« May 2013 | Main | July 2013 »

Sunday, June 30, 2013

映画『箱入り息子の恋』

【6月30日特記】 映画『箱入り息子の恋』を観てきた。

中村義洋とか廣木隆一とか、僕が好きな監督の作品も上映中なのだが、今回のはいずれもどうも観る気が起こらないので、どうせなら観たことない監督の作品をと思ってこれを選んだ。

市井昌秀監督。PFF から出てきた人。

主人公は天雫健太郎(星野源)。苗字は「あまのしずく」と読む。

話は逸れるが、こういう一度聞いたら忘れない難しい苗字にしていることには意味がある。そして、水にちなんだ苗字にしていることにも意味がある。そういう意味で、隅々まで計算の行き届いた、とても良く練りこまれた脚本である。

マックス・マニックスの原案を田村孝裕が脚色し、そこに市井昌秀が手を加えて完成した台本。

話の逸れついでに言うと、冒頭のシーンがカエルのクロース・アップ。なんじゃこれは?と思う。意味が分からない。

ただ、誰が見ても後でこれが絡んでくるんだろう、と思うし、相当深く絡んでこないと冒頭に持ってくる意味がないぞ、と思うのだが、後の何箇所かのシーンを見ると、これまたこの脚本の巧さが解る。

話を戻そう。主人公は健太郎。35歳、独身、市役所勤務。彼女いない歴35年、当然童貞。両親と同居。昼食は家に帰って食べる。仕事が終わればまっすぐ帰宅して、夜は部屋に篭ってゲーム三昧。

ものすごく真面目、極端に几帳面。あがり症、人見知り。酒も飲まない、煙草も吸わない、友だちもいない。

しかし、コメディだからまあこれで良いのだけれど、ここまでやるとどうしても「作り物」感が出てしまう(話はまた逸れるが、パンフを読むと何箇所かに「コメディではない」と書いてあったのでびっくり)。

Continue reading "映画『箱入り息子の恋』"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

Saturday, June 29, 2013

TV in PC

【6月29日特記】 久しぶりに PC でテレビを見ながら作業している。と言うか、いろいろ作業しながら TV をかけ流している。TBS『音楽の日』。

初めて TV の映る PC を買った時には多分重宝するだろうと思った。が、それは期待はずれだった。廃棄するまでの6年ほどの間で見たのは多分数回ではないだろうか?

だから、次の PC を買う時には TV チューナのついていない機種を、と思ったのだが、気に入った機種には TV の見られないタイプのものはなかった。それで、まあ、諦めて買ったのである。

Continue reading "TV in PC"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, June 28, 2013

今年のゴーヤ

【6月28日特記】 今年のゴーヤは速い。

気候の差なのか品種の違いなのか分からないが、例年はひと夏かかってネットいっぱいに蔦を這わせていたのに、今年は6月中に上まで到達してしまった。

おまけに実がいくつか成り始めている。まあこの季節に成った実は決して大きくならないのだろうけれど、今までは6月に実なんかほとんど成らなかった。

これが「スーパーゴーヤ」の名の所以なんだろうか?

Continue reading "今年のゴーヤ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, June 26, 2013

チョーク

【6月26日特記】 今日は会社のある会議に出席して、ひとことも喋らなかった。約1時間半の沈黙。

別に喋ることがない時は喋らないというだけのことで、それを気に病んでいるわけでも悔やんでいるわけでもないが、喋らないでいるとやっぱり無能な人だと見られるのかな?と改めて思う。

仮にそうだとしても、やっぱりとりたてて喋ることがない時に、あるいは自分が口を挟む必要がない時に、無理やり喋ろうとは僕は全く思わない。でも、世の中には「黙っていてはマズイ」と思って喋る人もいるのだろうな、とは思う。

いや、僕だって、「黙っていてはいけない」と思って喋ることはある。「喋る」と言うよりは「カマす」と言ったほうが良いだろう。つまり、それは交渉の場なのである。黙っていては舐められる、という戦場でのことである。

Continue reading "チョーク"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, June 24, 2013

株主優待

【6月24日特記】 このブログにも何回か書いているが、僕は少しではあるが株を持っている。

そのうちのひとつにソフトバンクがある。そもそもはイー・モバイルというサービスをやっていたイー・アクセスという会社の株式だった。

それが去年の年末にソフトバンクに吸収合併されて、晴れて僕はソフトバンクの株主になったわけだ。

で、今月、初めての配当通知が来た。配当額には驚かない。しかし、株主優待にはちょっと驚いた。とてもシンプルな特典である。

Continue reading "株主優待"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, June 23, 2013

