« 愉しい「衣替え」 | Main | 無題 »

Sunday, May 26, 2013

Play Log File on my Walkman #85

【5月26日特記】 時々書いてる(従って、聴いた曲を全部ここに書いているわけでは決してない)僕のプレイログ。今回も10曲。

  1. リクエスト(ジュディ・オング)
  2. La La La...(小泉今日子)
  3. 俺の借金全部でなんぼや(上田正樹と有山淳司)
  4. 鬼火(MOONRIDERS)
  5. 強くなれ(高橋瞳)
  6. 君は心の妻だから(鶴岡雅義と東京ロマンチカ)
  7. ナスなんです(和幸)
  8. 初恋のひと(小川知子)
  9. 決戦は金曜日(Dreams Come True)
  10. ストレンジ・デイズ -奇妙な日々(佐野元春)

1)はジュディ・オングの隠れた名曲。ヒットはしていない(シングルカットされていないのかもしれない)。中村泰士らしい本当に自然で綺麗な節回し。場面設定と言い、ことばの選び方と言い、じんわりと染みてくる失恋の歌である。

2)は1990年の小泉今日子30枚目のシングル。詞は小泉自身、曲は藤原ヒロシと屋敷豪太である。最高位はオリコン10位だが、今聴くと(とっても良い曲なのだけれど)よくこんなものが10位に入ったなと思う。リズムはレゲエですからね(笑)

3)はあまりに有名な浪速ソウルの名作。前にも書いたけど、僕はこのアルバムを聞いて、こんなにも自然に(半音下がった)ブルーノートを歌える日本人がいることにショックを受けてしまった。

4)は MOONRIDERS の山ほどある楽曲の中で一時ファン投票で1位になったという曲である。僕はそれほど好きな曲ではない(と言いながら、ま、一応 Walkman には入れているのである)。

前作アルバム『Nouvelle Vague』からまだ引っ張ってる、という感じの映画っぽい曲だった(この曲はアルバム『Modern Music』所収。1979年)。

5)は何でしたっけ? 調べてみたら2007年の堤幸彦監督の映画『包帯クラブ』のタイアップ曲。興行成績は惨敗だったけど、良い映画だった。そして、この歌は、稚拙な印象こそあれ素直な詞に、気取りのない素直なメロディで、若々しく好感を覚えてしまう。

演歌を全く聴かない若い世代には6)なんぞは「なんじゃそりゃ?」という感じなのだろうが、三條正人のこのボーカルはまさに絶唱である。鶴岡雅義のレキントギターが絡みながら、三條正人の高声が上ずる。

中低音はしっかりと硬い響きを出しているだけに、ここで泣けるのである。そう、泣けるような詞なのである。不倫は辛い。

7)加藤和彦の晩年、坂崎幸之助と組んだ「和幸(かずこう)」というデュオで出した2枚のアルバムは、どの1曲を取っても、二人の音楽的素養の深さと広さをじっくり聴かせてくれる名曲揃いで、まさかこんな充実した作品を送り出している人が自殺してしまうなんて夢にも思わなかった。

この曲は、タイトルははっぴいえんどの『夏なんです』をもじっているが、中身はそうではない。ザ・バンドみたいなカントリー・ロックに乗せて(裏声で歌ってるのもレヴォン・ヘルムを連想させる)、なんと茄子について歌っているのである(笑)

しかし、このギャップがありながら、こんなにも深い感動を得るのは何故なんだろう? 2009年の作品。

8)小川知子と言えば何と言っても『ゆうべの秘密』ということになるんだろうけれど、僕はこっちのほうが好き。1969年の大ヒット。有馬三恵子・鈴木淳という黄金の作詞作曲コンビ。歌謡曲らしい歌謡曲。泣けるのである。

9)は初期のドリカムの名曲。あまりに有名な曲だから書くことがない。しかし、今聴くと改めてアレンジがディスコと言うか、ユーロ・ビートと言うか、かなり流行の音なのである。

当時の元気な女の子らしい歌詞と、サビに至る前の独特のメロディ運び、そして吉田美和の声の張りと伸び。あの時代の中で度肝を抜く作品だった。

10)は1986年の佐野元春のヒット。サビの Strange Days という歌詞と歌詞の間に入ってくるフィルイン──あれは多分メロディとセットでできたのだろう。あまりに絶妙である。

そして、これほど見事に時代の閉塞感と、それを破ろうとするエネルギーを拮抗させて描いた作品は他にはなかったと思う。

ま、今回はこんなとこ。

|

« 愉しい「衣替え」 | Main | 無題 »

Comments

数年前、上田正樹さんのライブで、当時のシングルレコード(上田さんと有山くんが並んでるの)にサインをもらったら「スペース空けとくから、こっち(左側)には有山くんのんかいてもらってね」とやさしい笑顔をいただきました。懐かしいぃー!

Posted by: tom | Tuesday, May 28, 2013 09:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Play Log File on my Walkman #85:

« 愉しい「衣替え」 | Main | 無題 »