« 村上春樹はよく分からない? | Main | 転送禁止と還元禁止の発想 »

Saturday, April 13, 2013

映画『舟を編む』

【4月13日特記】 映画『舟を編む』を観てきた。

三浦しをんの原作小説は結構評判も良かったのだが、言葉オタクを自認する僕からすると正直少し物足りなかった。

どうせこういう話をやるのであれば、もっともっと重箱の隅を針でつついて、それを顕微鏡で見るような、深い深いオタクっぽいところに入り込んでほしかった。

どうせ言葉を扱うのであれば、みんながはたと膝を打つような意外な言葉の間違いや独創的な語釈を入れ込んで、薀蓄ぐるぐる巻きの世界に連れて行ってほしかった。

あの小説で一番うまく描かれていたのは、今回映画でオダギリジョーが演じた西岡だと思う。彼はチームの中で唯一オタクでない人間である。それを考えても、ああ、この作家は“こっち側”の人ではないのだという気が改めてした。

でも、心配はない。監督は石井裕也である。だから僕は安心して観に行った。果たして石井裕也はオタクに対する溢れんばかりの愛情を持って、馬締光也とその仲間たちと、彼の妻になる林香具矢を描いてくれた。

ともかく渡辺謙作による脚本が素晴らしい。原作の小説に感動した人には面白くない表現かもしれないが、ただ筋を進める道具であったあの小説の登場人物たちに、見事に人間の息吹を吹き込んでいる。

原作を全くご存じない方のために書いておくと、玄武書房という会社の辞書編纂チームの物語である。会社の中では時代遅れで暗くて儲からない厄介ものである。

辞書一筋の主任・荒木(小林薫)がいて、ちゃらんぽらんな西岡(オダギリジョー)がいる。社員はそれだけ。他に監修者として国語学者の松本(加藤剛)が詰めており、さらに派遣社員の佐々木(伊佐山ひろ子)がいる。

たった4人で何十年もかけて1冊の国語辞典を編纂するのである。

定年が近くなった荒木がスカウトしてきたのが、営業で使いものになってなかった馬締光也(松田龍平)である。大学院で言語学を専攻していた変わり者である。

彼は大学の頃からずっと同じアパートに下宿している。と言っても、今の住民は大家のタケ(渡辺美佐子)と馬締だけである。そこにある日タケの孫娘・香具矢(宮﨑あおい)がやってくる。馬締はものの見事に恋に落ちる。(宮崎あおい)

荒木が辞書編集者の適性を調べるために「右」という言葉を説明させ、それに対して馬締が独創性のある答えを返し、編纂中の辞書にも採用されるがやがてその説明ではダメだということになって──という辺りの引き回し方がめちゃくちゃ上手い。

渡辺謙作の脚本では、ことほどさように、原作にはなかった「これぞ辞書編纂のエピソード!」みたいなものが、ものすごく巧みにあちこちに散りばめられている。そして、その言葉へのこだわりを通じて馬締のおかしくて暖かい人柄が語られる。

馬締の対局に置かれる西岡を演じているオダギリジョーがまた絶妙で、その西岡と半同棲している同じ会社の麗美(池脇千鶴)とのコンビが、原作では到底描き得なかったイキイキとした感じを出している。

原作では美人で腕の良い板前である香具矢が何故馬締のような真面目一辺倒の冴えない男に惹かれるのか今イチ説得力がなかったのだが、この映画では非常によく分かる。

香具矢自身はそれほど変人ではないが、しかし、変な奴が好きなのである。変人の良さを見ぬいて理解できる女性なのである。

この2人は恋人であり夫婦であるのに、結構距離をおいて描かれる。物理的にも精神的にも。ここに2人の愛と理解のリアリティがある。

原作の中では辞書の材料となる紙の話が結構大きなポイントになっていたが、映画ではあくまでひとつのエピソードとして軽く流して使われている。そう、原作を読んだ時には感じなかったのだが、せっかく言葉を題材としておりながら、紙質に重きを置いてしまうのが三浦しをんなのだと改めて思った。