無題

【6月23日特記】 自分もそろそろ定年が視野に入る年齢になってきて、ふと考えた。

「会社が定年になると何もすることがなくなって」みたいな話、最近はそれほど聞くこともなくなったけれど、やっぱり時々聞く。

あれがよく解らない。

僕にはやりたいことがいっぱいいっぱいあって、平日の夜と土日だけではとても足りない。土日はいつも時間との戦いである。

そういう意味では早く定年が来ないかなと思う。

Continue reading "無題"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, June 22, 2013

映画『さよなら渓谷』

【6月22日特記】 映画『さよなら渓谷』を観てきた。

大森立嗣監督(わざわざ書くまでもないかもしれないが、麿赤兒の長男で、大森南朋の兄である)の作品を観るのは『ゲルマニウムの夜』『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』『まほろ駅前多田便利軒』に続いてもう4本目である。どの映画も良かった。ハズレがない。

ただ、僕はものすごいファンというわけでもない。僕がとても信頼している「キネマ旬報ベストテン」は彼の映画に対して、常に僕の評価よりも少しだけ上の点を付ける気がする。

ちなみに上記の3本の映画はそれぞれその年の10位、15位、4位だった。

吉田修一原作の映像化を観るのは『春、バーニーズで』(WOWOW「ドラマW」)『パレード』『悪人』『横道世之介』に続いて5本目である。

どれも面白かった。しかし、僕にとっては、これだけたくさん観ているのに、原作を読む気にならない不思議な作家である。

今日の映画を見ながら、「ああ、これは『悪人』に近いパタンなのだな」と思った。人間の本質を描くために究極的な状況を作ろうとする。それが少し作り過ぎのような気もする。

Continue reading "映画『さよなら渓谷』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, June 20, 2013

6/20サイト更新情報

【6月20日特記】 サイトを更新しましたのでお知らせします(このブログではなく、併設している私のHPの更新案内です)。

今回もまた、新しいコンテンツが2つあります。と言っても、ひとつは先日このブログに書いた『随想:文章論』の転載です。時々こういうことをするのは、新しい記事を書くたびに埋もれて行くブログの深淵から、一覧性のあるホームページの広場に引き上げるためです。

ホームページには読書コラムのコーナーがあるので、この記事はここに引き上げで陳列しておくに相応しいと考えました。

それからもうひとつは、月に2回更新していることばのエッセイです。今回は非鉄人間が書いた鉄道もの(笑)です。

というわけで、今回の更新は下記の通り:

Continue reading "6/20サイト更新情報"

| | TrackBack (0)

Tuesday, June 18, 2013

Play Log File on my Walkman #86

【6月18日特記】 時々披露している僕の Network Walkman でのプレイログ。今回も10曲抜粋して紹介してみる。

  1. ほらね、春が来た(後ろ髪ひかれ隊)
  2. 少年時代(井上陽水)
  3. シクラメンのかほり(布施明)
  4. 遠い世界に(五つの赤い風船)
  5. 酔って候(無頼酒の詩)(柳ジョージ&レイニーウッド)
  6. ランニング・ショット(柴田恭兵)
  7. SWEET 19 BLUES(安室奈美恵)
  8. マイクロWAVE(小泉今日子)
  9. ルネサンス(PUSHIM)
  10. 夏の誘惑(フォーリーブス)

Continue reading "Play Log File on my Walkman #86"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, June 17, 2013

「語彙・読解力検定」受験記

【6月17日特記】 昨日、朝日新聞社と Benesse が共同でやっている「語彙・読解力検定」の1級を受験してきた。

昨年準1級を受けたときには、一回受ければもういいか、と思ったのだが、準1級に受かったことで気を良くしてついつい、という面もあったし、1級の試験が実施されるのは今回が初めてなのでどうせなら初回に、みたいな面もあった。

しかし、それにしても今回は難しかった。

まあ、冒頭に難問を持ってきて、受験者に対するこけ脅しにするという悪趣味もあったのだろうが、いきなり「諮詢」とか「汗牛充棟」などといった、生まれてこの方一度も目にした記憶のない言葉を訊いてくる。

皆さんご存知ですか、そんな単語?

