« 映画『さよなら渓谷』 | Main | 株主優待 »

Sunday, June 23, 2013

無題

【6月23日特記】 自分もそろそろ定年が視野に入る年齢になってきて、ふと考えた。

「会社が定年になると何もすることがなくなって」みたいな話、最近はそれほど聞くこともなくなったけれど、やっぱり時々聞く。

あれがよく解らない。

僕にはやりたいことがいっぱいいっぱいあって、平日の夜と土日だけではとても足りない。土日はいつも時間との戦いである。

そういう意味では早く定年が来ないかなと思う。

それは僕だけではないだろう。世代論で言うと、僕の世代には僕と同じような感覚の人間が少なくないと思う。

定年になってすることがなくなってしまう人が多かった世代って、一体どのくらい上の世代なのだろう?

そして、ひょっとしたら僕はそういう世代の人たちと一緒に仕事をしていたのかもしれないのか、としみじみ思う。

そう、恨むでも蔑むでもなく、ただしみじみ思う。しみじみ思うしかないから、しみじみ思う。

|

« 映画『さよなら渓谷』 | Main | 株主優待 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 無題:

« 映画『さよなら渓谷』 | Main | 株主優待 »