この映画には言葉の海があり、そこを登場人物たちの舟が人間を乗せて運んでいる。人間が言葉を編み、感情を編み、人生を編んで行く姿が本当に見事に捉えられている。

馬締の夢のなかで用例採集カードが海に打ち捨てられ、それを回収しようとする馬締が溺れて行くといった映画オリジナルの数々の場面が、映画全体の中で縦横無尽に繋がって、非常に印象が深い。

原作にはなかった時代設定を PHS という小道具1つでやってのけるあたりも本当に達者な台本である。しかも、唐突に PHS が出てくるのではなく、当時の「新語」として語られるのである。

見出しが「ア」の用例採集カードばかりが画面に映し出されることによって、作業が緒についたばかりであることを表し、それが「イ」「ウ」と転ずることによって作業の進捗を表現するといった巧さもある。小説にはなかった手法である。

原作を読んだ時にはそんなに反感はなかったのだけれど、映画があまりに素晴らしかったので、どんどん原作のアラが見えてきたような気がする。

カメラもいいぞ。上から横から、固定長回し、引いた画、ゆっくりとした動き。どれもこれもが人間に命を与えている。

終わり方も唐突なようでいて、「あ、この台詞で終わるのか」とはっきり分かる良い展開である。松田龍平と宮﨑あおいというコンビでなければ、この深い味わいは決して出なかっただろう。

さて、原作の書評にも書いたのであるが、映画評にも同じことを書いてこの文章を締めよう──まさに編むように描かれた映画である。そして、見終わったら、大海に漕ぎ出す勇気が湧いてくる映画である。

★この記事は以下のブログからTBさせていただきました。

soramove
ラムの大通り

|

« 村上春樹はよく分からない? | Main | 転送禁止と還元禁止の発想 »

Comments

しをん、ね。

Posted by: ksks | Saturday, April 13, 2013 at 20:50

> ksks さん

お、こりゃ失敬。どうもありがとう。訂正しますた。

Posted by: yama_eigh | Saturday, April 13, 2013 at 21:12

こちらでレビューを読ませていただいて、観に行きたいと思っていたのですが、ようやく観に行くことができました。
映画を観てから読むと「そうそう!」と思うところがたくさんあります。

とくに最後の一行は秀逸です。

それと

>この2人は恋人であり夫婦であるのに、結構距離をおいて描かれる。物理的にも精神的にも。ここに2人の愛と理解のリアリティがある。

この部分にも深く共感しました。

Posted by: リリカ | Friday, May 03, 2013 at 17:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/57164850

Listed below are links to weblogs that reference 映画『舟を編む』:

» 映画「舟を編む」仕事に何を求めるのか [soramove]
映画「舟を編む」★★★★ 松田龍平、宮崎あおい オダギリジョー、黒木華 出演 石井裕也監督、 134分、2013年4月13日より全国公開 2012,中国,角川映画 (原題/原作:舟を編む/三浦しおん) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← この映画の原作を読んだ時の感想はコチラ↓ クリックすると記事に飛びます↓ 書籍「舟を編む」好きこそ... [Read More]

Tracked on Thursday, May 02, 2013 at 07:14

» 映画「舟を編む」を観た [For Teas Time]
いや〜観に行きたいな…と思いつつ きっと観に行けないんだろうな…と思っていた映画「舟を編む」を観てまいりました。 きっかけは以前書いた記事(トラバ先「辞書ブーム到来か!?」)で触れた特別番組。 あれを一緒に観たからか、夫が「舟を編むでも観に行くか〜」と言い出したのです。 おお!やった! あらすじはトラバ記事に載せたとおり、国語辞書をつくる人々の話です。 映画を観て、一番印象に残ったのが 主人公・馬締くんの「コワいんです」という台詞。 主人公が営業部か..... [Read More]

Tracked on Friday, May 03, 2013 at 17:05

» 『舟を編む』 [ラムの大通り]
「久しぶりだから、 喋りやすい映画からにしちゃうかな」 ----えっ、そうニャの? これって、タイトルからして分かりにくいけど…。 「そう言われてみると 確かにそうだね。 これは、ある出版社で 新しい辞書を作った人たちの話。 それまでの辞書とは違って若者言葉や 新...... [Read More]

Tracked on Sunday, May 05, 2013 at 22:34

« 村上春樹はよく分からない? | Main | 転送禁止と還元禁止の発想 »