まあ、幸いにして漢字は表意文字なので、一つひとつの漢字の意味さえ知っていれば、熟語は初見でも見当がつく。というわけで「諮詢」のほうはなんとか正解できたが、「汗牛充棟」は間違えた。

これは「臥薪嘗胆」みたいな、2つの異なる逸話や比喩を並列に重ねて作った「2字+2字」の四字熟語だったのである。

「汗牛」で一旦切って考えていれば「牛が汗をかくほど重い」というところにたどり着いたかもしれないが、「汗かいた牛が棟を充たす」と考えてしまったので、なんだか夏の畜産業のようなイメージになってしまった(笑)

まあ、おかげで今回この単語の意味を憶えたから、それはそれで良かったんだが、でも、いきなりこの問題は萎えたなあ、少し。

Continue reading "「語彙・読解力検定」受験記"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Sunday, June 16, 2013

『放送禁止歌』再び

【6月16日特記】 久しぶりに山平和彦の『放送禁止歌』を聴いた。音源が手に入ったのである。

もう40年以上も前の歌であるが、歴史的に有名な作品なのでご存じの方もあるだろう。あるいは森達也による同名のルポルタージュ(著書)やドキュメンタリ(ビデオ)に触れた方もあるかもしれない。

あの頃フォークは運動体であった。フォークソングは反戦、あるいは反体制の歌だった。だからよく放送禁止になった。

いや、局の側からすれば「禁止した」と言うよりも、諸方面への影響を考慮して「自粛した」という思いだったのかもしれないが、しかし、これは歌っている歌手からすれば、まさに禁止された以外の何ものでもない。

で、そんなことを揶揄した山平和彦のこの歌も、当然のように放送禁止になった。と言っても、決してあからさまに「放送を禁止する当局はけしからん!」などと歌っているのではない。

歌詞は四字熟語の羅列である(「放送禁止」自体がそのひとつである)。で、この羅列を眺めるとはなしに眺め、聞くとはなしに聞いていると、「なんだか無茶苦茶だなあ」「随分と矛盾してるじゃないか」という気分になってくるのが不思議である。

「放送禁止」は歌詞の終盤に出てくる。最後は「奇妙奇天烈 摩訶不思議」(この2つだけが五字熟語である)で終わる。

Continue reading "『放送禁止歌』再び"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, June 15, 2013

映画『百年の時計』

【6月15日特記】 映画『百年の時計』を観てきた。

金子修介監督の作品はここのところマイナーな感じの上映が多く、気がついたら終わっていて(いや、いつやっていたのかも分からなかった映画もあって)2~3本立て続けに見逃してしまった。

今は他にも観たい映画があるのだが、もうこれ以上金子修介を見逃したくない、という思いがこの映画に向かわせた。

ところで、これは本来であれば、僕にしてみればあまり見る気の起こらない類の映画である。

「製作」とクレジットされているのは「さぬき地産映画製作委員会」である。ま、ひとことで言うと「ご当地映画」ということになる。

おまけに「ことでん」(高松琴平電気鉄道)開業100周年記念である。恐らく、「ことでん」の全面的なロケ協力と引き換えの上での話であるが、物語に「ことでん」をかなりの比重で盛り込むことが条件であったはずだ。

そういう映画だから、これはちょっとわざとらしい作りの映画である。商売臭い、あざとい感じが避けがたくなる。無理やり感もないではない。あの「ことでん」の車両を使ったインスタレーションも、映画だから自然に描けているが、実際にああいうイベントにしつらえると随分寒いものになるだろうなと思う。

加えて、出てくる人物が良い人ばかりで、台詞も時々「どうだ!」と言わんばかりの臭いものが出てくる。そして、高松市美術館の学芸員役で主演の木南晴夏も、高松出身の往年の世界的アーティストを演じたミッキー・カーチスも、木南の父親を演じた井上順も、どことなくなんか浮いた感じの演技なのである。

でも、それにも拘わらず、なんか割と良いのである。見ていてすーっと入って行けるし、なんだか心が優しくなる。なんなんだろうか、これは?

Continue reading "映画『百年の時計』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, June 12, 2013

【6月12日特記】 「石」という言葉は嫌いではない。響きも良い。「意志」や「意思」に通ずる。堅さも重みも感じられる。

「わが心石にあらず」というのは石を「簡単にひっくり返せるもの」という悪い意味で使った比喩だが、この表現にしてもいとおしい。

つげ義春に「石を売る」という、なんとも切ない、やるせない作品がある。これも良い。

ところが良くない石ができた。いや、石は前からあった。超音波検査(エコー)で分かっていた。左側の腎臓にあった。

その石が、何をきっかけとしたのか、まるで自ら意思を持ったかのように動き出した。

Continue reading "石"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, June 10, 2013

