長(あるいは再雇用)である。

その一方で僕らより下の世代は次第に転職が容易になってきた。転職に対する弊害が減り、転職志向も出てきた。だから彼らは限度いっぱいまで同じ会社にいる確率は低くなる。

結局僕らが馬鹿みたいに一番長く同じ会社にへばりついていた世代ということになる。

きっと若い人に「ええーっ、一つの会社に40年以上もいたんですか!」と大声を上げられるのである。

うむ、なんだか面白くない。

|

« 生きていた音源 | Main | テレビ東京『みんな!エスパーだよ!』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 会社一筋 ン十年:

« 生きていた音源 | Main | テレビ東京『みんな!エスパーだよ!』 »