随想: 文章論

【6月10日特記】 昨夜、テレビである流行作家のドキュメンタリを観た。僕にとってはあまり読む気にならない作家だ。

名前を書いても良いのだが、それが誰かということはこれから僕が書こうとしていることの本質に関係がないし、名指しで書くと何かと誤解を生みそうなので伏せておくことにする。

もちろん僕はその作家を貶そうというのではない。さすがに1冊たりとも読んでいない作家を貶すほど僕は果敢ではない(笑)

ただ、読む気になるかどうかという問題である。それも世間一般ではなく、ただ僕が読む気になるかならないかという、極めて個人的な話である。

その番組の中で、その作家の魅力のひとつとして挙げられていたのが「読みやすい」ということだった。

僕はもうそれだけで読む気が完全に失せてしまった。僕は読みやすい本を読みたくはならない。いや、もう少し正確に言うと、「読みやすい」ということが売りになるような作品は読みたくならない。

Continue reading "随想: 文章論"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, June 09, 2013

僕が見初めた女優たち

【6月9日特記】 僕は昔から、他人とは違う視点で物や人を見て、他人が気づかない物や人の魅力に気づくのが好きだし得意だと思ってきたのだが、最近他人と同じ観点から魅力のある物や人を見出す能力も却々棄てたものではないと思い始めた。

それは将来人気の出る女優、主演級にブレークする女優を見極める目である。

他の皆よりも僕のほうが早くに彼女たちの魅力に気がついていた、ということでは必ずしもないのだが、初見でちゃんと「この娘は将来出てくるぞ」と見抜いていたということである。

宮﨑あおいはまだ彼女が中学生の時に『EUREKA』で観て、すごい!と思った。「この娘は出てくるぞ」ではなく「出てこい。早く出てこい」という思いで見守っていたら、クノールカップスープのTVCMで見つけて、「やっと来た!」と思った。(宮崎あおい)

ちなみに、このCMについて触れている人があまりに少ないので僕は驚くのである。多分映画『害虫』の少し後だったと思う。

2001年の初見から、2005年の映画『NANA』と2006年のNHKの朝の連続テレビ小説『純情きらり』でその地位を不動のものにするまで、僕はずっと彼女を見守ってきた。

Continue reading "僕が見初めた女優たち"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, June 08, 2013

『君に届け』

【6月8日特記】 WOWOW から録画しておいた『君に届け』を観た。熊澤尚人監督。青春ものを撮らせると良い仕事をする人だと思う。

設定が面白い。よくこんなことを考えたと思ったのだが、原作は有名な漫画らしい。

主人公の黒沼爽子(多部未華子)はちょっとヘンな子。だけど、ものすっごくいい人。いつも他人の役に立ちたいと考えている。でも、その風貌と、根暗な雰囲気から、いつの間にかクラスメイトから貞子と呼ばれるようになっていた。そう、『リング』の貞子である。

とても長い黒髪だけではなく、多部未華子ならではの(もちろんこれも作った表情なのだが)きつい目つきが、実際貞子によく似てるからおかしい。多部未華子はこういうエキセントリックな役を演らせると本当に巧い。

で、クラスメイトの多くは近寄らないが、あやね(夏菜)・千鶴(蓮佛美沙子)というちょっと不良っぽい親友ができる。そして、クラスの人気者で、爽やかを絵に描いたような男子・風早翔太(三浦春馬)も何故だか爽子を構ってくれる。

青春恋愛ものである。ついつい嫌なことを言ってしまったりする人間は出てくるが、根っからの悪人はひとりも出てこない。

Continue reading "『君に届け』"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, June 06, 2013

中盤の選手

【6月6日特記】 僕は別にサッカー・ファンでもないしサッカーに詳しいわけでもないのだけれど、一昨日のワールドカップ最終予選を観ていてふと思いつき、仕事をサッカーになぞらえて考え始めたことがある。

それは、入社した時の自分の憧れや希望にかかわらず、結局自分は中盤の選手なのかな、ということだ。いや、俺は今では他の誰よりも中盤での球回しが巧い、というような意味ではない。あくまでタイプとしてそうだということだ。

そして、中盤で繋ぐのが得意な選手であるなら、いまさらトップやバックスの位置に入りたくない、ということである。

日本の多くの企業はいまだに全ての社員に対してキャリア・アップとともにポジションを変更させようとする。

喩えるとすれば現場がフォワードなのか経営陣がフォワードなのか知らないが、日本企業においては、選手は一様にフォワードから始めて次第に中盤へ、そして最後はディフェンダーへと(あるいは逆に守備のポジションから始めて最後は攻撃トップに)位置取りを変えさせようとする。それは疲弊した制度だと思う。

ディフェンダーは選手生命が尽きるまでディフェンダーで良いではないか?

Continue reading "中盤の選手"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Wednesday, June 05, 2013

6/5サイト更新情報

【6月5日特記】 サイトを更新しましたのでお知らせします(このブログではなく、併設している私のHPの更新案内です)。

今回は久しぶりに、月に2回更新していることばのエッセイだけではなく、新作の音楽エッセイを書きました。

ことばのエッセイは外来語の切れ目について。音楽エッセイは前から書こう書こうと思っていた変拍子についてです。

というわけで、今回の更新は下記の通り:

Continue reading "6/5サイト更新情報"

| | TrackBack (0)

Tuesday, June 04, 2013

既知の読者、未知の読者

【6月4日更新】 最近会社で何人かの先輩や同僚から僕のブログを読んだ(あるいは「読んでいる」)と言われることが増えてきた。今日も会議で隣の席に座った人に言われた。

ネット上に書き始めたごく初めのころに何人かの知人に宣伝したのを別にすれば、自分から URL を教えたことはほとんどないし、そもそもホームページやブログを書いているということさえこちらからは言わないので、少しびっくりである。

なんで知ってるんだろ、というびっくりもあるし、へえ、この人が僕のブログを、という意外もある。

別に僕のブログが有名になってきたわけではない。まあ、昔に比べればアクセス数は増えているかもしれないが、この1~2年で何倍にもなったということはないはずだ。

では、なぜ僕のページにたどり着くかと言えば、それは検索するからである。

Continue reading "既知の読者、未知の読者"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, June 02, 2013

映画『オース!バタヤン』

【6月2日特記】 映画『オース!バタヤン』を観てきた。

不謹慎だと言われるかもしれないが、僕はそここそ好きだった歌手が亡くなると、「お、追悼盤のベスト・アルバムが出るぞ」と期待してしまう。

これがめちゃくちゃ好きだった歌手ならそんなことはない。何故ならほしい音源は既にほとんど手に入れているからである。

ところが、そこそこ好きだがわざわざ CD を買うほどのことはない、という歌手の場合は、亡くなったことをきっかけに安直なベスト盤が編集されるのはありがたいことなのである。

バタやん(と、僕なら「やん」はひらがな表記にするのだが)こと田端義夫の場合はまさにそういう例に当たる。何しろ彼の大ヒット曲のほとんどは僕が物心つくまえの時代のものだったのだから(だから音源はほとんど持っていない。しかし良い曲がたくさんある)。

で、今回はベスト・アルバムではなく、ドキュメンタリ映画が出てきた。これは決して追悼映画ということではなく、亡くなる何年も前に撮り始めたようだ。

と言っても、映画で使われているのは(それ以外のコンサートでもカメラは回したらしいが)大部分が2006年の大阪・鶴橋の小学校講堂での公演(映画のために企画されたもの。司会は浜村淳)で、あとはありものの過去映像と関係者のインタビューである。

ただ、インタビューに登場するのは家族やマネージャ、レコード会社関係者などに限らず、立川談志、小室等、内田勘太郎、白木みのる、寺内タケシ、中川敬、瀬川昌久、北中正和、佐高信と極めて多彩で、この辺がやはりバタやんのファン層の広さをしっかり感じさせてくれる。

Continue reading "映画『オース!バタヤン』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, June 01, 2013

映画『リアル ~完全なる首長竜の日~』

【6月1日特記】 映画『リアル ~完全なる首長竜の日~』を観てきた。出だしから、いやいや本当に怖い。決してホラー映画ではないのに怖い。

このフィルムの色調、ゆっくりゆっくり動くカメラ、ドアや鏡が映った時の緊張感──どれをとってもものすごく黒沢清監督らしい、まさに黒沢清の映像美である。

わざとちゃちっぽく見せる風景。霧や影、鏡の使い方の巧さ。唐突な記号的表現。トーンを抑え目に語られる台詞。そして、音楽。始まってすぐに僕らは黒沢ワールドに引き込まれてしまう。

原作は「このミス」大賞を受賞した同名の小説。僕は読んでいない。読んでいないくて良かった。

この先ネタバレは書かないつもりだが、この映画をこれからご覧になる方は、何かがヒントになってもいけないので、ここから先は読まないほうが良いと思う。

パンフレットもご丁寧にネタバレの部分はシールで閉じてあるくらいだ。この仕掛けは全く知らずに見るのが良いだろう。

Continue reading "映画『リアル ~完全なる首長竜の日~』"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« May 2013 | Main | July 2013 »